いにょ

3月のライオン 前編のいにょのレビュー・感想・評価

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)
3.9
2017年96本目。

最近の邦画はマンガや小説の実写化ばかりでそれも原作レイプなクオリティばかりでクッソおもんねえ流れだなと思ってて辟易としてて若干小馬鹿にしてるんですが、この作品めっちゃ面白いじゃねーか畜生…!

単なる将棋マンガ的な感じかと思ったら、ストーリーが意外に深い。色んな因縁があってその絡み合う糸の中で必死にもがき、天から垂らされた将棋という1本の蜘蛛の糸を必死に手繰り寄せる主人公の健気な生き方に完全に心打たれてしまった。神木くんの演技力素晴らしいね。

あとそれぞれのキャラがめっちゃ魅力的。有村架純も心から憎たらしく思えるぐらいの名演技。佐々木蔵之介の島田さん役も素晴らしい。あと倉科カナ可愛すぎ。

思わぬ拾いものですごい得した気分。後編も近いうち必ず見ます。マンガ原作の映画化はこのぐらいのクオリティでやってほしいものです。