美しい星の作品情報・感想・評価

美しい星2017年製作の映画)

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚め…

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚める。それぞれの母星から使命を受け取った家族はそれぞれのやり方で世界を救おうと奮闘しだすが、やがて様々な騒動に巻き込まれ、傷ついていく――。

「美しい星」に投稿された感想・評価

海辺の儀式
最高!

そうそう
救わなくちゃいけないのは
地球じゃなくて
人類だからね❤️
HAL

HALの感想・評価

2.7
記録
めっし

めっしの感想・評価

3.5
変な不思議な映画です。純文学を映像にするチャレンジは凄いです。吉田監督の次回作に期待します。

よくわからないと言えばそれまでなんだけど(笑) なんかいろいろ凄かったしゾクゾクした。(原作は未読)

特に凄くいいことが起こるわけでもないけど平凡な生活を送る家族。なんだかモヤモヤっとした感じ、なんとなく流されるようにして毎日を過ごしてる感じ、演出もしっかりしていて伝わってきます。(ここがしっかり描かれているからこそ後半の展開に効いてくるんだと思います)

そんなとき、家族のそれぞれ父、息子、娘が火星人、水星人、金星人であることに気付き、覚醒していく。そして自分の使命に気付き、行動していく。

リリー・フランキー演じる火星人。地球に関する様々な問題、疑問、議論。映画では地球温暖化についてだったけど、これ自体がどうこうとかはあまり関係ない。「今地球で起こってることちゃんと見てる?」「その議論って何のため、誰のためのもの?」「その問題、何か別のことに摩り替えてない?」火星人なんだけど、今まで人間として生活してきて地球や人間の良さもわかっている。だからそこ言っていることに重みを感じ、映画を観ている私たちは(無意識ではあるにせよ)上部だけの考えが、見透かされているような感じがするのかな。
あと、リリー・フランキーの決めポーズ(?)出てくる度に笑ってしまう(笑)。

橋本愛ちゃん演じる金星人へと覚醒する女子学生。まず、円盤を呼ぶときのやつ、あれはもう語彙力を失うほどの素晴らしさ。 あの美しさで、あんなに取りつかれたように真剣に、でも少し不穏な感じ、もう吸い込まれちゃうんじゃないかと(笑)。

亀梨和也くん演じる水星人に覚醒するフリーター。後半のリリー・フランキーとのシーンからは見所。
地球に対する考え方、世代間での違い。「責任」は未来に残っていく。
この水星人にとっては地球、というか人間は愚かに見えたんだろう。
でもこの水星人は人間として、家族の一員として生きてきたわけで、「家族愛」が体に染み付いている。彼はどう感じ、どんな行動を起こすのか。
ラスト、凄く良かったです。
GojiKawai

GojiKawaiの感想・評価

2.9
三島由紀を原作のSF小説をアレンジして、人気のキャストで映画化したそうです。

鑑賞後すぐに記憶から消えてしまいそうな、中途半端なラストシーンに戸惑いました。

逆に原作の方を読みたくなってきた。

前情報ゼロで見たので後から調べたら、あの個性の強い作品を作ってきた監督さんだったのかぁーと驚き。

この作品は自分にはナシでした。

まだここまで辿りつけていないなぁ。

たしかにコメディになってた
みつこ

みつこの感想・評価

3.3
思ってたより振り切ってカオスだった

印象に残るシーンが多くて橋本愛が綺麗
哲学なのかな〜
matsuko

matsukoの感想・評価

3.3
リリーフランキーのあのポーズ、面白すぎてTV前で真似してた(笑)
コメディ作品だと思って借りてみたけど、結構真剣に地球温暖化の防止を訴えた演技してるから、笑うに笑えない、どうリアクションしていいのか謎な時間でした(笑)
とりあえず金星人の円盤呼ぶポーズ、マスターしたい(笑)
よくわかんない!!!
けどめちゃくちゃ頭の中に残る変な映画だった
吉田大八の映画は桐島以外ぜんぶそう思う。頭に残る。

金星が流れてきてびっくりした、、、すごく好きな曲だし、あーやって聞くと本当に金星人なのかもって思っちゃうよね
UFO呼ぶポーズ覚えられねえ!!
Canape

Canapeの感想・評価

3.9
三島由紀夫原作、未読。リリー・フランキーが火星人の気象予報士。コメディかと思ったら真面目。ぶっ飛んでるけど大真面目。SF×環境問題×家族愛。家族それぞれが地球人じゃないことに気付きだし展開する物語。予報の後にするジャケットのポーズが吹っ切れすぎて快感。くるよ、くるよ~って待っちゃうし。だんだん火星人に見えてくるし笑ってたのに真面目に考え出す。本当の美しさって何?何にも変えられない大事なものって何?最後に残るものって何?今見てるものって本当にそれであってる?知らないうちに心にかかったフィルターを優しく外されて静かに心が侵食されて満たされるような嬉しいとも感動するとも違う、でも素敵な映画。読んだらまた見たい。
>|