アオリンゴ

冷たい熱帯魚のアオリンゴのレビュー・感想・評価

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)
3.5
実話のドキュメンタリー本を昔にに読んだことがあり衝撃を覚えたことを今でもおぼえています。「透明になる」というセリフは実際の事件で主犯の男が使っていた言い回しだったとおもいます。その本で読んだ解体〜処分の方法なども概ねあんな感じだった気がします。

それよりもでんでんさんの演技が楽しみだったところが大きすぎてそこに興奮してたほうが大きかったかも!