美しい星の作品情報・感想・評価

美しい星2017年製作の映画)

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚め…

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚める。それぞれの母星から使命を受け取った家族はそれぞれのやり方で世界を救おうと奮闘しだすが、やがて様々な騒動に巻き込まれ、傷ついていく――。

「美しい星」に投稿された感想・評価

え、何の話?って思いながら観続けて、え、何??ってなって終わった。笑
シュールな感じは面白かったけど、観なくても良かったなって映画🎞
自壊花

自壊花の感想・評価

5.0
途中までしかみれんかった
ojun

ojunの感想・評価

-
題材が異星人なのにヒューマンドラマ。リリーフランキーの演技も素晴らしく良い映画。何より原作が三島由紀夫と驚きづくし!
Ichi

Ichiの感想・評価

4.0
突っ込み所と言われれば、映画で描かれる全てが突っ込み所という摩訶不思議ちゃん映画。
現代日本版博士の異常な愛情と呼ぶべきなのか解らないけど、とにかくくだらなくて笑えるし、見たことない唯一無二の世界観なのは確かなので、オススメ。

三島の原作も読んでみようと思う。ただラストで急に失速した感があるので星4つ。
Rylax

Rylaxの感想・評価

4.2
またまた吉田大八さん監督ということでの鑑賞!
ある日突然宇宙人に覚醒するというぶっ飛んだ話を吉田さんがどう見せるかに期待して鑑賞に臨みました。
感想
「なんだこの話(笑)」というのが一番の印象。それは決して面白くない、つまらないという意味ではなく、完璧に理解はできないんだけど、なんかおもしろい!人によっては「だからなに?」となってしまっても仕方のないようなストーリーをあれだけ飽きさせない魅力的な描き方、映画にする上での原作からの思い切った改変の仕方に改めて吉田さんの凄さを感じました。また不気味なムードを演出する音楽や、役を演じるキャストの方々が素晴らしかったと思います!
(キャストの中では特に、大好きな吉田監督を好きになったきっかけの作品、『桐島、部活やめるってよ』にも出ていた橋本愛ちゃんのその時とはまったく違う演技と今作とのギャップが個人的に新鮮でした!)

このまま吉田監督作品を制覇したいと思います!!
2018 5.18 鑑賞
これコメディ?
キテレツ家族について行けない。
真面目に演じてる役者観ていて何度か吹き出しました。眠気に襲われるし、また見直してみようとも思わないし・・・
kurano

kuranoの感想・評価

2.3
スタートは面白いけど、途中から世にも奇妙な物語やんって感じになって長いやんってなってくる・・・
ノッチ

ノッチの感想・評価

3.0
当たらない天気予報で知られるお天気キャスターの大杉重一郎は、妻の伊余子、フリーターの息子・一雄、大学生の娘・暁子と平凡な毎日を過ごしていた。 

ある夜、車を運転中に光に包まれる奇妙な体験をした重一郎は、やがて自分が火星人であることに気付き、番組内で「惑星連合からのメッセージ」を伝えるようになる。 

やがて、一雄と暁子もそれぞれ水星人、金星人であるとの認識を持つようになり…… 

三島由紀夫の小説「美しい星」を吉田大八監督が撮った映画。 

原作未読です。 

三島由紀夫原作で、父は火星人、息子は水星人、娘は金星人、母は地球人という、自らの故郷の惑星の出自に気づいてしまった家族の奇妙な物語である。

小説として手に取るかは微妙な作品なんだけど、映像なのに小説を読んでいるような、そんな気持ちになる作品でした。 

とても良い意味で小説的な。 

文章としてすっと体に入ってくる感じのストーリーでした。 

この映画、吉田大八監督が長年温めていたものと言う事で、東西冷戦時代に書かれた原作が核戦争による人類滅亡の危機を取り上げていたのに対し、それを地球温暖化に改変し、現代を舞台とした物語に仕立て直していた辺りはなかなか見事なアレンジと思いました。
 
ただ、内容には温め過ぎた感もあり、筋運びには独善的であったり、乱暴なものがあり、広く受け入れられるようなものになっていないように思えたのは、残念な所。 

NGという人の気持ちも分かる。

これはこのノリに乗れるか?と試される映画って感じだし。

いろいろある印象深きシーンの中でも突きぬけてたのは、橋本愛が浜辺でUFOを呼んでるシーン。

我が身の美しさを無表情のまま微調整をして内面の感情を表現できるのって、この若さでは橋本愛の右にでるものはいないであろうって思う。 

撮り方も音楽も全部が鳥肌ものにカッコ良かったです。

50年以上も前に発表された作品なのに、今観てもけったいな話で問題提起になっているのは、素晴らしいです。

人間の愚かしさや愛といった観念は、果たして人間が戦争をし続けるよりも尊いものなのだろうか?と考えざる得ませんでした。

ただ、人物同士のゆったりとした会話を散漫に繋いでいく編集で、これは映画ではなく明らかにテレビドラマの編集。

ひたすら時間に対する演出の効率が悪い。

適当に流し見る分にはわかりやすくていいかもしれないけど。集中して観るには間が辛い。 

しかし、近年は宇宙人ものが大流行らしいですね。

アメリカ映画の『メッセージ』も宇宙人との対話の話だったし、黒沢清の『散歩する侵略者』も地球を侵略しに来た宇宙人に体を乗っ取られる話だし。 
VEL04

VEL04の感想・評価

3.0
シュールな大人のファンタジー。
火星人、水星人ときてなんで木星飛ばして金星人なんだ?
お母さん木星人で良かったような気もするが、怪しげな水を売りまくって表彰されるというあまりに下世話な俗物の地球人だった。
三島由紀夫の原作を読んでみたいと思いました。
サウナのシーンが良く分からなかったな。意味不明。かといってもう一回見直す気は起こらず。
>|