ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書2016年製作の映画)

Alone in Berlin

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに…

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

えり

えりの感想・評価

3.9
実際にこんな行動をしていたひとがいたということを今まで知りませんでした。

息子を失った自分たちのような人を増やしたくないという気持ちが誰が見てくれるとも分からない手紙という形になったのだろうなぁと思うと切ない気持ちと夫婦の勇気に涙が出ました。

静かに息子の顔を彫りあげるオットーの姿がとても印象的だし、賢く立ち回る妻の姿もよかった。
最後までお互いのことを思いやる二人の姿はとても切なかった。

ダニエル・ブリュールも非常に印象深いキャラクターでした。
2人を追いながら、誰よりも2人の気持ちを受け止めた人物だったなぁと思います。

本筋とはあまり関係はないのですが、夫婦の近所に住むユダヤ人の女性をとりまく人々の行動がとても心に残りました。
彼女を守ろうとする人、物を奪おうとする人、優しくしてもらっていたのに彼女を取り締まろうとする人…いざそのような状況になったとき自分は誰になるのだろうと考えさせられました。

いい映画だったけど、全編英語なのは少々気になってしまいました。
しょうがないけどね
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

3.7
静かな重い映画でした。

実話に基づいているとの事なので、軽くレビュー出来るものではありません。

だけど、小説としてベストセラーとなっているという事は、実話の部分はあっても脚色されている部分もあるという事。
ラストはあまりにドラマティックだったので、そこは脚色かなと思いました。

それでも、考えさせられる事はたくさんありました。

自分があの国にあの時代に生きていたら、私も「ハイル、ヒトラー」と叫んでいたかも知れません。

自分の家族が戦死しても、彼らの様な行動が出来たかどうか。
戦争は人間を変える。間違いなくそう感じます。
原題『Alone in Berlin』

ナチス政権に対する一般市民の必死の抵抗を取り上げた物語。

人間を超えたところにある「社会」が、間違った方向に進み出した時に1人の一般市民に出来ること、出来ないことが描かれている。映画の中でもしきりに叫ばれていたけれど、世の中にFree Press(自由な報道)が担保されなくなった時、人は裏付けのない正義と間違った高揚感に支えられて、修正できない事態を引き起こしてしまうみたい。

戦争映画って「戦争って良くないよね」ってところに落ち着きがちで、まあそれはそれで良いことなんだと思うけど、戦争よくないよねって感じたときに僕たち一般市民がとれる具体的なアクションがあった。個人の些細な行動の小ささと大きさを考えさせられた。
nohohon

nohohonの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

皆が同じ方向へ、その道が誤っているにも関わらず進む中、それに抵抗するのは本当に勇気のいること。
勇気ある主人公夫婦の行動のきっかけは、子を思う親の気持ち。
人間らしい動機で、人間らしい行動を取った夫婦に感銘。そんなことが許されなかったあの時代に。。。
夫婦を追い詰めた警部の最後は、心に深い余韻を残した。。。
今、見るべき映画の1つかもしれない。
欲を言えば、ドイツ語で作って欲しかった。
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.3
ソレイユ2にて鑑賞
2017.9.25
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
-STORY-
1940年ナチスによる恐怖政治に凍てつくベルリン。ヒトラーに忠実な支持者であった平凡な労働者夫婦が、一人息子の戦死をきっかけにナチス政権へ絶望的な闘いを挑む。

本作は、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポ(ナチスドイツの国家秘密警察のこと)の記録文書をもとに書き上げた小説「ベルリンに一人死す」の映画化作品である。

本作品の舞台、1940年6月のベルリンと言えば、現在公開中の「ダンケルク」のダンケルクの戦いの時期と同じ頃であろう。ダンケルクの戦いののち、ドイツ軍は進撃を再開し、フランスはダンケルク撤退以後崩壊し、降伏を宣言することになる。

本作品含め「ダンケルク」や「ローン・サバイバー」といった実話をもとにした作品を鑑賞すると歴史や時代背景の勉強が出来て一石二鳥である。

ただ、現代の私たちは少なからずもこの時代より平和であるため政権批判の手紙を書いたとしても殺されることはないだろう。そう思うと夫婦のおかれた状況にいたたまれずにはいられない。映画のラストが本当に切ない。
立場は違えど警部もやるせないよな。
シネマテークたかさき
あしゅ

あしゅの感想・評価

4.0
久しぶりに映画館で泣きました。

戦争という状況下、国へ、指導者へみんなが当たり前のように正しいと傾倒する。そして一丸となって異質なものを見つけ、排除して行く。

これは戦争だから、本当の死に直結しているが、果たして現在の私たちの世界は、そうでないと言い切れるのだろうか…

本当に、心が苦しくなる映画でした。

役者も実力派で、淡々としたストーリーをしっかり見せつけてくれました。

原題の方が内容にあってる気がしました。
>|