皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2015年製作の映画)

Lo chiamavano Jeeg Robot/They Call Me Jeeg Robot/

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリ…

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.4
2018年15本目

タイトルだけで惹かれて鑑賞したが意外にも面白かった。
チンピラの男があるきっかけで超人的な力を身につけ、ATM強盗などを働くが、精神疾患の少女に出会う事で、少女の憧れのアニメ『鋼鉄ジーグ』になっていくダークヒーロー的な話。

AV好きでチンピラな主人公や、少女の闇、ギャング組織の闇などシュールな部分が多いが、低予算で上手く仕上げられており面白かった。
tsugisa

tsugisaの感想・評価

4.5
泥臭く、地味。
現実のヒーローはこんなものかも。
ヒーローと言われる人も、所詮、人。
だからこそ、この映画を観ても違和感を感じない。
ハリウッドのヒーローも好きだけど、脂ぎって、欲求丸出しのこんなヒーローも好き。

面白くないかもしれない。
派手なCGもない。
だけどマーベルお腹いっぱいだなーと思ったタイミングで観ると、良い意味で新鮮。

個人的には超オススメの映画。
TAKーKUN

TAKーKUNの感想・評価

3.3
面白かったけど、ちと長い
38.5度の高熱を出しながら鑑賞。
そのせいかとんでもなく長く感じた。
丁寧な心の描写なのだろうけど、あたまわるわる状態なのできつかった〜。

電波系女と小物マフィアの演技は本当に素晴らしかった。まるで本物だった。

おっさんが周囲に心を開き、そしてヒーローとして生きていこうとする姿はかっこよかった。
ラストシーンがとても、とても素敵だった。
好みじゃなかった。
ヒロインは頭おかしすぎてイライラするし、正義の味方になるのもラスト30分だし。
てかatm盗んでるし、集金奪ってるし、性欲に負けるし(笑)
悪いやつもビッグマウスでめちゃイラつくし!!
犬に食われたやつに凄い同情したわー…
前知識がほとんどなく、もっと鋼鉄ジーグが絡んだ話だと思い込みながら観たので、なんだか物足りなく感じてしまいました。
悪役のしぶとさが良いですね。
はま

はまの感想・評価

3.6
確か『おじいちゃんはデブゴン』を観に行った小劇場で同時期に公開してた今作のポスターが貼られてて、それ見て「え、あのジーグ!?なんだ??イタリア映画????」って兄と二人して混乱したものです。

鋼鉄ジーグ。
リアルタイムで観てなくても、スパロボで使ってるジーグ。

…ちなみに『鋼鉄神ジーグ』の方はリアルタイムで観てました。なので個人的に「ビルド!!アーーーーーップゥ!!」というセリフは小野大輔の声で再生されます。


というのは置いといて


なぜにそのジーグがタイトルに?イタリア映画の?とか思ってたら、にわかに話題作としてネット上でも名前を目にするようになってたので、鑑賞してみました。

これは… 不思議だけど面白い…!

最初は意味がよく分からなかったんですけど、観終わってからやっと理解できたのは、これは「イタリア産のヒーロー映画」なんだということ(気づくのが遅い)。

だって、普段観ているハリウッドのヒーロー映画とはとにかく空気感が全く違うから…!
始まり方は地味だし主人公は中年小太りのおっさん(失礼)だし、ヒロインはちょっと精神的にアブナイし… 序盤はホント楽しみ方が分からなくて難しかった…。

スーパーパワーを身につけるまでの流れもホンット地味すぎて(笑) 今思い返したらちょっと笑えるぐらい…ww

個人的に敵役が結構良くて、彼のおかげで楽しみ方が分かった部分もあります。
「こいつ立派なヴィランやな…」
「あれ、もしかしてこれヒーロー映画…?」
っていう感じ↑


なぜジーグなのかは、ただ単にイタリアで鋼鉄ジーグが人気で知名度が高いからってだけなんでしょうけど、そういうとこまで地味なのもほんとツボです。
監督の敬意の表れか、本国公開時からきちんと日本語訳のタイトルが本編中に入れられてたのはちょっと感動しました。


続編作れそうよなぁ〜〜
俺がやらねば、誰がやる!

永井豪原作のアニメヒーローがイタリアで蘇った、昔懐かしダークヒーロー・・・と思いきや敵はハニワ原人じゃない!(;^ω^)シバヒロシ デナイシ

戦い方も、泥臭い。
正義感も、うさん臭い。
何よりコイツは親父臭い。

ある日、突然スーパーパワーを手にしたら、いきなり格好良く戦えるはずもなく・・・

逆にそれがリアリティー!
柴猫

柴猫の感想・評価

3.2
イタリア発のヒーロー映画。
不器用なおっさんが主人公なのは良い。
主人公の寂しそうな背中とトラウマを抱えたヒロイン。自分の殻を破って彼女に寄り添おうとするんだけど、なかなか上手くいかないというもどかしさ。かっこいいというより、応援したくなるヒーロー。
同時に、こういう映画は対立する側含めて好きになるんだと実感したのも事実。
どういう作品か、全く知らずに見た。凄い。こんな不思議なストーリーは予想外。ラストもイケてる。
>|