美しい星の作品情報・感想・評価

「美しい星」に投稿された感想・評価

Mackey

Mackeyの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

地球の問題が、家族や世代間の問題とリンクして良かった
ラストでリリーフランキーの火星人の魂だけが飛び立ったようにも捉えられるし、飛びたった後の地球に家族の寄り添う姿を見出したようにも見えるし、いろんな捉え方ができそうで好き。
Ren

Renの感想・評価

-
大好きな吉田大八監督の、それでもあまり好きになれない作品でした…
ima

imaの感想・評価

5.0
それぞれの話がまず面白いのに家族がちょっとずつ関わっていく絶妙なバランスが良過ぎてあっという間で最高だった!
最後の病院に入院してからがちょっと長く感じた

宇宙人やおばけ、占いとかはまっったく信じてないけど、こんな世界が作れる映画ってやっぱりすごい!
和威

和威の感想・評価

2.1
三島由紀夫の原作。
「命売ります」もそうだったけど、設定は明快で分かりやすいのに、ストーリーとか結末が難解。私に言わせれば「尻切れトンボ」。
他の人のレビューを見て「そういう意味だったのか」と気づくレベルの難解さ。
「そういえばあれはなんだったの?」というモヤモヤがいくつか残るそんな終幕。
気に入った方にはごめんなさい。
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.4
家族4人のそれぞれのドラマがバラバラに展開していって段々絡み合っていくという「桐島部活やめるってよ」的な手法が相変わらず面白い。
SF要素もあって全く先の読めない物語だったので飽きずに楽しめた。
とにかく、リリー・フランキーのハジケっぷりがヤバかった!リリー・フランキー好きは絶対に見るべき。
暴走に次ぐ暴走。そして、火星人の決めポーズ。これには笑った。
わかりやすい矛盾
自然という言葉に人類が含まれなかったり

自然と人工って言葉があるくらいですからね、不思議なもんです

よくまとまっていて原作読みたくなるなぁ
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.5
「地球人の皆さん、やっぱり話を聞いてください!」

少数の宇宙人が感化しあっている。
宇宙人に限らず、世の中には、こうやって一部の者たちにしか共有し合えない映像や思想が渦巻いているので、三島由紀夫はきっとそういう部分を面白おかしく描いたのだと思う。
ハマ

ハマの感想・評価

3.1
最初は退屈だなーと思ってたらどんどんぶっ飛んだ内容からの種明かし、最後驚く系って言う訳じゃなくて徐々に自分で気づき始める感じ。
不思議な映画はたくさんあるけどまだ違った不思議さでした。
キテレツ感がヤバい。なんかいろいろ凄いスピード感。よくこんな話を思い浮かぶなぁ。どっからどこまでがいったい。
設定が原作と映画で違うみたいですね。原作のほうも気になります。
これが三島文学か…🤯
劇中音楽やべえなと思ったら平沢進か…🤯
さすがにぶっ飛んだ内容だったけど

自然を美しいと感じるその自然の中に人間は存在しない

ってのと

人間も自然の一部であるのにその自然の中に人間を自覚していない

ってのは頭に残った🤯

質問の意味じゃなく
質問されたことの意味を考えろ
>|