シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉の作品情報・感想・評価

シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉2015年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:185分

4.3

「シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉」に投稿された感想・評価

すいか

すいかの感想・評価

4.5
南座新開場記念上映にて。
本当は実際会場で観られれば一番良いけれど、なかなか難しいので、シネマ歌舞伎やゲキ×シネは、嬉しい企画。本作もようやく観る機会に恵まれて嬉しい!

劇団・新感線で上演される、いのうえ歌舞伎でおなじみの疾走感、躍動感、殺陣や音楽の絡み。この作品もいのうえひでのりさんの演出とあって、その要素が満載!そこに、今回は歌舞伎の伝統的な型や様式がうまくはめ込まれてた。もちろん女性は一切出て来ない。女方の美しさも堪能できた。ただ、普段、歌舞伎を観慣れていないので、俳優さんの半分はわからなくて、随所に散りばめられた決めどころに、たまについていけなかったのが勿体無かった。
ストーリーもいいし、登場人物のキャラクターも魅力的。歴史上名を残した人物や出来事が、おお、こうきたか!という感じで物語に出てくるのも、中島かずきさんの作品の魅力の1つだと思う。
存分に、楽しませていただきました(^^)
すみす

すみすの感想・評価

2.8
ファンタジーでした。
最初からそう覚悟してたら見やすかったかな。
Rick

Rickの感想・評価

4.8
大義を掲げて殺し合いをすることよりも、義のために戦をする方がいい。
阿弖流為は朝廷からすると逆賊以外の何者でもないし、坂上田村麻呂は忠臣だろう。しかしそれは視点を少し変えると簡単に覆るものかもしれない。ケレン味たっぷりに叙情的に語られる英雄譚
negi

negiの感想・評価

4.0
歌舞伎大好きな母親の影響で初シネマ歌舞伎
結論から言うとカッコよくてすごく面白かった「現代歌舞伎的な」と聞かされて観たけど、なるほど私の持っていた歌舞伎のイメージは見事に崩れ去り。
さすがに長くて、慣れてない私には集中力を保つのが少し大変だったけど、チケット代安すぎでしょ!と思えるくらい見応えがすごくある。ストーリーも面白くて、クライマックスに向かっての伏線回収撃には大興奮。
シネマ歌舞伎の良いところは見るべきところを映してくれて、役者の表情や衣装などの詳細がよく分かるところだと思うので、初心者だけど興味ある人にはうってつけだと思います。(でも観ると確実に生でも観に行きたくなる落とし穴付きだけどね)
現市川染五郎が絶世の美少年なので、私も歌舞伎沼に落ちそうです…大人の遊び…ヒェ
ヂミー

ヂミーの感想・評価

4.1
とにかく長いぜ。前半後半とも最後ギリギリでちょっと寝たぜ。女形の立烏帽子だったかな、がとても綺麗だった。歌舞伎ってとっつきにくいかしらと思ってたけど全然そんなことはなく楽しく観れたおもいで
ごまふ

ごまふの感想・評価

4.0
中島かずきの脚本と、キャスト陣の素晴らしさ。現代演劇でありながら歌舞伎の所作。とても興味深く面白かった。
柊

柊の感想・評価

3.9
勘三郎や三津五郎があちらへ逝っちゃっても次の世代がちゃんと繋いでいるそれが素晴らしい。
中村兄弟も市川染五郎ももうすっかり看板役者。かつての線の細い跡取り息子達じゃなくなっている。
アテルイの物語はもうそれだけで素晴らしいから。みんなも清水寺に行ったら舞台にばっかり突進しないで、ちゃんとアテルイとモレのお墓も詣でてね。そして何故ここにその供養塔があるか?よく考えてね。by坂上田村麻呂
>|