ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.3
重たい内容ではあるけど、ひたすら葉書を書き、色んな所に置くという行為を、ハラハラとかもなく意外と淡々と描いてあった。

ナチスに対する信念に疑問を抱く人が出てくるのは自然なことだと思うな。
最後、この時代にしては
かなり古典的な終わり方だと…
マサ

マサの感想・評価

3.0
磐石のナチス体制の中、戦争の愚かさを悟り、それを伝えようとする人がいたとは。285枚のうちのほとんどが拾い届けられたが、残りは捨てられたのかそれとも…。誰に届くか死と隣り合わせの意思表示。果たして誰かに届いたのか見届けましょう。
Ninjasan

Ninjasanの感想・評価

3.8
記録しておくべき事実
最後が
戦時中息子が兵士でお国の為に亡くなったと報告を受けた夫婦

その父親は全体主義に対しての小さな抵抗に地道な活動する中、一人一人がその世の中から眼を覚ませとのシグナルを送るカードを書いていた映画で

日本の現政権とも取れることが良く描かれており、感心する作品でした。

本当のことを伝えてるだけで嘘をつく権力者が逃れるそして最後の最後まで抵抗して政治犯って形で父親は、、、
余りにも酷くて酷い
こんな世界を繰り返してはならない!
なかじ

なかじの感想・評価

2.0

静かで激情の戦い
haru

haruの感想・評価

3.5
そこまでハラハラはしなかったけど
これが事実だと思うといろいろあるなと思った
よしみ

よしみの感想・評価

3.0
息子の戦死を機に
1枚のカードで
体制を批判していく

心の隙間を
埋めるように
思いの丈をぶつけて

この時代の残酷さには
辛さしかなく
気分が悪くなる

いつも思うけど
ドイツ人なのに英語って😅
>|