メットガラ ドレスをまとった美術館の作品情報・感想・評価

メットガラ ドレスをまとった美術館2016年製作の映画)

The First Monday in May

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:91分

3.9

あらすじ

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩…

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち―。

「メットガラ ドレスをまとった美術館」に投稿された感想・評価

プラダを着た悪魔のモデルとなった雑誌VOGUEのアナウインターが如何にして今の地位を維持しているか、そのほんの一部を垣間見た気がした。気が遠くなるほど気を遣い、細心に細心を重ねた注意を払うメットガラ自体が、もはやアートとして成立しそうな勢いに感じた。女帝はやがてその椅子を誰かに渡さねばならない。アナウインターがどのようにしてそのドラマをプロデュースするのか、ちょっと楽しみになってきた。
ツカダ

ツカダの感想・評価

3.6
展覧会そのものへの評価はとりあえず置いておいて、プロフェッショナルが矜持を持って働くとはこういうこと、を見せるドキュメンタリー。

ウォン・カーウァイ監督が好きなので鑑賞したのですが、花陽年華がめちゃくちゃ評価されててやっぱあの映画すごいんだな、としみじみ。
アナ・ウィンターは"強い女"という感じで、個人的には好きになれないけど(アナが男でもわたしは十中八九好きにはなれないと思う)、偉大な人物であり、のし上がっていく人達は強い人なんだろうなあ、と思った。
あとアンドリュー・ボルトン素敵すぎて。17歳の頃の写真も出てきてたけど、若い頃も現在もずっと素敵。仕事ぶりも素敵。
豪太

豪太の感想・評価

3.3
仕事に対してみんなすごい情熱を持っていてカッコいい。
メットガラ開催までのドキュメンタリー。
アナ・ウインターのテキパキした指示とこだわりを持った仕事にうっとり。
困難も多く大変そうだけど、意思を持ってやる仕事の達成感の大きさを感じた。
Mai

Maiの感想・評価

-
No.73 /4000(🌈)

「前に進むための唯一の方法は、過去を忘れないことだ。」

このドキュメンタリー映画の主役である、メトロポリタン美術館 服飾部門のキュレーター、アンドリュー・ボルトンの恋人は、ファッションデザイナーのトム・ブラウン。

この2人を見て思い出した中村珍さんのツイート↓
「◆同性愛者あるある(殿堂入り):ゲイが原因の、ゲイならではのクリエイティブな才能があると思われがち」
「《クリエイティブ業界に同性愛者が多いように見える》のは、技能や実力で食えるからカミングアウトしやすいとか、自営業(自分が社長だから一般の雇用労働者よりバレた時の失業・転職のリスクが低い、同僚とのしがらみが少ない)だとか、そういう労働条件に起因するものが多いだけだと思うよ。」
OT

OTの感想・評価

-
色々面白かった。こんな世界で注目されているもの、ようは一流の人が集まって仕事してるのにエントランスのモニュメントにドラゴンどーん!のアイディアが出た時は「ネタ?」って思った。
金柑

金柑の感想・評価

4.6
素直に面白かった。

アンディウォーホルとJCMを足して2で割ったようないけおじさまがめちゃくちゃ頑張るドキュメンタリー、かと思いきや、本番が始まってしまうと彼は後ろ姿がちょこちょこ映るくらいで画面は怒涛のセレブ、セレブ、セレブ。私たちが見てるのはこっちだけなんだな。

メットガラ、って毎年盛り上がるけど実は何なのかよく知らなくて、そういやドキュメンタリーあったやんと思い出して見た次第。
観ながら私がウーン…?と思ったことをアナが数分後にはズバッと言ってのけてたりとか、なんかほんとに素直に興味深かった。
凄すぎるドレス見て「ベッドで着たいわ♪」とか言ってる人たちはやっぱ次元がちげーやと思いましたけども
AyaKondo

AyaKondoの感想・評価

5.0
映画館で観なかった自分に往復ビンタ
ercaa

ercaaの感想・評価

3.5
アナ・ウィンターという怪物
こざち

こざちの感想・評価

4.6
ファッションは芸術なんだよ!!っていう情熱と信念を持った人々の努力と奮闘のドキュメンタリー
服が大好きなので目の保養オブ目の保養でした…。
ここに出てくる人みんな芸術やファッションに敬意を払い、愛している人達なのでとてもストレスフリーに鑑賞できました。

ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されるファッションの祭典「メットガラ」、その展覧会「鏡の中の中国」の開催準備にフォーカスを当てた90分のドキュメンタリーです。著名セレブが美しく豪華、繊細、見事な造形美のドレスを纏う姿にも感動ですが、数々のオートクチュール、コレクションが恭しく敬意をもって扱われていること、今尚色褪せず感動を与える静かなパワーをもっていること、妥協せず、服のもつ魅力を引き出そうと努力する人々の様子に90分ずっとドキドキしていました。政治的な問題、展示品とどう融合するか葛藤し配慮を重ねる様子にも、芸術への敬意が感じられました。

服だけでも素晴らしいのに、ふさわしい人間が着るとより一層映えて、生きた芸術品だなあと思いました。観ながら何度も感嘆のため息が出ました。
>|