ファウンド(2012年製作の映画)

Found

上映日:2017年01月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:103分
    監督
    スコット・シャーマー
    脚本
    トッド・リグニー
    キャスト
    ゲイヴィン・ブラウン
    イーサン・フィルベック
    フィリス・ムンロ
    アレックス・コギン
    ルイー・ローレス
    あらすじ
    11歳の少年マーティ。学校ではいじめられ、両親も不仲。そんな彼の楽しみは、家族の秘密をのぞき見すること。お母さんの秘密は、ベッドの下に隠されたラブレター。お父さんの秘密は、車庫の奥のヌード雑誌。だからお兄ちゃんが、クローゼットに生首を隠していても変じゃない。時々変わる生首を、人知れず取り出しては眺めるマーティ。しかしある晩、いつものようにクローゼットを探るとそこには同級生の首が…。僕が秘密を知っていること、お兄ちゃんが気付いたかもしれない…。

    「ファウンド」に投稿された感想・評価

    歪んだ心を持ってる兄弟がとってもイケメン!
    劇中で出る、ビデオテープがなかなか変態で笑ってしまった!目ん玉どろどろ溢れすぎ。
    ラストのお兄ちゃんの全裸は怖すぎて一気に嫌いになりました。
    ジャンルはホラーというより、グロテスクなヒューマンもの。
    少年の心理描写がリアルです。
    観終わった後の余韻が気持ちいい。
    へ・・・変態!!!!おまわりさんこっちです!!!!!!
    と叫びたくなる映画でした。
    あのねぇ、こんな・・・だ、だめだよこんな・・・ねえ?っていう、何というか、何も言えねえな・・・って感じの・・・全体的に完全アウト試合終了でした。11歳の男の子(激カワ美少年!!!)に猿ぐつわはアリなの??????
    低予算なので映像も俳優の演技も安っぽさは否めず監督が伝えたいことは・・・全然分からんが・・・やりたかったことをやりきった感じはよくわかりました。ハイ。
    当事者だったら人格変わるレベルでやってること頭おかしい

    11歳のマーティは好奇心旺盛な少年。母親が大事にしている元彼とのラブレター、父親が隠しているエロ本を見つけたり。しかし兄の部屋で生首を発見してしまう。その生首は日を追う毎に変わっていく。兄は殺人鬼だった。

    あの終わり方は酷すぎる。
    超絶スプラッターだけど割と好き
    光の中で理不尽な世界から救ってくれた兄への感謝を告げる弟と、弟の為ならなんでも出きると嘘偽りなく抱き締める兄。

    狂おしいほどに純真な弟への愛情が苦しい映画でした。最後までその思いがぶれる事がなくて、いつまでもマーティの事を見守っていそう。
    めっちゃいい映画でした
    いやー狂ってるしぶっ飛んでる
    嫌悪感MAX
    ラストが嫌すぎる
    ミストより嫌
    切ないし、グロい。
    12歳の目線で描かれてるから、いろいろ自分で考えさせられた。
    すごいゆっくり進んでく映画。
    殺してくれてありがとうというセリフがすごい印象てきだった。
    サイコすぎる
    >|