婚約者の友人の作品情報・感想・評価

「婚約者の友人」に投稿された感想・評価

fleur

fleurの感想・評価

4.2
モノクロからカラーになっていくシーンが美しい。殆どモノクロのシーンだかど、白と黒のコントラストが綺麗で、あまりモノクロ映画を観たことのない方にもお勧めしたい。最後は、あまり理解出来ない終わり方だっのが、少し残念。もう一度観たい。
過去鑑賞
優しさがたまには重荷に。。
全く先が読めませんでした...。この映画はミステリーだと思っていたから前情報は出来る限り入れずに見たので、私もヒロインと同じくらい振り回されてしまいました笑。ミステリーというよりラブストーリーですね。
この映画独特かな、モノクロとカラーの交錯がとても美しかった。ヒロインのアンナ演じるパウラ・ベーアの瞳の色がモノクロの時でもはっきり分かるぐらい輝きを放っていた。アドリアン演じるピエール・ニネは古風なイケメンで、本当にその時代の人っぽく見えた。ラストの列車のシーンでの表情がたまらなく良かった。また見たい。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
戦争で敵味方だったドイツとフランス。戦争で婚約者を失った女と戦争で生き残った男。改めて戦争の辛さ、残された者の悲しみを感じる。
yamato

yamatoの感想・評価

2.0
診療所の両親に愛されて育った1人息子はドイツとフランスの戦争で戦死した。
息子の好きな季節の秋に結婚しようとしてた身寄りの無い婚約者と息子の両親は一緒に住んでいる。
息子の友達だと言うフランス人の24歳の青年が来た。
父はフランス人を恨んでいる。だがなやがて男に心開いていく。
モノクロとカラーでの映像。
男はとても謎…
最初は映画に引き込まれたけど…
戦争はダメよねー…
papapaisen

papapaisenの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

最初、ザゲストみたいな感じかと思った
切ないというかなんというか
umaso

umasoの感想・評価

2.5
終始静かだけど、緊張があったり、揺さぶられるシーンがあったりして、センスを感じた。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

3.9
好きな監督の1位と言ってもいいかもしれないフランソワ・オゾン。
何なんでしょうね、何がって聞かれるとうまく答えられないのですが、とにかく最後まで見入ってしまうのです、毎回。

もっと仕掛けを期待していただけに、あっ…………という気持ちで終わってしまった。
なんだよー、アドリアン、引っ掻き回すなよー、というのが正直な気持ち。
正直さや正論がいつも正解じゃない。口に出せば出した人は心が軽くなり、聞いた人は重荷を背負う。エゴでしかない時がある。

アンナ役のパウラさんの美しさ。
この時代の佇まい。
ドイツとフランスの微妙な空気。
映像が物語る作品。

このレビューはネタバレを含みます

とても綺麗。最後カラーになるのが素敵。
悲しい。
Aya

Ayaの感想・評価

3.7
淡々としててほぼモノクロで冷たく寂しい絶望感の表現がとても良い 温度がない作品は結構苦手だけどこれは魅入った🥀
>|