ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

息子を亡くした夫婦がヒトラー政権を批判する匿名ハガキを
街角にばらまく。
実話に基づくお話だったみたいで、全体的に物静かに進んでいく
物語が夫婦の切なさをより掻き立てる。
二人の信念や絆の強さにグッときた。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.5
実話を元に書かれた小説の映画化作品。
大戦時にナチスに苦しめられたのはユダヤ人やポーランドだけではなく、自国のドイツ一般人も同様だったという話。
カードに手書きでメッセージを書いて一枚ずつ配布し、ヒトラー批判の草の根運動を続ける初老の夫婦が主人公。奥さん役のエマ・トンプソンが名演を見せてくれる。
これだけで逮捕後に夫婦揃って斬首というのはあまりにも厳しい。そんな途方もない時代が現実にあったという記録は、こうした形で残し続けるべきである。
ザン

ザンの感想・評価

3.9
狂った時代。少数でもきっと自分に同調してくれた人もいたという事実に報われたことだろう。
Chiho

Chihoの感想・評価

4.2
この時代、声を上げることに どんなに覚悟と勇気が必要であったか感じ取れる作品。
実在したハンペル夫妻の物語。
一人息子を戦争で亡くしたことを切っ掛けに、ナチス政権への疑問を 匿名で訴え続けた夫妻。
使命感と恐怖に駆られ 逮捕したものの 自分を見失わなかった 捜査兵にも心動かされる。
でも…ドイツ本国なのに なぜ英語?
あ、そうだった!ナチスは前半はまだ処刑にギロチン使ってたんだよな という知識を思い出した
koyo

koyoの感想・評価

3.2
第二次世界大戦の戦火の中で、息子を失った夫婦が、体制批判、反戦運動を命をかけて行った実話を元に作られた映画です。

この当時のドイツで、ヒトラーに反対するということは、死を意味してました。公然と行動することが出来ない夫婦は、表ではハイルヒトラーと言いながら、反戦、反体制に対するメッセージが書かれた葉書を街中に置くという静かな反抗を始める。

淡々と静かな雰囲気で進んでいく映画です。それだけに、この当時の異様な雰囲気を醸し出していると思います。

いわゆる、全体主義への抵抗であり、どこかそれに流されている自分が(元々、不信感や疑念は抱いてかもしれませんが)息子の死により戦争の当事者になったことによって行動を起こすわけですが、ドイツでも日本でも子供を戦争で亡くした親は沢山いて、その中でも何故夫妻は行動を起こしたのか。

それは、ただ単に息子を亡くした怒りや悲しみだけではなく、これ以上の犠牲者を出してはいけない、自分と同じ思いをしてほしくないという、強い思いがあったのだと思います。

タイトルや雰囲気から、手に取りづらい作品かもしれませんが、いつの時代でも共通してなくてはいけないメッセージだと思いますので、是非鑑賞してみてください。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
カードとペンでヒトラー政権へ抵抗した夫婦のお話。実話。
ラストは印象的。あの人実はいい人だったのかしら?





やたらと映るナチスのマークやハイルヒトラーって言葉…なのに英語なのがかなり気になってしまった。
iwa

iwaの感想・評価

3.2
史実としてはとても良い話だと思うが、映画としてはすんなりと終わりすぎて盛り上がりに欠けるかな。
英語がとても聞き取りやすく、早口で話すシーンもほとんどないので英語の教材としていいんじゃないですかね。
Sarah

Sarahの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

逃走劇にハラハラした。今思うと、彼らのやってる事は間違っていなかったからこそ、この時代になって映画にもなっているんだなと思うと、夫婦の死は報われないな...(。í _ ì。)
>|