婚約者の友人の作品情報・感想・評価

婚約者の友人2016年製作の映画)

Frantz

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが…

1919 年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった──。

「婚約者の友人」に投稿された感想・評価

灯

灯の感想・評価

3.0
嘘ってなんなんだろう、と考えさせられた作品
嘘の世界に色を付けたのがなんとも言えない気持ち
ami

amiの感想・評価

4.0
❮WOWOW❯

罪と赦し  

善意の嘘

マネの画とショパンの夜想曲

「我々は連中の息子たちを何千人も殺してビールで祝杯を挙げる

 連中は我々の息子たちを殺してワインで祝杯を挙げる

 息子を犠牲に酒を飲むのが父親だ」
綺麗だけど期待した程じゃなかった
第一次世界大戦後のドイツ。婚約者を亡くし悲しみに暮れるアンナの前に、婚約者の友人だったというフランス人の男が現れる…
アンナの心を二度三度砕いてくる!微かな光さえ奪うのか。
自分の居場所が無いと気づくあの表情。許しと嘘。アンナをギュッと抱きしめたくなる。
アンナを演じたパウラ・ベーアは素晴らしかった!
今後注目しなくては。
モノクロとカラーの使い分けも、悲しみと喜びの世界の境界を表しているようで良かったです。オススメ!!
mLuc

mLucの感想・評価

5.0
これがオゾン監督の作品ンンンン.....
フランスドイツ両国の戦争の傷を舐め合うかのように静かに始まった映画が終わってみれば1人の女性が底知れぬ覚悟をその身に宿すまでの覚醒の物語だった....
結構傷つきました....

このレビューはネタバレを含みます

アドリアンに向ける視線はいつしか友から愛に変わり、真実を知ってしまい苦しんだけどもう彼と会った時からアンナは惹かれていたんだなと思った。

カラーになる時はつかの間の幸せで、直ぐ白黒に変わってしまう。アンナ役の女優さんが綺麗だった。
すずや

すずやの感想・評価

2.5
フランソワオゾンの作品ということで見た。
いまいちだったな。
わたしの中でスイミングプール を超える作品はないなあ。
アドリアンの人たらし振りがすごい。
最初は優しい嘘から始まって、段々と後戻りできなくなっていく。
嘘にがんじがらめにされてしまったのか、鬱々とした現状から解放されたのか。
モノクロの映画はその陰影が画面のコントラストを際立たせ、肌の質感も美しい。男性も女性も…特に美しい人はその美貌がより顕著になる気がする✨

"婚約者の友人"…この魅力的な邦題とジャケット写真がいつも気になってた💕

戦争で死んでしまった婚約者の両親と暮らすアンナの元に、彼の友人を名乗る男性が現れる。遠慮がちで物静かな彼に、いつしかアンナは惹かれていく。

ドイツ🇩🇪とフランス🇫🇷を行き来する物語。戦争で失われた肉親。憎しみと愛国心と誇りが人々を頑なにする。戦争を絡めた悲しい展開。

婚約者の友人アドリアン…ヒゲを蓄えた優男。大きな瞳と少し影のある表情。どこかしら芸術的な匂いのする彼にアンナが惹かれるのも無理はない。彼を追って辿り着いたフランスでアンナが見たものは…。

美術館・戦場・湖畔・墓地・瀟洒なお屋敷…印象的な場面が数々あって、そのどれもが美しい。

ジャケット写真そのままのレトロでクラッシックな雰囲気。モノクロにカラーを織り交ぜながら描かれる物語…そこには作者の意図があったと後から知った。

切ない物語に酔いました。

オゾン作品…次は"危険なプロット"と"二重螺旋の恋人"が見てみたいです😊
>|