愚行録の作品情報・感想・評価

愚行録2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊…

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は改めて真相を探ろうと関係者の証言を追い始める。しかし、そこから浮かび上がってきたのは田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった-。

「愚行録」に投稿された感想・評価

人生ってつまり愚行録
みゃー

みゃーの感想・評価

3.0
人の裏側の部分があまりにも出ていて、あまり気分のいいものではないですが、最後どうなっていくのかは気になり最後まで見ました。ただ自分にはよく分からなかったです。
ドロドロした人間関係が多々あり、実際にそういうことをする人もいるのかもしれないのかなと思いつつも、兄と妹の関係に対してはあまり現実的ではないように感じました。作者の伝えたかったことはなんなのでしょうか。
みてていい具合に気分悪くなる
まる

まるの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

幼少期からくらーい人生を送ってきた主人公とその妹。コンプレックスの塊となってしまった二人が、自らの人生の鬱憤を晴らすかのように、リア充を殺してしまう。
その気持ち、分かるで。と言いたくなる。
内容全く知らずに、キャストのメンツだけで観ようと思った作品。終始暗い上に声が小さいから、イヤホン付けてないとセリフが全く聞こえない。。
世の中はすげぇ自己中で、当たり前のように他人を利用する人間と、利用される側の人間に分かれるし、その差はきっと生まれた時から決まっている。バカな親が子や孫の世代まで不幸にしてしまう恐ろしさが表現されている。
大学時代、入学早々キャッキャしてる内部生のグループがウザかったのを思い出した。
結局ナツハラさんは魔性だったのか、天然だったのか(私には)分からず。
邦画らしい、じめじめしたサスペンス。隠れていた事実があまりにも淡々と明らかになってゆくのが逆に不気味。人間の、特に女のこういう汚い攻防戦は、ファンタジーではなく、現実でもそこらじゅうで繰り広げられている。些細な不満・嫉妬・懐疑心・遊び心が生む些細な諍いが、時に人の狂気を助長する。愚行録というタイトルの秀逸さが沁みる。妻夫木聡がやっぱりいつ見ても演技上手い
ぽこ

ぽこの感想・評価

-
気味の悪さが残る映画。でも愚行は愚行をおかした人のトラウマから作り出されるもの。
3度の衝撃という煽り文のせいかな、正直物足りない
愚行がすべて身近に起こりうることの連続で怖さが増幅されてく。
脚本家が好きで見たんだけど、あの話の構成は誰の仕事なんだろう。
me

meの感想・評価

2.5
記録
Yumi

Yumiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

子どもは親を選べない。ブッキーと満島ひかりは確かにダメなことをしてるけど、一番ダメなのは二人の母親。安易に子どもを産むなの一言。そんな環境の中、名門とされる大学に入った満島ひかりも出版社で働くブッキーも凄いと思う。立派だと思う。まともに愛情を受けて育ってたら、すごく素敵な大人になっただろうに。
大学のヒエラルキーって、あるよねー。高校でもあるけど。うっとおしい。男友達に女を宛がう女って気持ち悪い。まわされてみて、人の心の傷みを知りなさいって感じ。
とりあえず、やっぱり満島ひかりすきだー。
>|