海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

海は燃えている イタリア最南端の小さな島2016年製作の映画)

Fuocoammare/Fire at Sea

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフラン…

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフランコ・ロージ監督が、温かくも冷静な眼差しで島の日常を見据えるドキュメンタリー。世界の縮図が浮かび上がってくる、静かなる衝撃作。

「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」に投稿された感想・評価

ランペドゥーザ島、人口6500人の小さな島。Google mapで位置確認。シチリア島の南西、というよりチュニジアの東、距離的にはアフリカの方がシチリア島よりも近い。なるほどこれなら難民がやって来るのも頷ける。と言ってもアフリカからの距離は約130km、北九州から対馬までの距離くらいあるから小さな船では危険だ。それでも、この20年で40万人の難民が上陸、海峡で溺死した人は約15000人と最初に説明がある。リビア、チュニジア以外にも、サハラ砂漠を渡ってマリ、ニジェール、ナイジェリアからも難民が来る。
          *
でも、このドキュメンタリーで描く難民たちのショッキングな様子は3割程度、残りの7割で描くのは平和に暮らす島の人の生活ぶり。漁師の息子の少年(パチンコ遊び、片方の目が弱視と分かって治療用眼鏡で生活する様子)、素潜り漁をする人(この島は石灰岩の海蝕洞と透明な海で有名)、ラジオのDJ(リクエストでかかった曲がこの作品のタイトルと関係する)…穏やかな暮らしがあるから、その対比で難民の様子が際立つ。彼らも追われる前は穏やかな暮らしをしていただろうに…
          *
イタリア政府は島に難民収容センターをつくって救済をしているけれど、一般の人たちは難民とは全くつながりがなく、互いに何の影響もない。何という不平等、これが現実なんだな。頭で想像してわかっているつもりでも、目で見ないと理解しえないことがある。そこを見せるのが監督の意図なのだろう。この二つの世界の両方に関わって現実を知っているのは医者と収容センターの職員だけ。難民たちはこの後どこに行ってどんな暮らしをするのだろう? 
          *
日本は難民受け入れの数が先進国の中ではお話にならないくらい少ない。こんなの見たら「自分たちさえ良ければいい」などと思ってはいられない。それが普通の感覚だと思うけど、ヨーロッパで移民・難民問題は大きな国内問題になっているから、人道に訴えるだけで、無責任に受け入れ続けるわけにもいかない現実もある。難民発生のもとが絶たれることを祈るのみ・・・
          *
別角度からの注意を一つ。説明なさすぎで、淡々としすぎ。感覚鈍った状態で見るとおそらく寝てしまう作品です。
全然関係ないかもしれないけど(いや、あると思うんだけど)、改めてペドロ・コスタは偉大だったなあ、と…。
そんなことを思いました。
片目をつぶってみていた物事を、両目で感じるようになること。
投げ出された死体の山。足りなかったのは、水か、空気か、お金か。
一筋の光に向かって、こぎ出す真っ黒の海。
漁師の島だから、海から来るものは受け入れると言っていた言葉が、漂い続ける。
深町

深町の感想・評価

4.1
作り方が良い
マ

マの感想・評価

3.4
これ、ドキュメンタリーって知らされずに5分くらい見せられても多分分からない。画面ぶれないし、陰影は決まってるし。夜のシーンはどれも美しくて、小学生の男の子がただただ遊んでるのは、『友だちの家はどこ?』とか思い出した。それと過酷な移民の暮らしの対比のさせ方が、エグいところもあるけどあくまでも上品。
島の穏やかな日常と多くの難民が次々に流入してくる厳しい光景が交互に映され、しかし2つは交わらないことで難民受け入れに関する現実の二重性を感じられるようになっている。とても難しい問題だけど難民を全然受け入れようとしない日本でこそ観るべきではないかと思った。
521号

521号の感想・評価

-
うーん、どうしてとは言えないけど、

傑作だと思います。

パワーがある。
Soh

Sohの感想・評価

3.4
音楽を排除することにより波の音などの環境音が強調される。海を渡ってやってくる難民、何気ない日常を送る島民、両者は交わることなく淡々と時は過ぎる。その両者と関わる存在が医者である。
イタリア最南端のランペドゥーザ島は5500人が暮らす小豆島くらいの観光地。同時に北アフリカからの難民を受入れる玄関口でもある。島民の生活と難民の上陸を交互に映していくが両者は交わらない。目を背け続ける世界の縮図が小さな島を通してみえてくる。日本が観るべきドキュメンタリー。
2017年6月にイタリア政府は難民が飽和状態とEUへ通達。受入れ中止を検討中。
イタリア、イタリア、イタリア
>|