愚行録の作品情報・感想・評価

愚行録2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊…

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は改めて真相を探ろうと関係者の証言を追い始める。しかし、そこから浮かび上がってきたのは田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった-。

「愚行録」に投稿された感想・評価

人生ってつまり愚行録
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.9
妻夫木聡と満島ひかりの演技に感動。

とりあえず暗い。重い。濁りすぎ。
登場人物多いけど、人が人を踏み台にして自分がよければいいとか女の裏の顔とか人間の汚い部分を沢山みせつけられる。

でもその汚い部分が日常によくあるようなものもあって心が痛い。怖い。

終わってからの嫌な余韻がすごい。
辛いけど嫌いじゃない!
Andersen

Andersenの感想・評価

3.9
面白い
いちいち自分の愚かさを測られてる感じ
だいぶ散らかされたから数ヶ月経ったらあらすじは覚えてないんだろうけど面白かった

これを見ると人間は皆愚かな生き物だって思う。だけどそんなような愚かさが全く感じられない本当に正直で太陽のような人って、たまにいるなとも思う。そして自分もそんな人になりたいと思うけど、そんな事考えてる自分は愚か者だなって思う。
meho

mehoの感想・評価

4.5
繋がった…
うーむ。満島ひかりの大学時代の出来事と妻夫木との関係かどちらに重きを置いているのかブレてしまっている感じがしました。兄妹としてぶっ壊れてるなら大学時代や殺人はなんなのか?うーむ
ポーランドで映画を学んだ石川慶監督の長編デビュー作。『悪人』の妻夫木聡と満島ひかりが共演している。

まず、オープニングが秀逸。質感といい画面のタッチといい他の邦画には感じられない雰囲気を纏っている。そこに本作(特に妻夫木聡)がもつ鬱屈とした暗さが合わさり、乾いたイメージを全編にわたって抱かせる。また、尺としては長くはないが時折みせるホラー色も鬱々した厭なノイズ(誉めてます笑)を奏でている。そして作品全体を支えるのが妻夫木聡と満島ひかりの演技。どちらも病んでいて、活力を感じさせない、虚ろな目をしている。その一方で大学での一瞬の楽しかった ひとときは本当に楽しそうで満島ひかりの演技力の高さを再認識できた。

そして、各登場人物の造形と演出も的確。厭~なセックスの扱いや各証言者が皆ほとんど喫煙しているのは明らかに「普通」の陰に潜んでいる「善でない部分」の強調であり、効果的である。そして、各証言者の語りも総じて主観本位であり、それぞれの勝手気ままさやエゴを醸し出す。階級、カースト、その意識の有無を問わずある種の選民思想の中で渦巻く人間の醜く、愚かな様相を描いている。逆に言えば、そうして作られる理想的で幸せな「普通」はエゴイズムを内在している、ということなのか。

ただし、本作の問題点は、基本的に作り手の「悪趣味」に終わってしまっているように感じてしまうところだ。ドヤ顔で厭~なものを見せつけてきている感じが否めず、登場人物が多いということもあり、綺麗にまとまりきっていないような感じを受ける。ラストで衝撃の事実が発覚するのだが、それも何かロジックを吹っ飛ばした取って付けたようなものに感じてしまう。作品全体としてどこか人を見下しているような…。あくまで僕個人のフィーリングの問題である、という可能性は大いにあるが。

とは言え、邦画としては異色のサスペンスとして普通に楽しめるし、本作が長編デビューの石川慶監督の今後も気になる。おすすめです!
のどか

のどかの感想・評価

3.0
ある週刊誌記者が、理想的な家庭、と思われていた一家の惨殺事件の真相を聞いて回る物語。

ああなるほど、〝愚行〟の〝録〟ね。そのまま。こんな人間関係いくらでもあるよなと思う。自分の周りにもあるしさ、とりあえず共感出来すぎてしまって恐ろしくなった
T木

T木の感想・評価

3.6
満島ひかりの一人語りが最高
壺尊師

壺尊師の感想・評価

3.4
いやーな感じの登場人物ばかりなんだけど、そのいやーな塩梅が絶妙で、いるいるこんな人!というリアルさがある。
結局そこに返ってくるのね、と。
因果応報だ。
>|