3月のライオン 後編の作品情報・感想・評価

3月のライオン 後編2017年製作の映画)

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と…

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

「3月のライオン 後編」に投稿された感想・評価

Kima

Kimaの感想・評価

3.6
やっぱり神木隆之介が好きです。
もう、実在しそうなくらい桐山零でした。
倉科カナ、高橋一生、豊川悦司の役どころも好き。
こんな大人に側にいてもらえたら、真っ直ぐ生きるしかないですね。
ある意味大人のための教育映画。
モモちゃんがひたすらかわいい。
映画なので短い時間の中に収めるのは大変なんだとはわかるけどけっこうキーになるシーンがバッサリなくて展開が唐突に感じた。
くぼた

くぼたの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

イジメに家族に将棋に盛り沢山な後編
ほんとに、将棋に詳しくなってみたら、1.5倍楽しめたんだろうなー!
後藤さんとの対局でのドキドキ感が全然違ったろうな(負けたの?って思っちゃった笑)
みみみ

みみみの感想・評価

4.0
生きるためも強いけど、誰かのためはもっと強い。

1人に見えて、常に誰かが気にかけてくれている様子がすごくよく分かって、桐山くんは全然1人じゃないなあと思った。
本人が気付けて良かった。

ひなちゃんの強さも、きっとあかりさんやももちゃんが居るからこそなんだろうな。それにしてもすごいけど。


高橋一生いいこと言うなあ。
桜小路

桜小路の感想・評価

3.5
加瀬亮さんの出番が少なかったため、ちゃんと観れたんだけど、神木隆之介さんの着付けしてええええ‼︎

そして、ビッチ架純良かった。
もっとビッチやればいいのに。
nago19

nago19の感想・評価

4.0
苦しんで泣きながらでも活路を見いだす。人生そのものと受け止めた。
はーぁあ〜。原作離脱した時の感覚がありありと蘇ります。
パウル・クレー風に言えば、重くて暗い。
いやあのその、映画でも漫画でも重くて暗いのが嫌どころか、だからこそ好きなものは沢山あるのです。この作品を許容出来なくなったポイントは一点、突然にイジメを描いた事です。
元々、普遍的な解決策があり得ない非常にデリケートな問題に、なんでこの作品で取り組む必要があったのでしょうね?並々ならぬ覚悟で臨んだには違いないのでしょうし、今作での緩やかな解決には異常な程のリアリティを感じはします。が…、受け手側に同様の覚悟が有ったかというと、ちょっと怪しいかなぁ。寧ろ過去の体験がフラッシュバックしたり、或いは今現在イジメの只中に有り、且つ本当に救いが無いと感じているような方には必ずしもポジティブには作用しない様な気がしました。また、実写となると加害側を演じることになる児童が実在してしまう訳で、彼らの今後について、ちゃんとケア出来るのかなぁ?とか、いろいろ気になってしまう。そもそも、娯楽作品のひとネタとして扱う様な問題かね?
イジメの件以降(原作はここまでしか読んでません)は、主に家族のドラマが描かれます。個々のパートはなかなか良いと思うのですが、尺の問題か、やや心理の描写不足を感じます。将棋という題材との関連性も見出せません。ひょっとすると盤面の動きとシンクロしてたり?…はしませんよねぇ。個人的には川本家から離れて、追い込まれ、暗い魂のまま挑んだ勝負の行方には違和感を感じました。原作ではどうなってるのかしら?
後半は総じて暗く、鑑賞中に救いになったのはM田吟さんの玄人離れした素朴な演技でした。助かりました。ありがたや。
前後編通しての感想ですが、見栄えがとても良く、丁寧な作りで、人間ドラマ部分は味は強いが出汁を取る時間がなかった風、という感じです。とにかく尺が足りていないのだと思います。単に漫画原作の実写化としては極上の部類では。完結したら原作も通して読んでみます。
将棋のルールは結局よく分からなくて、どちらかが「負けました…」と申告する迄ドキドキしていられました。得したなー。
あと、灰色の他に黒猫ちゃんも確認できたのでネコネコメーターは3ネコです!
さあ、あと『結び』があるんだっけ?違う⁇
将棋やろかな
>|