海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

海は燃えている イタリア最南端の小さな島2016年製作の映画)

Fuocoammare/Fire at Sea

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフラン…

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフランコ・ロージ監督が、温かくも冷静な眼差しで島の日常を見据えるドキュメンタリー。世界の縮図が浮かび上がってくる、静かなる衝撃作。

「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」に投稿された感想・評価

a2y6a

a2y6aの感想・評価

3.3
日本にいるとあまり意識しない難民問題。
島の人々の平穏な暮らしと、難民救助の交互に構成されていて、小さな島が世界の縮図になっているという説明には納得。
ただ1人、2つの世界に存在する医師の苦悩をもう少し見せてほしかったなぁ。
yoshis

yoshisの感想・評価

1.0
退屈な映画。眠すぎ。これでベルリン映画祭で賞をとったからびっくり
ラジオで悲惨なニュースを聞きながら慎ましい日常生活を続ける島民と、内戦に追われ沈みそうな船にすし詰めにされ生死の境を切り抜けて避難してきた難民。
文化や人種の違いだけではなくその対比から生まれる摩擦こそが、今地中海の玄関口を始めとした欧州全土で起きている問題の本質なのではないかと思いました。
音楽なしで淡々と、難民の身体検査を延々と見せたり、難民が辿り着いた島の住民の平凡な食事風景が続いたりする。
現場の悲惨さは伝わってくる。
面白いか否かという判断を求める作品ではないと思う。
イタリア人もスパゲッティを音たてて食べるんだなぁ。
りえ

りえの感想・評価

2.0
淡々と進みすぎというか、、あまり動きがなくてつまらなかった。移民のパートだけはちゃんと見た。あの人たちは助かったとしてこの後どうするんだろう?世界には想像できないような悲惨な人たちがたくさんいる…
mame

mameの感想・評価

3.6
難民が流した血の涙が今でも頭から離れない
ドキュメンタリー
行ってきましたランペドゥーザ島。
うまく評価できない。
Ken

Kenの感想・評価

1.3
金熊賞受賞作品。
たぶん、これに金熊賞を与えることに意味があると思ったんだろうな。有名監督だし。
ただ、映画作品として作品として優れてるんかなぁ。
ドキュメンタリーであるから、画質がこうなるのは、分かる。でも、ドキュメンタリーなのに、手持ちじゃなくて固定カメラを使うってことは、そういう風に指示してるんかな?とも思う。
orimarks

orimarksの感想・評価

2.5
イタリア最南端にある小さな島の日常を映したドキュメンタリー映画。

自然と戯れながら穏やかに暮らす島民・子ども達。
命懸けで海を渡り島を目指すも、道半ばで次々と死んでいく難民達。
どちらも同じ島の"日常"だけれど、二つの世界が交わることはない。

もしこれがN◯Kの特番なら女優/俳優の無表情を装ったナレーションが入りそうなところだけど、この映画はそんな説明は一切なし。だから一層苦しい。

こんな現実があるのかと胸を痛めることしかできないから、一層痛い。
>|