皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2015年製作の映画)

Lo chiamavano Jeeg Robot/They Call Me Jeeg Robot/

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリ…

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.4
2018年15本目

タイトルだけで惹かれて鑑賞したが意外にも面白かった。
チンピラの男があるきっかけで超人的な力を身につけ、ATM強盗などを働くが、精神疾患の少女に出会う事で、少女の憧れのアニメ『鋼鉄ジーグ』になっていくダークヒーロー的な話。

AV好きでチンピラな主人公や、少女の闇、ギャング組織の闇などシュールな部分が多いが、低予算で上手く仕上げられており面白かった。
qoqbobpop

qoqbobpopの感想・評価

3.9
良い作品に巡り会えた!!!とても面白かった!!!

冴えない男が超人になってヒロインのために悪者をやっつけるっていう小学生が考えたみたいなストーリーだけど、その分単純に面白い!!本当に胸熱!!

特にめっっっっちゃ良かったシーンが、ラストで鋼鉄ジーグのマスクを被るところ、感動して涙目になっちゃいましたね...

とにかくオススメな映画!!
「イタリア発、新たなダークヒーロー誕生」

超人的なパワーを手に入れたおっさん主人公のエンツォが、惚れた女の為に悪に立ちはだかる話。という王道ストーリーなんだが、実際見てみるとかなり暗めで、ダークヒーロー的な雰囲気を保っている。

タイトルにある永井豪原作の「鋼鉄ジーグ」はあくまで物語のモチーフであって、知らなくても何ら問題なし。むしろ知らないからヒロインの娘が何言ってるか分からなくて電波でイライラしたわ。

それを踏まえても良かった。冴えないオッサンの成長記とした側面も持ってて、手に入れたパワーを最初は自分の為にしか使わなかった主人公が、段々とヒロイン、強いては皆の為に使うようになっていく。敵のボスも狂気を孕んだ小物ながらも魅力的。

なんでそんな謎パワーを貰えるのかっていう説明は無いし、細かいトコで色々ぶっ飛んでるが、それを補って余りあるB級映画。クライマックスのサプライズも含めて面白かった。
結構ベタなストーリーだけどスパイスが効いてて良かった
これがイタリアっぽさなのかな?

なんにせよハリウッドのヒーローものとは一風変わって面白かった
ken

kenの感想・評価

3.8
普通に胸熱。胸綺麗。

このレビューはネタバレを含みます

超人といえど早く走れないのがいい。
始めはおじさんだしパンツに靴下だし、大丈夫?って感じだったけど、最後のニットの技術(笑)すげー!
とり飯

とり飯の感想・評価

4.0
イタリアのヒーロー映画
ダークヒーロー好きにすすめたい

アニメ「鋼鉄ジーグ」自体は本編に登場するけど、ストーリーや設定に深く関わる感じではなかった

適役の除菌チンピラがいいキャラしてた
一方で主人公やヒロインはパッとしない
普通の人たちをヒーロー作品にぶち込んだ感じ

X-MENやキック・アスみたいな個性的な能力やヒーローがバンバン活躍するノリではない
万人ウケする作品じゃないかも

その辺全体的にぼんやりしてたので(-1)

それでも正義と悪が表裏一体で掴めないところなんかはよかった
イタリアらしさやヒーローらしさがちょっとずつ味わえて面白かった
日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」を題材にしたイタリア映画。サイボーグだったジーグに対して、本作の主人公は生身の人間。巨大ロボットも登場しないので、はっきり言うとジーグを知るおじさん世代(自分を含む)は、あまり期待し過ぎてはいけない(笑)

むしろ面白いのは、冴えないチンピラが放射性廃棄物を浴びた事で特殊な能力を身に付けるという設定。ヒーロー物なら「X-MEN」、怪獣ものならゴジラやジャミラに近い設定で、その"強過ぎない"能力が醸しだす悲哀に満ち、とても味わい深い。これ、僕の好きなパターンだ。

少し惜しいと感じたのは、主人公が守るヒロインの描き方が少々乱暴な事。単にぶっ飛んだ女に見えてしまい、恋愛ドラマとしての魅力に乏しい。

主人公を生身の人間にするのなら、日本のヒーローでも、例えばデビルマン辺りを題材にした方が良かったのでは?と思うのだけれど、ジーグを選んだ理由は、監督曰く「単純にジーグの色彩が好きだった」からなのだそう。そう言えばジーグのカラーは、緑、白、赤が主体。これってイタリア国旗の3色と同じで、イタリア人の心に響き易いのかもしれない。
>|