リベリアの白い血の作品情報・感想・評価

リベリアの白い血2015年製作の映画)

Out of My Hand

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:88分

3.7

あらすじ

リベリア共和国のゴム農園で働くシスコは過酷な労働の中で家族を養っていた。仲間たちと共に労働環境の改善に立ち上がるが、状況は変わらない。そんな時シスコは従兄弟のマーヴィンからニューヨークでの生活のことを聞き、より良い生活のために愛する家族の元を離れ、自由の国アメリカへ単身で渡ることを決意する。NY のリベリア人コミュニティに身を置き、タクシードライバーとして働き出したシ スコ。移民の現実を目の当…

リベリア共和国のゴム農園で働くシスコは過酷な労働の中で家族を養っていた。仲間たちと共に労働環境の改善に立ち上がるが、状況は変わらない。そんな時シスコは従兄弟のマーヴィンからニューヨークでの生活のことを聞き、より良い生活のために愛する家族の元を離れ、自由の国アメリカへ単身で渡ることを決意する。NY のリベリア人コミュニティに身を置き、タクシードライバーとして働き出したシ スコ。移民の現実を目の当たりにしながらも、都会の喧噪や多種多様な人々が住むこの地に少しずつ順応していく。しかし、元兵士のジェイコブとの予期せぬ再会により、リベリアでの忌々しい過去がシスコに蘇ってくるのだった…。

「リベリアの白い血」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.7
公開初日に福永壮志監督の舞台挨拶付きで鑑賞。ドキュメンタリー風のドラマで、先進国が一次産品に依存する途上国から搾取する実態を告発する内容なのかと思ったけれど、西アフリカ・リベリアの男が懸命に生きる姿を描くという趣旨で、リベリア政府公認の映画組合と共に制作できたらしい。

リベリアとアメリカを舞台としたアフリカ移民の物語。主人公のシスコがリベリアのタイヤメーカーのゴム農園で働く様子が描かれる前半、タクシードライバーとしてニューヨークの生活に順応していくものの、元兵士のジェイコブと出くわしリベリアでの忌々しい過去を掘り返される。

リベリアのゴム農園の労働環境が苛酷であること、リベリアの人はアメリカに行けば何とかなるという雰囲気があること、過去の内戦により心に傷を負っていることなどが描かれている。

移民の姿を通じてリベリアの抱える問題がわかるものの、淡々としていて見ごたえという面ではやや物足りないかもしれない。ゴム農園、内戦のどちらかを単独で掘り下げたものの方が自分の好みだった気がするけれど、リベリア政府の撮影協力を得るため、それらの問題を深堀しにくいという事情があったのかな?

なお、この日は短編映画『Notes from Liberia』の上映もあった。2013年にリベリアで本作撮影中に重度のマラリアに感染し、ニューヨークの自宅で亡くなった撮影監督の村上涼氏の未完のドキュメンタリーを福永監督らが再編集したもの。

タイヤメーカー、ファイアストン所有の農園内の様子をとらえた貴重な映像らしい。本作のリベリアでの様子は、このドキュメンタリー映像と結構重なる。ドキュメンタリーの方はファイアストンに雇用されていない家族も手伝わないとノルマを達成できないことも描かれているなど、もっと見たくなる映像だった。

●物語(50%×3.5):1.75
・テーマはとても惹かれる。ゴム農園問題、内戦の傷跡のどちらかに絞ってじっくり見たかったかも。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・シスコ役の方がなかなか。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・映像の構図とか良かったような気がする。

●お好み加点:+0.2
・短編のドキュメンタリーが良かった。
丘

丘の感想・評価

-
2017.9.17観賞。
MAAI

MAAIの感想・評価

3.6
カメラが固定されている時はいい。
会社員

会社員の感想・評価

3.0
リベリアのゴムプランテーションで働く主人公が、貧しい暮らしから抜け出そうとニューヨークに旅立つ。しかしそこで彼を待ち受けるのは、リベリアとあまり変わらぬ過酷な生活だった。加えて忘れていたはずの内戦中に犯した過ちをも目の前に突きつけられる…。

日本人の若手監督の作品と知り、鑑賞。
まず、作品の大半描かれるリベリアでの生活ぶりが、何とも居たたまれない。バケツ一杯の樹脂を運ぶシーンでは、見ている側までどっと疲れが吹き出す。

リベリアではストライキ中裸足でサッカーをし、ニューヨークでは靴を履きサッカーをする。リベリアではゴムの樹脂を運び、ニューヨークではゴムのタイヤを交換する。象徴的な対比ではあるものの、彼らにとってリベリアとニューヨーク、異なるところはほとんどないと言うべきである。

かつて樹脂を採取していた頃と同じように、黙々とタイヤを交換するシーンが印象的であった。どこに行っても亡霊がつきまとい、貧しい移民として暮らさざるを得ない彼らにとって、真の意味で安住の地はあるのか。
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.5
大人体重位のゴム液を折れそうな
バケツxつるはしで階段上がるシーン
彼らは低賃金で毎日繰り返す
故郷を離れNYでの彼からは
笑顔も優しさも消える
亡霊との再会
事故の件はNYの冷たさと彼なりの処世術
無感を装うラストがみぞおち辺りに残る
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.2
リベリアとニューヨークが完全に二分割で設定されている。映像も美しく素晴らしいのだがストーリーがイマイチな感が歪めない。。

リベリアのシーンの方が圧倒的に迫力も臨場感も大きい(若干長いが)のに比べて、ニューヨークの展開が若干雑なのが不満点。

白い血というのはゴムなのね。
相変わらずの邦題の困惑具合。

同監督の次回作は楽しみだが。
キャストは現地のオーディションでとのこと。特に主人公のシスコ、とても良かった。シスコの優しい、押し殺したような表情。大変さ、切なさ、ちょっとした控えめさ、普通の人間ぽさ、優しさ、真面目さが出ていてすごく良い。
シスコ役のビショップブレイ自身、ゴム農園で労働していたことがあるとのこと。そのシーンはやっぱり印象的だった。そこの人々の日常。連鎖。

内戦の話が出てきた時に、やばい、知らない、と焦った。知らないだけにその後何が起こるか予想がつかなくてまた焦った。見に行った回が短編ドキュメンタリーが併映されている回だったので、少しでも知られてよかった。。
リベリアのシーンが良かった。
特に女性達が歌いながら木を運ぶ場面。

NYからの描写は「描きたいものの為に役者が演技」から抜け出せていないように感じた。

次回作も楽しみ。
細かい所はあれ?って思ったけど、言うほど悪くないと思うけどな…。最後のタイヤ交換のシーンは好き。この車(人生)に乗り続けないといけない。パンクしたら交換して乗り続ければいいってことなんだろう。リベリアの女性たちが歌いながら歩くシーン良かった。
みさこ

みさこの感想・評価

3.6
前半の方が好み。
>|