メットガラ ドレスをまとった美術館の作品情報・感想・評価

メットガラ ドレスをまとった美術館2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:91分

3.9

あらすじ

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩…

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・評価

プラダを着た悪魔のモデルとなった雑誌VOGUEのアナウインターが如何にして今の地位を維持しているか、そのほんの一部を垣間見た気がした。気が遠くなるほど気を遣い、細心に細心を重ねた注意を払うメットガラ自体が、もはやアートとして成立しそうな勢いに感じた。女帝はやがてその椅子を誰かに渡さねばならない。アナウインターがどのようにしてそのドラマをプロデュースするのか、ちょっと楽しみになってきた。
クロ

クロの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

きらびやかな世界の舞台裏☆
鏡の中の中国☆
ファッションは芸術☆
衣装が美しい☆
特に陶磁器柄のドレスが好き☆
気づいたら超長くなりました、スルー推奨です!

見終わったあとほんとに余韻がすごかった、、
服の祭典メットガラ、今回のテーマは「鏡の中の中国」
本当に、昔の中国は美しい。
宮廷、チャイナドレス、庭園、、
それをデザイナーたちのイマジネーションから作り上げる、ファンタジーな世界。
そのイマジネーションとはどこから来るか、それはやっぱり映画だという。
だからラストエンペラーが、さらばわが愛が、花様年華が、作品の横でずっと流れている。
素敵すぎだ、、(T^T)
私も映画がなければ中国の良さに気づけなかったから、、
昔の中国は、ほんと服から、建物から、阿片の煙まで、ものすごい雰囲気を持ってますよね。

私は凡人なので良さがわからない服も多かったですが笑、、1番好きだったのは、アレキサンダーマックイーンの、えんじに黄色の模様が入った中国風ドレス。思わず声が出ました、頭飾りも素敵すぎて、、(T^T)

芸術監督ウォンカーウァイ先生、
「多くのものを見せすぎるのは、何も見せないのと同じ」 さすがだ、、(T^T)

招待客の中でも、やっぱりリアーナはすごかった。輝きというかオーラというか勢いが、違いました。
でもジャスティン! あなたみたいなお騒がせは、毛沢東コーナーに行ったらダメでしょう!と笑いそうになったところも(^q^)

でもコンリーも来たなら、、生きてたらレスリーも行けたかな、、
もし行ったなら、すごい服で来そう。笑とか想像してしまった..(*´︶`*)
mengru

mengruの感想・評価

3.6
オーシャンズ8の予習として鑑賞。ファッションが紛れもない芸術品であることには納得。アナウィンターが出てくる度にそのカリスマ振りにドキドキワクワクするが、出番が少なくてやや残念。特定の問題を深く掘り下げるような作りではないので、少し物足りなさを感じた。
裏方系ドキュメンタリー好きな人はかなり楽しめると思います、面白かった!
あの華やかなメットガラはこんな苦労の末出来たものなのかと始終ドキドキしながら見ていました。
ファッションに興味のない人でもこれは結構面白いんじゃないかなぁ。
メトロポリタン美術館の裏側、メット・ガラの舞台裏などが興味深い。

セレブ達のレッドカーペットはその時期にSNSで見ることはできるがその後のパーティまでは想像もつかない。そんな豪華な様子も見れて満足だった。

今やファッションは芸術だといえるのではないかと思う。出てくる衣装や展覧会のインスタレーションは言葉に出来ないほど素晴らしかった。

エンドロールの後、メット・ガラの翌日のvogueの編集室の様子が映し出される。
アナ・ウィンターという怪物の様な編集長の元で働くことはものすごいプレッシャーがあると思われるが達成感もまたそれを上回るのではないだろうか。
プロフェッショナルは常に格好良い。「未来に進むためには、過去を忘れてはいけない」心に響きました。
切身

切身の感想・評価

3.7
ファッション好きはテンション上がらずにいられない。
とても楽しい。キラキラした世界の裏側。見ているだけで幸せな気分だ…。
とーこ

とーこの感想・評価

4.0
メットガラが舞台となる『オーシャンズ8』の打ち上げ用に鑑賞。

結果、「予習でこれ観なくて良かった!(笑)」という感想。こんなに全身全霊で作り上げてるさま観てからオーシャンズ観てたら、面白さより申し訳なさの方が勝っちゃってた(笑)

ドキュメンタリー映画を全編通して観たのは実は初めて。すごく面白かったからこれからもたまに観たいです。
「多くを見せすぎるのはよくない、何も見ないのと同じだ」(ウォンカーワイ)

企画からの詳密なドキュメンタリー→
海外セレブが溢れる華やかな表舞台
とコントラストが鮮やかな映画。
アナ・ウィンターのオーラがビシバシ伝わってきて痺れる。眼力が美しい...
アナの商業的面と文化的側面を両方描いている。

超見目麗しい大御所デザイナーたちの作品や、ファッション界の大物~海外セレブが所狭しと登場
目が大変贅沢で一秒も見逃せない内容。
ウォンカーワイファンも必見。
ラストシーンのセンス迄良く、素晴らしい。
美しい衣装を画面越しにでも感じられ眼福。
>|