皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2015年製作の映画)

Lo chiamavano Jeeg Robot/They Call Me Jeeg Robot/

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリ…

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価

​マーベルやDCを低予算でイタリア人が作るとこうなりますといった風。
得られる力がショボければそれを使ってやることもショボく、敵もショボい。
しかし、イタリア映画独特の雰囲気、情緒、哀愁といった、形容しがたい何かが感じられ、ただショボいだけでは終わっていない。
不思議な魅力に溢れた作品。
主人公のIQというか、意識がやや低すぎるせいで、なんでそこでそれを!?的なことが多く、あまり感情移入できなかった。
逆に敵役はやってることはショボいのにすごく憎たらしく、実際は小物なのに嫌な大物感が出ており、主人公と対照的だった。
一番語りたいのは本作のヒロインの女の子だが、とてもデリケートなポジションなのでうまく説明できないのがもどかしい……。
aiueo

aiueoの感想・評価

-
主人公ヨーグルト食べながらAV見てる。
ダンダダ ダダンダダン ダダダンこぉーてつージークー!
ほぼ関係ない。
だけども、ある意味イタリア版スーパーヒーロー。
謎物質に浸かっちゃった小悪党と、鋼鉄ジークに依存してる不思議ちゃんのクライムヒーローモノ。
ストーリーも純粋にクライム、後半30分が胸熱。
ビッグシューターは出てこない。
Natsu

Natsuの感想・評価

4.5
💰🔫👸🏻💗📹😈💣💥🤖🏙

これはかなり好きなやつ。ちょっとダークナイトチック。それにしても最近のスペイン映画はなぜか熱狂的な日本アニメファンのヒロイン登場しがち。

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり 力を手に入れて一番さきにするのは強盗なのかな?

マーベル見馴れてるとかなり衝撃的だけど、これがリアルか?



誰も 鋼鉄ジーグと呼んでない事が良い。
教授から借りたのを催促されて観る羽目に
アクションはハリウッドには勝てないんだから平凡をやるなと言いたい
長所を挙げるならコントラストの高い映像に惚れました
bopapa

bopapaの感想・評価

3.0
2018年 119本目

「変なタイトル〜!何だソレ?」で逆に気になってた奴。鋼鉄ジーグってのは僕が2〜3歳の頃に放映されてたアニメだそうですね、全然知らなかったわ〜。で、それの実写なの?そうでは無いの?みたいな不思議な映画でした。


ところで本日関西では大きな地震があり大変でしたが皆さん大丈夫でしたか?神戸から京都までの全ての道が通行止めになったので、京都へ向かう仕事が延期になり、もうこれは無理だわ!と割り切って休みにして映画観てました。

スーパーヒーローの話は話なのですが、イタリアの映画という事でMARVEL作品みたいな爽快な起承転結がある訳でもなく割とダークで血が多めで変なエロスも有り。

この流れだとどうやってオチつけるのかな〜と思ってたら後半にかけてちゃんと真の悪役が登場してくれてひと安心。主人公だけが強すぎるとただのヒーロー無双になってしまいますもんね。

単体としても面白かったですが、この流れだと続編が作られるかも知れませんね。アイアンマン1やトビー・マグワイア版のスパイダーマンみたいに、ヒーローの初期はデザインダサいけど、それが逆にカッコ良い。みたいなのは素敵。
>|