劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケールの作品情報・感想・評価

「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」に投稿された感想・評価

たねだ

たねだの感想・評価

4.2
TV版は、未視聴に近い状態で見ました。
少し予備知識やらキャラについて知っておかないときついかもしれませんが未視聴の僕でも楽しめました。
気がつけば映画館では2回見に行き、レンタル版を借りるまでに。

簡単に感想をいうとバトルシーン、親子愛、仲間との絆などがありすごく最高でした。

特にラストのバトルシーンでは不覚にも泣いてしまいました(かっこよすぎて)

さて次は、TV版シリーズをしっかり見ます(笑)

SAO, ALO, GGOとアニメを一気見し、続けて映画も鑑賞。

とにかく作画が凄い。
ラスボスの戦闘シーンは、まぁよく動く動く。
色彩も淡い感じの日常パートと、黒を基調に赤や光が映える色の濃い仮想空間とのメリハリが凄くいい感じ。全体的に絵に力が入ってる印象。

実際に都内にある場所でキリト君たちが活躍。現実と仮想空間が溶け合い、想像に難くない現実的な近未来感がとてもワクワクさせる。こうした光の面と、一方で…。という、ストーリー自体はいつものパターン。
ワンパではあるけど、SAOはゲームの中だけに終始しないストーリーがとても良い。たかがゲームと割り切らない本気の人間関係が心を動かし、面白味を一味も二味も加えていると思う。

あと、アニメの各編のオリジナルキャラたちが一堂に会したのも、ファン感激のシーン間違いなし。

そして!
なんと言っても、魅力的なキリト君は必見!
ゲーム内だけでなく、現実でも「跳ぶ、走る、斬る」のスキルが凄い!
そして、アスナとイチャイチャしまくり!
まさに無双!
世の中二病患者の症状が暴走すること間違いなしです。
『SAO』劇場版。新ARハード「オーグマー」と、それを介して立ち上がる拡張現実世界、ゲーム、そこで起こり得る事件など、なかなか興味深い内容だった。その辺りをもっと突き詰めていくと完全にSFの領域なんだけど、あくまでそこでの主人公の冒険、という辺りに収めるところがSAOなんだろうな、と思う。それなりにすっきりまとまっていておもしろかった。


以下ネタバレ。
ただ考証で一つ気になったのが、オーグマーを介して使用者の記憶野に介入する点。作中だとたしか、その技術はまだ須郷が人体実験を行っている段階だったはずで、その辺りの解説が一切ないまま記憶採取が実現できてしまっていることに疑問符が付いてしまった(何か設定を誤解している可能性があるかもだけど)。
Natsu

Natsuの感想・評価

3.5
ご馳走さまでした!
ラスボス倒すシーン盛りだくさんで最高でした!
たおる

たおるの感想・評価

3.4
TSUTAYAふらふらしてて、そういえば観てなかったと思って借りてきましたー。

劇場版ならでは?の迫力あり、TVアニメ1期2期を思わせる演出もありでなかなかパソコンいじりながらでも楽しめました。

見たことある、行ったことある東京の景色がいっぱいでてきてそれだけで楽しかった(笑)秋葉原、代々木公園、恵比寿などなど。

今三期やってますが、一応繋がる感じなんですね

映画の感想ではないけど、こういうゲームやりたいなぁ(笑)2026年?誰か開発お願いします。8年後…ん?
わ

わの感想・評価

4.0
記録
メッシ

メッシの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラスボスのところはおもしろい
マザーズロザリオのとこがいいよね
キリトとアスナのラブラブシーン
>|