海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

海は燃えている イタリア最南端の小さな島2016年製作の映画)

Fuocoammare/Fire at Sea

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフラン…

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフランコ・ロージ監督が、温かくも冷静な眼差しで島の日常を見据えるドキュメンタリー。世界の縮図が浮かび上がってくる、静かなる衝撃作。

「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」に投稿された感想・評価

イタリア最南端に位置するランペドゥーサ島。この島は北アフリカにも接しており、地中海を通じて、アフリカからの難民たちにとってはこの島はヨーロッパへの玄関口でもあった。この島に住む少年サムエレは、友達とパチンコ作りに夢中な12歳の少年。自由奔放に生きる彼の傍で、命をかけて、平和と自由のために決死の覚悟で海を渡ってくる人々もいた。この島を舞台に、島民の日常や過酷な旅を経て島にたどり着いた難民・移民の姿を映し出す。。「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」のジャンフランコ・ロージ監督による第66回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞のドキュメンタリー。

ヨーロッパでは極右政党が大きく躍進している昨今ですが、先日行われたフランス大統領選挙でもリベラル派の候補が極右政党の候補を破るなど、まだ中世から続く自由と平和のヨーロッパの魂は死んでいないのかなと思います。ですが、アフリカやアラブで引き起こっている長期の内戦やテロは大量の難民を生み出し、それが流れ込むヨーロッパではそうした難民たちの救済で政府の財政が逼迫し、経済的にも、特に低所得者層を中心に職を奪われるなど、活発化しない世界経済の中で、なかなか厳しいのも事実なのです。遠い島国である日本ではありますが、北朝鮮情勢がここ数ヶ月厳しい局面を迎えていたことなど、もし仮に朝鮮半島で有事が発生したときに、ミサイル攻撃などの直接的な被害がなくとも、内戦状態に発展すれば日本海を越えて、難民が流入して来る危機がないとも言えないのです。決して対岸の火事ではなく、私たちの日常に難民問題が降り掛かったら、、という想定で観ていると、本作は非常に心揺さぶられるものがあるかと思います。

本作はランペドゥーサ島の二面性をドキュメンタリーとして描いていきます。1つは地中海の穏やかな気候と、南イタリアの風が吹いてきそうな心地よい島の人々と風景が、少年サムエレの毎日として描かれる。ここにはヨーロッパの人たちの平和な日常しかないのです。対象的に描かれるのは、その平和な毎日のほぼ数海里先の海の上で起こっている、アフリカからの難民船に起こる悲劇。様々な弾圧や経済的な困窮した人々が、なけなしのお金を払い、定員オーバーなボロ船に押し込まれながら、地中海を北へ上ってくる命をかけた旅。お金を払え、風が通る船上の席を得れた人はまだしも、狭く暑さと湿気しかない船倉に押し込まれた人々は、長い航海の中で身を削り、熱中症や脱水状態に陥り、死に至る人たちもいるという惨状。イタリアの海上警備隊に発見、救出される様を淡々をカメラは追っていきますが、やせ細り、息も絶え絶えな人の姿は目を覆いたくなるほど。こうした現実を克明に捉える映像は見応えというか、観る者を凍りつかせます。

しかし、本作のちょっとおかしなところは、こうした二面的な映像構成になぜしたのかというところ。少年サムエレの毎日が特に意味を持たないので、幸運にも慎ましく生きているヨーロッパの人たちと、悲劇的なアフリカ難民という、この構図に何のメッセージがあるのかということを感じてしまうのです。金熊賞作品なので、芸術的に優れているのかもしれませんが、悲しいながらも運命として違うのであるから、意図的に対立軸を見出すことに何かおかしな違和感を感じてしまうのです。ただ、現実を映し出すドキュメンタリーとして、もっと徹するべきなのではなかったのかというのが、うがった僕の見方なのかもしれません。
たくや

たくやの感想・評価

2.7
ナレーションが何もない。だから、ある程度事情を知っているヨーロッパの人なら見ても分かるが、事情が分からないものにとっては映画の意味が分からないのではないか。
大量の難民が押し寄せた小さな島のドキュメンタリーだけど、実際は難民の話。ドキュメンタリーとしては遠回しな感じのドキュメンタリーなので自分好みではなく、あまりインパクトない。
この映画に出演している男の子が地中海でゴムボートに乗ったり診察を受けているところがアフリカ難民が経験している事柄を重ねて描いている所が評価されたということなんだろう。見た限りではそのように思った。
ドキュメンタリー映画である。少年と医師の眼を通して描かれる島の現状とは?舞台はイタリア最南端の島、そこで起きる日常を淡々と描く。
全然関係ないかもしれないけど(いや、あると思うんだけど)、改めてペドロ・コスタは偉大だったなあ、と…。
そんなことを思いました。
片目をつぶってみていた物事を、両目で感じるようになること。
投げ出された死体の山。足りなかったのは、水か、空気か、お金か。
一筋の光に向かって、こぎ出す真っ黒の海。
漁師の島だから、海から来るものは受け入れると言っていた言葉が、漂い続ける。
深町

深町の感想・評価

4.1
作り方が良い
マ

マの感想・評価

3.4
これ、ドキュメンタリーって知らされずに5分くらい見せられても多分分からない。画面ぶれないし、陰影は決まってるし。夜のシーンはどれも美しくて、小学生の男の子がただただ遊んでるのは、『友だちの家はどこ?』とか思い出した。それと過酷な移民の暮らしの対比のさせ方が、エグいところもあるけどあくまでも上品。
島の穏やかな日常と多くの難民が次々に流入してくる厳しい光景が交互に映され、しかし2つは交わらないことで難民受け入れに関する現実の二重性を感じられるようになっている。とても難しい問題だけど難民を全然受け入れようとしない日本でこそ観るべきではないかと思った。
521号

521号の感想・評価

-
うーん、どうしてとは言えないけど、

傑作だと思います。

パワーがある。
Soh

Sohの感想・評価

3.4
音楽を排除することにより波の音などの環境音が強調される。海を渡ってやってくる難民、何気ない日常を送る島民、両者は交わることなく淡々と時は過ぎる。その両者と関わる存在が医者である。
>|