ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書2016年製作の映画)

Alone in Berlin

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに…

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.3
重たい内容ではあるけど、ひたすら葉書を書き、色んな所に置くという行為を、ハラハラとかもなく意外と淡々と描いてあった。

ナチスに対する信念に疑問を抱く人が出てくるのは自然なことだと思うな。
Nene

Neneの感想・評価

-
記録用。
はま

はまの感想・評価

3.5
WOWOWで特集があったみたいで、ここ何週か戦争関係の作品の録画が多いです。
「ヒトラー」とか「ナチス」とかタイトルに入ってると勝手に録画しちゃうのでHDD減らない。

舞台はベルリンで、息子の戦死をキッカケに反ナチス運動とも呼べる「手紙」を書き始める夫婦のお話。

…と言ってもフォロワーさんでも突っ込んでる方がいる通り、夫婦を演じるのはブレンダン・グリーソンとエマ・トンプソンという英国きっての名俳優。
ドイツの労働者階級夫婦という役柄であるにも関わらずナゼ… とは思いました。

ただ、それを差し引いても素晴らしすぎる二人の演技力(これも皆さん買いてますが…)。
最後なんか二人が目線を合わすだけでウルっときちゃったよぉ。なんなんだこの二人は…

感想としては、思ってたより「感動ドラマ」みたいな話じゃなかったなぁ、という感じ。
歴史的にはなんてことない出来ごとだったんだろう、くらいの印象で観終わってしまいましたが、その分変な味付けみたいなことがされてなくて好ましかったです。
私の好きな作り。

ただダニエル・ブリュールの役どころが夫婦二人に比べると妙に作り物っぽくて、物語を終わらせるために動いてる気がしてならなかったのがもったいなかったです。
最後のシーンは印象的だけど、映画的でもありすぎたジレンマ…


でも良かったです。
戦時中の出来事はまだまだ知らないことばかり。どんどん映画にしてもらってもっと知りたいです。
悲しくて、悲しい物語。
英語じゃなければもっとよかった。
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

3.5
辛すぎて見てられない。
ナチスの恐ろしさがよくわかる。
せーた

せーたの感想・評価

3.9
こうして映画化され現代の人にメッセージは届く
創

創の感想・評価

4.0
どうしたら当事者意識を持てるのか。というのは、とても深くとても難しい問題であると思う。

戦時中の人々が、(そんなことになっているとは)なにも知らなかった。と答えるのを多く見るが、それは真実なのだろう。と思う。

そんなことがどんなことであるのか
そんなことが日々の生活をどう変えているのか
そんなことがどれだけの人々を傷つけるのか
そんなことが我々に、我々の子どもたちに何を残すのか

そういうのは当事者意識を持たない人々にとって、考え得る事ではなく、
つまりは見えていても認識できず、存在していても認識できない、そこに無いのと同じ事なのではないだろうか。
だからみんな、何も知らなかった。と答える。

どこか対岸の火事の他人事のままでは、物事の本質は見えないのかもしれない。

主人公夫妻は、一人息子を失くし始めて当事者意識を持つ。
ここでいう当事者意識とは、あれ?なんかこのままじゃ俺らヤバくない!?と思うことだと思うのだけど、
それまでの父がどんな様子だったのかは、ハッキリと描かれないのでよく分からない。

熱心なナチ信奉者だったのか、
盛り上がる人々の流行りに便乗しただけなのか、
どこか冷めた目で国の動きを見ていたのか。

なんとなく、持っていただろう違和感が息子の死によって確信に変わり、
このままじゃダメだ。思った父が書くのが、「私の息子はヒトラーのせいで死んだよ。次はあなたの息子の番かもよ。」という絵葉書。

これはインパクトある。

はずだった。

父が書いたメッセージがどれだけの人に伝わったのかは分からない。
歴史を見れば伝わらなかったのかもしれない。

それでも、関わった周りの人を少しずつ変えられたのは間違いなく、そこに少しの希望を見出すことができるのが救い。

そこに希望を見出して良いのか。という疑問は残るものの…。


静かで淡々としていて、見ようによってはつまらないのかもしれないけど、
事実を元に作り手が伝えたいと思ったことが透けて見える感じはすごく好き。
fuji

fujiの感想・評価

-
アドルフに告ぐを読んでほかのヒトラー関連のも見てみようと思って見たけど、何視点でどう描くかって事で同じテーマ扱ってても全然感じることは違うなあ
Toku

Tokuの感想・評価

3.6
気になった言葉
機械と同じだな。砂が1粒挟まっても止まりはしない。だが、さらに砂をギアの中に投げ込んでいくとモーターがきしみ、ラインが止まる。大勢の人が砂を投げ込む様子が目に浮かぶよ。
>|