海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

海は燃えている イタリア最南端の小さな島2016年製作の映画)

Fuocoammare/Fire at Sea

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフラン…

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフランコ・ロージ監督が、温かくも冷静な眼差しで島の日常を見据えるドキュメンタリー。世界の縮図が浮かび上がってくる、静かなる衝撃作。

「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」に投稿された感想・評価

ランペドゥーザ島、人口6500人の小さな島。Google mapで位置確認。シチリア島の南西、というよりチュニジアの東、距離的にはアフリカの方がシチリア島よりも近い。なるほどこれなら難民がやって来るのも頷ける。と言ってもアフリカからの距離は約130km、北九州から対馬までの距離くらいあるから小さな船では危険だ。それでも、この20年で40万人の難民が上陸、海峡で溺死した人は約15000人と最初に説明がある。リビア、チュニジア以外にも、サハラ砂漠を渡ってマリ、ニジェール、ナイジェリアからも難民が来る。
          *
でも、このドキュメンタリーで描く難民たちのショッキングな様子は3割程度、残りの7割で描くのは平和に暮らす島の人の生活ぶり。漁師の息子の少年(パチンコ遊び、片方の目が弱視と分かって治療用眼鏡で生活する様子)、素潜り漁をする人(この島は石灰岩の海蝕洞と透明な海で有名)、ラジオのDJ(リクエストでかかった曲がこの作品のタイトルと関係する)…穏やかな暮らしがあるから、その対比で難民の様子が際立つ。彼らも追われる前は穏やかな暮らしをしていただろうに…
          *
イタリア政府は島に難民収容センターをつくって救済をしているけれど、一般の人たちは難民とは全くつながりがなく、互いに何の影響もない。何という不平等、これが現実なんだな。頭で想像してわかっているつもりでも、目で見ないと理解しえないことがある。そこを見せるのが監督の意図なのだろう。この二つの世界の両方に関わって現実を知っているのは医者と収容センターの職員だけ。難民たちはこの後どこに行ってどんな暮らしをするのだろう? 
          *
日本は難民受け入れの数が先進国の中ではお話にならないくらい少ない。こんなの見たら「自分たちさえ良ければいい」などと思ってはいられない。それが普通の感覚だと思うけど、ヨーロッパで移民・難民問題は大きな国内問題になっているから、人道に訴えるだけで、無責任に受け入れ続けるわけにもいかない現実もある。難民発生のもとが絶たれることを祈るのみ・・・
          *
別角度からの注意を一つ。説明なさすぎで、淡々としすぎ。感覚鈍った状態で見るとおそらく寝てしまう作品です。
行ってきましたランペドゥーザ島。
うまく評価できない。
Ken

Kenの感想・評価

1.3
金熊賞受賞作品。
たぶん、これに金熊賞を与えることに意味があると思ったんだろうな。有名監督だし。
ただ、映画作品として作品として優れてるんかなぁ。
ドキュメンタリーであるから、画質がこうなるのは、分かる。でも、ドキュメンタリーなのに、手持ちじゃなくて固定カメラを使うってことは、そういう風に指示してるんかな?とも思う。
orimarks

orimarksの感想・評価

2.5
イタリア最南端にある小さな島の日常を映したドキュメンタリー映画。

自然と戯れながら穏やかに暮らす島民・子ども達。
命懸けで海を渡り島を目指すも、道半ばで次々と死んでいく難民達。
どちらも同じ島の"日常"だけれど、二つの世界が交わることはない。

もしこれがN◯Kの特番なら女優/俳優の無表情を装ったナレーションが入りそうなところだけど、この映画はそんな説明は一切なし。だから一層苦しい。

こんな現実があるのかと胸を痛めることしかできないから、一層痛い。
emi

emiの感想・評価

3.0
住人たちの素朴で穏やかな生活と、命がけで海を渡ってくる移民たちの救出作業というこの小さな島の二つの側面を交互に映し出すが、二つはほとんど交差しない。現状を淡々と伝えるドキュメンタリー。登場人物たちの意見を少しは聞いてみたかった。
mynnnno

mynnnnoの感想・評価

3.2
イタリア、ランペドゥーザ島といえば、flying boat⛵️海が透き通りすぎてボートが浮いて見えるんです。それが有名です。
いつか訪れたいと思っている場所です。
しかしそのような絶景とは裏腹に…
思ったよりずっしりとくる作品でした。

イタリア最南島、ランペドゥーザ島の位置は北アフリカとの間、チュニジア、マルタ島の近くです。
その場所にあるということで、アフリカ大陸から決死の覚悟で難民達がボートに揺られてやってきます。
この映画を観るまで、ランペドゥーザ島がヨーロッパへ渡る難民のゲートとなっているなんてつゆほども知りませんでした。
でもまさにそれこそが、難民達と対比的に描かれている島民の住民達や子どもなんでしょうか?(実際に難民と関わっているのは医者くらいでした。)

知らなかったことを知るということはまずはじめの段階です。誰でもはじめの段階はできますが、その先に進めるのでしょうか?
私たちはそれを知った今、どうするか。
が求められているのではないでしょうか?
その場にいる人々はこのような状態になるのだなあと思った。
シチリア島南方にあるイタリア領最南端の島、ランペドゥーザ島。アフリカや中東からの移民・難民たちの玄関口となるこの島に住む人々のドキュメンタリー。

命がけで粗末な船に乗ってやってくる難民たち。航海途中で亡くなってしまった人や、もう余命幾許もない人など、ショッキング映像がある。その中でも一番印象に残ったのは血の涙を流している人。
日々大量の難民が島に押し寄せている現実がありながらも、ほとんどの島民たちはどこか他人事。特に子どもは自分たちの毎日の生活にしか関心がない。それでも内心ストレスを抱えてしまっているようでもある。ナレーションがないぶん自分の頭で考えなきゃいけない、色々と考えさせられるドキュメンタリーだった。
Pippi

Pippiの感想・評価

3.9
生きられなかった理由はただ一つだけ、アフリカ人だから
rage30

rage30の感想・評価

-
田舎の離島ののんびりとした日常と、決死の覚悟で海を渡る難民のコントラストが鮮烈。
島に暮らす少年には様々なメタファーを巡らす事が出来るし、何百人もの人間が1つのボートにすし詰めになってやって来る、難民の実態はとにかく衝撃的でした。

欲を言えば、「どうして難民になったのか?」とか「救助隊に保護された後はどうなるのか?」というところまで知りたかったのですが、監督が見せたい部分はそこじゃなかったんでしょうね。

政治的、人道的な主張はさておき、まずは瞑っていた目を開いて、この現実を見て欲しいです。
>|