おたば

ファウンドのおたばのレビュー・感想・評価

ファウンド(2012年製作の映画)
3.6
【お兄ちゃんはいつも優しい。人を殺しているけど】

上裸で生首を掴んだガスマスク。
そのジャケットからこないだ観たハンティングパークを観るようなテンションと心構えで挑んだ本作は
とんでもない180度温度感の違う超シリアスドラマだった。

僕はお兄ちゃんの秘密を知っている。

ボーリングボールが入るようケースには黒人の生首が入っている。
そう、お兄ちゃんは人殺しなのだ。
僕はその秘密を知っている。
お兄ちゃんの目を盗んでは、また生首が入ってるのを確認してる。

確認せずにはいられなかった。

ジャケットに騙され主役はこのマーティ少年がかなりクレイジーな家庭環境の中で成長していくヒューマンドラマかと思った。

正直序盤は結構見るの億劫で早送りしたかった。

スプラッターとしての激しさはないし
何かパニック映画的な派手さも動きもない
ただじわじわと少年を取り巻く環境のとりわけ異質な兄弟の絆を描いた作品

じゃぁグロはないのかと言うとそういうこともなくて
劇中で出てくるお兄ちゃんがリスペクトな映画「ヘッドレス」はかなりやばいです。

これ並みの衝撃作は個人的にあんまり知らないかも知れません…(笑)

物語が進むことでテンポも上がって面白くなってくるんですけど
グロ要素も強いのでおすすめ度は43点