つるみん

ファウンドのつるみんのレビュー・感想・評価

ファウンド(2012年製作の映画)
3.4
去年の「未体験ゾーン」1番の注目作。
この監督は完全に病んでいるという強烈なキャッチコピーで、数々の賞を総なめしたサイコホラー。

確かにこの監督、狂ってやがる。
低予算で作られていることは観ていて分かるのだが、スプラッタコメディ路線に走らず、ドラマ性を持たせた事により気軽に観れるただのグロ映画ではなかった。

本作は序盤にキャラクター像の確立を若干スローペース気味にしていき、劇中映画『HEADLESS』にてようやく盛り上がりを見せる。ただその後もスローペースは続き、とてつもない失速感を味わいながらもラストの衝撃シークエンスにて再び、いや『HEADLESS』以上の盛り上がりを見せて完結。

兄弟愛というストーリーを絡ませたのは非常に良かったのだが、正直、省く要素は山ほどあり退屈な時間が長かった作品。しかし『HEADLESS』の衝撃とラストシークエンスの狂ったセンスで満腹になることは間違いないので是非グロ耐性がついてる方は観ていただきたい。