愚行録の作品情報・感想・評価

「愚行録」に投稿された感想・評価

nnm

nnmの感想・評価

4.1
生々しくて、ぞっとしてしまう話。
人間のいろんな側面を見た。

『仕掛けられた3度の衝撃』
というのも、わかる。
Mi

Miの感想・評価

3.5
2018.97
YURI

YURIの感想・評価

3.4
さほど衝撃を受けなかった。
妻夫木は安心して見ていられる。
万太郎

万太郎の感想・評価

3.7
重い…とのレビューが多くあったので、少々身構えて、見終わったらザ・マンザイの録画でも見ようと事前に心の準備をしつつ、いざ鑑賞。
で。
確かに。グサグサきました。役者さんたち(特に妻夫木くんと満島さん)、撮影の後、役を抜くのに苦労したんじゃないかなと心配になるほど…。
そして、グサグサが強かったのは、きっと自分にも当てはまるところがあって、世の中の日常にも結構普通に起こりうることだからかな?と感じました。

この映画から学んだことは、考えることと行動は別ということ。人間紙一重なんだってことを忘れてはいけないと思いましたね。
a

aの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ胸糞悪い人間ばっかり。それ以上に苦しいのは、誰もその愚かさに例外はないと突きつけられいることだ。

「悪」ではなく、「愚」。
この違いは一体なんなんだろう。
この映画を観て、考えさせられた。

最初のバスシーンや無数の手が表すものを考えると深いな…。
だいぶ前に観てレビューを書きそびれていたけど、『来る』を観て思い出した。

妻夫木聡と満島ひかりの演技だけでも観る価値アリ!!
「いろんなタイプの愚行の宝石箱や~」ぐらいの気持ちで観ないと、ズーンと心が重くなって立ち上がれない。
「おまえにもこういう部分あるだろ?」って突きつけられるような。
そして小出恵介が小出恵介っぽくて、ざわつきます……笑
Ramu

Ramuの感想・評価

4.5
全編インタビュー形式で進む原作がどのように映画化されるのかということに興味があったのですが、映画的なアレンジがかなり加えられていて本当に素晴らしかったです。
冒頭とラストに原作には無かったシーンを挿入することで、よりこの映画の悪意が観客に波及してくるようで本当に嫌な気持ちになりました(笑)
これが監督長編デビュー作とは思えないぐらいの大傑作だったと思います。
これ以上のタイトルはないくらいTHE愚行録。内容重めだけど無駄な部分なくてさらっと一気に集中して観れた。結構見やすくて好き。
満島ひかり👏👏
あやこ

あやこの感想・評価

4.0
はじまりからやばかった。
なんか話の持っていきかたが強引やな。
満島ひかりはよかった。
>|