3月のライオン 後編の作品情報・感想・評価

3月のライオン 後編2017年製作の映画)

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

「3月のライオン 後編」に投稿された感想・評価

Kima

Kimaの感想・評価

3.6
やっぱり神木隆之介が好きです。
もう、実在しそうなくらい桐山零でした。
倉科カナ、高橋一生、豊川悦司の役どころも好き。
こんな大人に側にいてもらえたら、真っ直ぐ生きるしかないですね。
ある意味大人のための教育映画。
s

sの感想・評価

3.8
映像美!すばらしい!
さいごの宗谷戦どうなるやねん
な

なの感想・評価

3.5
将棋しかやってこなかった少年の葛藤を描いたコンセプトなのはわかるけど、いらんところまで脱線してるなぁというのが率直の感想。

自分の好みに合わない理由を考えながら観てたけど、多分素人でも楽しんで観て貰うために将棋要素を悉く削っていたからだろうなぁ。

原作だともう少し丁寧に描かれてるのかな…、
 おおぅ!続きが楽しみだわぃ! 的な前編のテンションのまま続けざまにみると、ちょっと失速した感が否めないのが前半のくだり。いじめのエピソードや、実父のシーンとか正直、観ていて「いつになったら対局するけ…?」と少しテンションが下がってしまった。伊勢谷友介の、コイツ胡散臭いに決まってる的ビジュアルのせいで後の展開もみえみえですし。

 しかし、前編で海猿呼ばわりしてしまった伊藤英明がトイレで泣き崩れるシーン……不覚にもグッときてしまった。
海上保安官とは真反対の、抑制のきいたLIMIT OF LOVE。クールで影のあるキャラに心が揺さぶられた。

ただ、そんな英明の愛人役に有村架純…ねぇ。顔が童顔キュートすぎるからだろうか、大人ぶってもあどけなさが抜けないからだろうか、なんだか違和感がある。『シン・ゴジラ』で石原さとみがなぜかルー大柴喋りで「ガッズィラ」と言っていたときに感じたのと同種の、それじゃない感。というか、それこそ石原さとみの方がこの役は似合っていたような……。

 ただ、海猿の呪縛から解き放たれた伊藤英明、ミステリアスな天才の加瀬亮、身体が弱く支えてくなる佐々木蔵之助、栄養失調ぎみなゆる高校教師の高橋一生、好きな女の子にもらったぬいぐるみを肌身離さず持ち歩く神木隆之介きゅん──。
 最高に腐女子ウケするラインナップ! きっとあなたの萌え棋士が見つかること間違いなし!!
saeka

saekaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いっぱい泣いてしまった
なんだか今の自分にリンクすることがいっぱいあった気がする

もう全部ダメだ、自分には何も無いって思えるとき
でもそれは考え方次第で
本当は光の筋道があるのに
あきらめてしまってるのは自分自身だとゆうこと
自分を信じてあげれていない自分自身だとゆうこと

人は弱い
弱いながらと葛藤しながら
ひとつひとつ前に進んでいくとゆうこと

うまくいかなくても
結果が全てではないこともあるとゆうこと

悔しい
絶対に間違ってない、後悔しない
なんでこんな思いしなきゃいけないのか
弱い自分が悔しい

なんでそんな人に
自分の人生揺るがせられるのか
自分を信じることができないのか
そんな人に振り回されるのか
自分が悔しい

順風満帆に見えたって
みんなそれぞれ努力して
いろんな葛藤をかかえてそこに立ってる

あー
なんだか
壮大なメッセージをいろいろ抱えた物語でした

勝負の世界
自分の弱さと向き合う世界

成長できる世界とゆうのは
厳しさも兼ね備えているもの
んもれ

んもれの感想・評価

2.6
クライマックスの英明かっけーな‼︎

新津ちせちゃん(新海誠さんのお嬢さん)かわえぇな♡
mimi3535

mimi3535の感想・評価

3.5
原作を知らないが、豪華キャスティングもあって普通に楽しめる作品。

ただ、キャスト達が普段と全く違うキャラを演じているのがツボ。

後編は、かなりドラマ性も加わり、目が離せないシーンも。

いつの時代も、どんなに技術を持っていても、人との関係を通して人は成長していく。
kiyomi

kiyomiの感想・評価

3.0
つらかった〜
>|