ぼぶ

愚行録のぼぶのレビュー・感想・評価

愚行録(2017年製作の映画)
3.9
ちょうどいいことに裏口があいていて





演技、音響、カメラワーク全てが見る人を気味が悪い世界に引き込んでいく。(いい意味で

登場人物みんなが歪んでて、徹底的にサイテーな人ばかり。
自分の周りにもその歪みはあると思うけれど、多分わからないものなんだと恐怖を感じた。

自分の理想を求めるのは悪くないし、でも求めた結果は何が起こるかわからないし、誰がキズつくのかわからない。
小出恵介は開き直りクソ野郎だけど、間違ってるって批判できないんだよね

妻夫木聡の演技もあの気だるさは あーこういうのがやばい人なんだなと実感。

満島ひかりのあの演技は今やってるカルテット同様すごいな

全体的に言えばかなり良作なのではないだろうか、(妻夫木くんのあのシーンや映画のポスター以外は

リースや赤ちゃんについてなどミスリードもあった気がしたのは、穿ち過ぎ?

レビューに後味の悪さが挙げられてるけど、あまり実感はなかった。どちらかというと、やっと終わったーという安堵、解放感。