愚行録の作品情報・感想・評価

愚行録2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:120分

3.7

あらすじ

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊…

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は改めて真相を探ろうと関係者の証言を追い始める。しかし、そこから浮かび上がってきたのは田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった-。

「愚行録」に投稿された感想・評価

人生ってつまり愚行録
aco

acoの感想・評価

3.5
終始目が離せなかった。
暗くて湿り気を帯びてて、ちょっと息苦しさもあるんだけど。

話云々よりも役者さん達の巧さが際立ってた。
妻夫木さんはいつからこんな良い俳優さんになったのかなぁ。「悪人」辺りは、他の俳優さんに負けてる感はあったんだけど、今回恐らく1番の愚か者。巧かったです。

満島さんは破綻した役、唸る巧さ。愛されたことがない役だから、自分の子への愛し方がわからない。彼女にとって「殴ったりする=虐待」で、「何もしないこと」が虐待には結びつかなかったんだろうけど、捕まっても尚悪びれることがないのが恐い。

中村倫也さんの過去と現在のギャップが素晴らしかった。学生時代、全く違和感ないんだけど、現在の華のなさ、凄いわぁ。
臼田あさ美さん、眞島秀和さん、市川由衣さん、皆んな巧みで、ほんと役者さんたちに唸った。
小出恵介さんも、あんなことがなければ、こういう役ほんと巧いと思うんだけどね、残念…。

話はというと、売り文句の「三度の衝撃」はそこまで衝撃ではなかった。ジワジワ〜と「あぁ、そういうこと」といや〜な感じでわかってくるから、衝撃はない。
妻夫木くんは記者役なのに、そんなにメモ取ってる感もなく、炙り出してたんだよね、「犯人じゃなくて犯人を知ってる人」を。

愚行録。人は愚かな生き物です。それをまざまざと見せつけられる作品。だから、反吐が出るのね。
満島ひかりの演技がすごい
壊れた人間っぷりが表現されてて魅入ってしまった
ゆーひ

ゆーひの感想・評価

3.8
妻夫木聡の雰囲気と満島ひかりの壊れ具合が怖いほど。物語自体の後味の悪さも相まってとにかく引き込まれる。
話が進むにつれて、利用される人間の諦めの感情がジワジワと染み出してきて、最後にそれで満たされる。
それが気持ちいいと感じられるほどよくできている。
そして叫ばない満島ひかりは少し新鮮。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
小出恵介の騒動で上映中止。まぁ、役も役だよね、この役じゃ。で、出てくる奴みんな考えの足りないおろそかで、馬鹿げた奴。つまり愚行者達の愚行録。でも、みんな少なからずあるよね、そーゆーセコい部分。って思った。
3104

3104の感想・評価

-
記録用
じゃす

じゃすの感想・評価

3.6
‪こんなに役者全員が素晴らしい映画って最近あったかな。
妻夫木聡の最初のシーンのインパクト。
中村倫也、臼田あさ美、小出恵介が特にいい。
満島ひかりは当たり前にいい。
松本若菜さんは初見だけど、檀れいに似てたな。あの役ハマってるなー。
てことでオススメ!‬
‪#愚行録‬
>|