皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2015年製作の映画)

Lo chiamavano Jeeg Robot/They Call Me Jeeg Robot/

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリ…

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.0
もしも、もしも、
ある日 自分が こんな超人になったとしたら その能力を何に使うやろか?
って考えてみても リアルな世界じゃ あんまり役に立たねーんだよな。。。
ワンピースのサンジも言ってたけど、もし能力者になれるとしたら やっぱり透明人間がいーな。

結局 この映画
どんな方向に持っていきたかったんだろ?
感動させたいなら子供を使った方がいいのに 中途半端なヒロイン使ってるし、、、
もっとコメディ感も出しつつ 最後は感動に持っていく・・ みたいな、そんな方向にもできたやろーし、、、
なんだか監督や脚本家たちが目指した方向性が まったく読めない。
つか、邦題が悪いのか?
『ジーク』と皆が呼んだと言うが、ダレも呼んでねーしっ!

オレは透明人間希望!
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ 鑑賞。

きょうび日本じゃ誰も呼んでないよ

ローマの何気ない街並みやうらぶれた路地裏の景色がすごく綺麗。

ベタなくらいわかりやすいストーリーなのに特に大きなひねりもなくアクションシーンというかは淡々と殺傷シーンや淡々とした人のやりとりが映される。特にラストシーンもお約束ぽいのだがわざとグッとくるような作りにもしていない…。ヒーローものを期待していたわけではないがあまりにも単調、なのだがやり過ぎてないのが魅力的でもある。

邪魔台国のハニワ幻人と戦っていたそもそもサイボーグの宙のジーグしか知らないので廃液でチートとなったり炎の帝国とかイタリアンアレンジされた作品のジーグがわからないので伝わりにくいのだがわざわざヒーロー像に鋼鉄ジーグを起用するあたりイタリア人が相当ジーグ好きなのはよくわかった。

ともあれ日本のヒーロージーグをフィーチャリングしてくれてありがとう、グラーチェ。

うーでが飛び出すばばんばん♫
やまだ

やまだの感想・評価

3.8
ヒーローものと言っていいのかな?永井豪原作鋼鉄ジークへのリスペクト・愛が半端ない!永井さんも嬉しいだろうなあ。(*´∀`*)とにかく渋い!!ヒーロー、ヒロイン、ヴィランはマーベルみたいな派手さはないのだけど、血の通った温かいものを感じられます。ヒーローだって人間だもの。

ヴィランが凄くいい!ダークナイトのジョーカーより好きだ。
rollpain

rollpainの感想・評価

3.5
うーん、、鋼鉄ジーグ要素以外は既視感ハンパない。
超人力の発現→葛藤?→目覚め的な構成は確かにヒーローものだけど、中々どうして他にない要素で出来てて魅力はあった。
ヒーロー像としてアメコミものに対するカウンター意識があるのはともかくヒロインが統合失調症的なのが個人的には驚いた。そうした彼女のヒーローの世界と現実とを混交させるような想像力がないと、力を得てもATM強盗やってアイスとAV買い込むしかすることないようなしがない男をヒーローに導くことはできないという現実の救いのなさは感じた。
Jin

Jinの感想・評価

3.5
“みんなの友達にならなきゃ。人を救えば胸がいっぱいになるわ”


盗みを働き警察に追われる独り身の男が、ひょんなことから超人的能力を得る。
心を病み、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の世界を信じる女性と出会い恋に落ち、本当のヒーローになっていく話。

社会の闇に生きる人たちを描いたシリアスな話みたいな始まり方なのに、めちゃくちゃふざけてる。

笑顔が少ないからシュールだけど、ローマを舞台にしてるだけあって、めちゃくちゃ真摯にキリスト教的「ヒーロー」に向き合った話だった。自己犠牲。

映像はところどころやすっぽいけど、YouTubeに溺れる悪役やテロに怯える人々、移民への恐怖感など、社会を映した部分も多くて面白かった。

戦闘シーンやグロテスクな殺戮シーンも多くて、びっくり。

ぶっ飛んでて分かりやすいけど、ちょっと長い感じがした。
この空気感不思議すぎる。ヒーローもののようでヒーローものではないが、なぜかヒーローもの。ちょいグロ。できればこの空気感別の映画で使って欲しい。
choco

chocoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

またしても全っ然期待せずに観たら面白かった作品(^^)

主人公のオジさんがとにかくリアル引きこもり中年で草生えるレベルd(^_^o)

能力使ってATM強盗からのヨーグルトとAV大量購入
更に集金トラック襲って買ってきたのがプロジェクターて......
どんな大画面でAV観るつもりだったのよwwwってなる
このオジさんにとっては其れが贅沢なんだよね みたいな庶民的小悪党だったりするのが地味ツボるんだよね〜

ヒロインもイタイ 可愛くもないし綺麗でもない だがそれがいい‼️
アニメショップで何かの衣装見てお姫様〜〜 ???ってなるんだけど納得が行く

個人的には面白かったd(^_^o)
>|