皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの作品情報・感想・評価

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2015年製作の映画)

Lo chiamavano Jeeg Robot/They Call Me Jeeg Robot/

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリ…

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」に投稿された感想・評価


冴えないおっさんヒーローになる

けどヒーローに目覚めるまでただの
強盗やしどすけべ野郎だ

ストーリーは王道だけど
意外にもしっかりしてて楽しい

すごくしっかりと首が吹き飛んでた

最後めちゃくちゃダサくて気に入った
俺がやらねば、誰がやる!

永井豪原作のアニメヒーローがイタリアで蘇った、昔懐かしダークヒーロー・・・と思いきや敵はハニワ原人じゃない!(;^ω^)シバヒロシ デナイシ

戦い方も、泥臭い。
正義感も、うさん臭い。
何よりコイツは親父臭い。

ある日、突然スーパーパワーを手にしたら、いきなり格好良く戦えるはずもなく・・・

逆にそれがリアリティー!
柴猫

柴猫の感想・評価

3.2
イタリア発のヒーロー映画。
不器用なおっさんが主人公なのは良い。
主人公の寂しそうな背中とトラウマを抱えたヒロイン。自分の殻を破って彼女に寄り添おうとするんだけど、なかなか上手くいかないというもどかしさ。かっこいいというより、応援したくなるヒーロー。
同時に、こういう映画は対立する側含めて好きになるんだと実感したのも事実。
どういう作品か、全く知らずに見た。凄い。こんな不思議なストーリーは予想外。ラストもイケてる。
dpunch

dpunchの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

見た時から「鋼鉄ジーグ」のタイトルに何気に惹かれて、「これって一体どんな内容なん?!」と気になっての鑑賞です。

一応ヒーローアクションなジャンルということですが、マーベル映画の様に特殊なスーツをまとったみたいなド派手な感じではなくて、主人公もちょっとおっちゃん風で泥臭く人間臭さ漂う雰囲気の映画でした。

なのですが、その人間臭さが何か観ていてジワジワ来てラストにはちょっとした感動と爽快感に包まれる、そんな感じがして結構面白かったです。

後で気づいたのですが、本作はPG12になってたみたいでヒーローモノにしては割と軽めのエグさといやらしさがありましたが、そこも人間臭さ溢れる部分なのかと思いました。
RY0

RY0の感想・評価

2.8
・2017/08/13

 現代イタリアの犯罪映画になぜか鋼鉄ジーグが絡んでくるB級映画。特に面白くはない。
超人になった主人公の前にあるものは善か悪か...。
というものですね。
ぶっちゃけこんな力持ったらそうなるわなっていう現実的な映画です。
そこから様々なストーリーや人物で広がっていくんだけど...、主人公側のストーリーがつまらない。本当に...。
逆に悪役となる敵側のストーリーは素晴らしい!ゴロツキ感出てるしマフィアの抗争のような展開も良い。1人が発砲したことによって全員が敵となる描写とか。
とにかくこの映画の監督は絶対面白いマフィア映画を撮ることができると思います!
次回作期待...。
う〜ん、おっさん ちとダサすぎないかぁ…
こういう感じで鋼鉄ジーグが出て来るとは!
>|