makico

冷たい熱帯魚のmakicoのレビュー・感想・評価

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)
3.5
実話ベースのフィクション。
吹越満が最高。はじめからおわりまでもう本当にセクシーで、好きになっちゃった。

オープニング良い。期待高まる。
序盤はギャグ。村田が秒で無理。巧妙さも、男としての魅力も特に感じられない。にも関わらず、初っ端から村田に好意的な反応を見せる社本の妻と娘には違和感しかない。洗脳描写弱くて説得力が無いために、ただただ萎えるけど我慢。
中盤、バラすシーンこわすぎて直視できない。ただ愛子の手際の良さタフさ気合いは笑える。ここも適宜目を半開きにしながら我慢。
そして終盤。圧巻。一気に引き込まれた。社本、というより吹越満凄まじい。惚れる。
なのに、、なのに。ラストが...は???って感じ。とってつけた様な社本娘の大はしゃぎにしらけた。妻まではなかなか美しい後味の悪さだったのに。そもそもあの娘はなんなの。設定の甘さに苛つく。我慢ならぬ。

とりあえずラストの残念具合がなによりもえぐいけど、なんでかな、観て良かったと感じる。
生きることが単純になった。