皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2015年製作の映画)

Lo chiamavano Jeeg Robot/They Call Me Jeeg Robot/

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリ…

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.4
2018年15本目

タイトルだけで惹かれて鑑賞したが意外にも面白かった。
チンピラの男があるきっかけで超人的な力を身につけ、ATM強盗などを働くが、精神疾患の少女に出会う事で、少女の憧れのアニメ『鋼鉄ジーグ』になっていくダークヒーロー的な話。

AV好きでチンピラな主人公や、少女の闇、ギャング組織の闇などシュールな部分が多いが、低予算で上手く仕上げられており面白かった。
「鋼鉄ジーグ」という名前に魅かれ鑑賞。
イタリアンなアメリカンヒーローもの。そのモチーフがジャパニーズ鋼鉄ジーグ。
ダメおっさんが、力を持つことでヒーローになっていくのがおもしろい。
アメリカンコミックヒーローとは違って、最初はお金欲しさにATM泥棒しちゃうとこなんか、人間らしくておもしろい。
終始人間臭くて飽きがこなかった。
イタリアはこのシリーズでやってくれへんかな。
次は「皆はこう呼んだ、マジンガーZ」みたいなやつ。
映画好きの知人情報で気になってレンタル観賞。

序盤から中盤にかけてはクライムものの体なんだけど、終盤にヴィランがヴィランらしくなってからは一転してヒーローものに。個人的にはバットマンっぽい要素もちらほらと感じました。

ヒロインが気の毒過ぎて・・・涙は出なかったけど、暗澹としてしまった。
(18年5月24日 DVD 3点)
オッサンの更正物語。
ジーグの背景だけ聞いて、スーパーヒーロー物とは思わずに見始めた。
スーパーヒーローという部分に引っ張られずに見た方が楽しめるかも。
観覧車が印象的。

普通の人がパワーを得たからって、いきなりスーパーヒーローになれるわけない。

キャプテン・アメリカのような気狂いでもない限り、誰もが悪いことに使おうと考えてしまうことだろう。

ましてや主人公は中年にして無職。アイスを食べながらAVを観るのが日課という有様。
前半はこいつのダメっぷりがくどいくらいに描かれて行く。

だからこそヒーローに目覚めた時の胸熱はひとしお。

応援せずにはいられないんだ。涙なしでは観られなかった。
ALCL

ALCLの感想・評価

3.6
ヒーローのオリジンストーリー。ところどころ間抜けなシーンがあって力抜けたけど全体的には暗い雰囲気だけど好き。
Toku

Tokuの感想・評価

2.8
気になった音楽たち
Supereroe/Michele Braga
Jeeg Robot l’uomo d’acciaio/Claudio Santamaria
こう呼んだのはあの子だけだよな。鋼鉄ジーグのフォルムからかけ離れてるし永井豪はダークヒーローの大家ではあるけどジーグってダークだったかなぁ…。力的に変態仮面以上ライダーマン以下ってとこかな。
20180519 #63
皆は呼んでないよね、ヒロイン一人だけ。
>|