ひで姐

透明人間のひで姐のレビュー・感想・評価

透明人間(2019年製作の映画)
4.0
束縛彼氏の元から逃げ出したセシリアさん、何とか友人刑事の家に匿ってもらうものの外に出るのも怖がるくらいに追跡を恐れる毎日…。そんなある日束縛野郎が自殺して財産の相続を受ける事に。やったねハッピー♪と思ったのもつかの間奇妙な出来事が連発…あれ?もしかしてアイツ生きてんじゃね?でも見えないし…え?めちゃこえーんですけど!?…ってなお話。

これはもうカメラワークと演出が素晴らしい!「何もない」のに怖い!何気ない部屋の中を映してるだけなのに「そこにいるのか!?」と思っちゃってる時点でこの作品の勝ち。そこに追い打ちをかけるが如く一瞬の心霊現象をとらえたかのような透明人間の存在を示唆する見せ方がめちゃホラー。

さらに言うなれば主演のエリザベス・モス。見えない相手に怯える演技がスゴイ。撮影の時は(たぶん)目の前に誰もいない状態であの演技をしていたのかと思うと…。怯えて孤立してそこからの立ち向かい…ほぼこの人の独壇場と言ってもよいのでは?オチもなかなかよろしいかと。

以下コメント欄にネタバレ込み個人的チェックポイント。