クリ

冷たい熱帯魚のクリのレビュー・感想・評価

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)
4.0


全てが冷え切っている日常。


うまくいっていない家庭。
うまくいっていない商売。



主人公の社本は自分の今いる状況が冷えきっているにも関わらず、自分から何かを変えようとしない人生。


それとは裏腹に明るく、自分がやりたいと思ったことを全てやってのける村田。


この正反対の2人を見ているだけで、わたしの近くの世界でも起きているような普通の話のように錯覚してしまう。


さすが、園子温の世界観。


狂気な世界でありながら、どこか実感させられる日常感。この感覚がとても好きだ。


村田はマッドなのだが、言っていることが正しい部分もあって。彼の過去は描かれていないけれど想像したりすると彼の生に対する強さを感じられる。


けれど、私はボディを透明にしちまえばワカラネェという感覚だけはワカラネェと思った。えぐい。