夜な夜な映画祭

冷たい熱帯魚の夜な夜な映画祭のレビュー・感想・評価

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)
4.2
人が解体されるシーンとか、狂気に満ちたセックスシーンとか、記憶に残るというよりトラウマとして残りそうなショッキングな映画だが、何より伝わってくるのは撮影現場の熱量だ。

監督自身、出演者を徹底的に追い込むことで役者としての殻を破らせるというような発言をしているが、監督は追い込まれて逃げ場のなくなった鼠が猫に牙を剥く瞬間のような、絶望感の中の狂気的な表情を生で撮影するのが上手い。というか、それが園子温なんだなと思う。

それはきっと役者だけしゃなく、現場スタッフは皆同じで、とにかく誰1人正常じゃないなかで撮影された狂気の記録なんだと、吹越満やでんでんの気迫満ちた演技を観て震えるしかない。