莉子

きみがくれた物語の莉子のネタバレレビュー・内容・結末

きみがくれた物語(2016年製作の映画)
2.5

このレビューはネタバレを含みます

セリフで"やっぱりイラつく女だ"っていうシーンあるけど、日本版だと"おもしれぇ女"だろうなとふと思った。笑


"僕に優しくするな・自分を責めるな"というセリフ、初めと後で観ている側の捉え方を変えさせるのは良いと思った。
やけど、運命って都合のいい言葉じゃない?お互い浮気しているのに運命って言うだけで、正当化された正義の主人公みたいになるやん。渡部諸々浮気に対して誹謗中傷している人が、この映画好き〜って言うのは違うくない?矛盾じゃない?と思った。私は、この主役じゃなくて浮気された側のエピソードに視点を当てられた映画やったら、視聴者は本来の主役にブチ切れやったんちゃうかなと思う。だから、色々な視点に立つ事が大事だなと思った。(多分監督が伝えたかった事とは違う)
あと、初キスしようとする曖昧な関係の時、彼女が"どうしてゆっくり近づくの?"からの、"走ってきたら怖いだろう"はなんかツボに入ってキスシーン中盤まで声出して笑ってた。そりゃ彼氏できんわい。