ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書2016年製作の映画)

Alone in Berlin

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに…

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

miyu

miyuの感想・評価

4.1
好きなジャンルの映画です。。。
見てるものに切々と訴えてくるものがあり、映画館で見たら良かった…って
ちょっぴり後悔💦
よく行く映画館でやっていたし、マークしてたんだけどなぁ〜💧

息子をフランス戦で、失ったドイツ人の夫婦の話。

息子を戦争で亡くした事から、ヒトラーの時代に、ナチスの体制を批判する285枚の葉書を街角に置く…
夫が葉書を書き、妻も葉書を街角に置くのに協力する…

エマ トンプソンとブレンダン グリーソン演じる夫婦が、その事に命がけで没頭する。
そうでもしないと、喪失感で押し潰されそうな彼らは、生きていく原動力を得られなかったのだろう…
大事な1人息子を失った時点で、夫婦は自分達の命を差し出しても良い…って思っていたに違いない…

チラッと
初めの方で、ユダヤ人というだけで、酷い目に遭うご婦人がいて、これがドンドン エスカレートして、アウシュビッツへと、時代の流れは向かうのかと…
そんな事を感じさせた💦

ダニエル ブリュール演じる警察官が、ゲシュタポから犯人捜しを強要され、
ゲシュタポの犬の様になる自分の葛藤から解放された時…
哀しいけれど、自由な気持ちを感じた…

彼が、夫婦の葉書の1番の読者であったから…
Miyuu

Miyuuの感想・評価

4.1
はぁ、、、、、

これ実話だったのね。
なんだかなぁ、、やりきれない。
戦争で子供を亡くした夫婦のこの末路はもっとやりきれない。

ヒトラーものに限らず戦争映画ですっきりすることなんてないよね。

ため息が出ちゃうほどやるせないこの時代に生まれてなくてよかった。
あの時にドイツに産まれた人全てが可哀想だと思う。今の時代が平和かといえば別だけど上から爆弾落ちて来るわけでもない。
ユダヤ人だからと言って無差別に銃で殺されることもない。平和だよね。
今の平和の国を見せてあげたいし、この頃起こった理不尽なことはこうやってちゃんと語り継がれてる。

そうやって人は学ぶのかもね。
戦争が生み出す苦しみや悲しみを。

まぁとにかく悲しい物語だった。
a.

a.の感想・評価

4.0
『カードをすべて読んだよ
君と奥さんのカードをね、』
min

minの感想・評価

2.8
子をなくした親の気持ちが辛い。
最期に手紙をばらまいた警部が一番まともに思えた。
ひす

ひすの感想・評価

2.0
原作が好きで映画をみました。
自分の想像力では埋められなかった視覚的なイメージが補えてよかった。

原作を読んだ時、
ピクリとも身動き取れない様な張りつめた息苦しい社会のなかで、主人公の冷静さと冷血さが妙に特別感と安心感を生んでいて、
わたしはそれに夢中になったので、(そこからの、逮捕後のアレコレとか、、)
それを期待して観ちゃったせいか、個人的にこの映画はちょっと拍子抜けした。

警部の最後のひとりごとが良かった。
警部が何を考えて何を感じたのかもっと知りたかった。
戦争で息子を亡くした夫婦が、ヒトラー政権を批判したメッセージをカードに記し、街中に置く。

その数、285枚。。。

いたたまれない、絶望的な気持ちになります。
この時代のドイツを舞台にした映画って、容赦ないですね。

ほんの少し、かすかな希望の光が見えはするものの、時代を動かすにはまだまだ弱くて。。。

市民の中にもヒトラー政権を疑問にする人たちがいるはずなのに、声を上げることが出来ない。

そんな中、死を覚悟して勇気ある活動をした人たちがいたからこそ、今があるのかもしれない。

法廷での夫婦の強い絆と、ラストの警部の行動に心が揺さぶられました。
息子を戦争で亡くした親の気持ちはドイツでも、どこの国でも同じ。
命を懸けて息子を思い書き続けた285枚のカード。
ただ何一つ変わらなかった戦争という特別な時代の不条理さが虚しい。
寸pyong

寸pyongの感想・評価

3.2
死をも恐れず行動した人の話

警部くだりやラストも実話なのか?
うーん、英語なんだなぁ。

なーんだろ、個人的にはナチス系の
映画はドイツ語で作って欲しいってのが
あるんだよなぁ。
俳優さん達みんなバイリンガルなのに。

それはさておき。

原作はALONE in BERLIN 。

ドイツ人だろうが、アメリカ人だろうが、
日本人だろうが、親が子を思う気持ちは同じ。
国は違っても、文化が違っても。

普通に暮らしていたドイツ人家族に襲いかかる戦争の絶望感。

狂信的なナチス信者の異常さがわかる。

売国奴とか、映画の中で叫ぶ大衆がいましたが、
なんだか今の日本によく似てますね。

確かにカードを全て読んだのは、、、
貴方だ、、、
最後は少しあっけない。
>|