ハルチカの作品情報・感想・評価

ハルチカ2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:118分

3.1

あらすじ

恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ。 音楽を通して重なり合う、二人のまっすぐな想い。 ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。 入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はな…

恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ。 音楽を通して重なり合う、二人のまっすぐな想い。 ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。 入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった!大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに奔走し、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進む。そんなチカの姿を見て、ただの幼なじみだったハルタのチカを想う気持ちに、少しずつ変化が生まれ始める。それに合わせて二人の関係も動き始め……?

「ハルチカ」に投稿された感想・評価

これでハルチカを名乗るな。一本の映画としても齟齬をきたしてるが、看板をそもそもハルチカにする必要性が全くなかった。
思わず(ブログ)再開するほど嘆き悲しみ怒った件
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/03/15/130000
木綿

木綿の感想・評価

2.3
中身がなかった

ハルタとチカちゃんがかわいい
17

17の感想・評価

2.5
原作未読アニメの最初の方だけ。謎解きのイメージがあったのでこんなに吹奏楽してたの?という印象。
無理矢理な展開とチカちゃんのキャラがわたしにはあわなかったです。(橋本環奈ちゃんはかわいい)
佐藤勝利くん顔が良いのとチカちゃん呼びはかわいすぎる。ずるい。
リアルなところといやそれダメじゃない?というところ両方あってなんだか不思議な感じ
おいおい、なんの話だコレ。観終わった後に予告編観直したら、まあ良く出来てることw部活青春ムービーにしては各エピソードがお粗末過ぎて集中力は低下する一方。各キャラのバックボーンが、んなワケない!という人ばかりでシラける。小出恵介のキャラが気持ち悪い。ラストはシラけるのを超えてバカにしているのかと思った。『青空エール』、『くちびるに歌を』、ドラマ「仰げば尊し」等、吹奏楽部(合唱部)モノは泣けてナンボだと思うんですけど。
macco

maccoの感想・評価

2.0
途中で退屈になってしまった。
mao

maoの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

序盤は暴力的な橋本環奈を楽しむ。

部員が集まってからは急にリアリティが増す。
ます一人一人個性あるし垢抜けない感じ、スカート膝丈、それに繋がりそうな長い白ソックス履いてたり、本当の高校生ってそう!最近の恋愛映画みたいに足長くてスラーっとして顔ちっさ〜い子なんて滅多にいない!
チカが一人部屋を出て行ってからのもめ始めるシーン、カメラ固定なの、珍しい。
正直最初は誰がしゃべっているか分かんない感あったけどだんだんヒートアップしてきて動き始めてそんな違和感はなくなる。

普通、あんだけ練習して上手くできるようになって本番失敗する、とか綺麗にまとめるならありえない展開。

それが最後の演出のため、そしてめっちゃクラリネット上手い女の子が部員にならなかったのもそのためって考えると単に本番で大成功して金賞っていうより綺麗に収まる!あり!!

橋本環奈が出るからって安易に借りたけど大穴だった!好きだこれ!!
原作やアニメ版を知っている、まだ"静岡市清水区"が"清水市"の頃からの静岡市民です。ナゼ福岡のご当地アイドル橋本環奈を起用したのか(「天使すぎるアイドル」←日本語おかしい SoftBank等のおかげだろう)清水出身には"広瀬すず"他多数いるぞ!!
当作公開の時期を考慮すると映画内に登場する静鉄(しずてつ 静岡鉄道)のバスの車体カラーは現在では走っていません(現在は銀ボディに青ライン)。
・・・で顧問先生役が、アノ「小出恵介」・・・
RyoS

RyoSの感想・評価

3.1
吹奏楽がテーマということで、音環境の悪い飛行機で観たのは残念だった。

原作とかアニメとか何も知らないので何とも言えないが、チカとハルタの関係が恋愛に発展せず、幼なじみの域を越えなかったこと、安易なサクセスストーリーでないこと、世界がほぼ高校生だけで完結してた事が良かった。中盤、チカが練習を飛び出して部員で喧嘩する6分の固定・長回しシーンは、これはキャストや原作頼みで中身からっぽ映画ではないんだぞと言わんばかりで観応えがあった。残念だったのは、ラストに先生、校長も含めて踊り出して無理矢理丸く収めようとしてたとこ。もっと中途半端で、余韻に満ちたラストをハルチカに望むのは贅沢だったのかもしれない。
Y

Yの感想・評価

2.5
話の展開が無茶苦茶すぎる。苦労してでた大会も一体なんだったのか?ラストも何これな感じです。
nori007

nori007の感想・評価

1.0
前日に「チア☆ダン」を見てしまったのがまずかった。
シチュエーションとしては同じなのだが、こちらは終始鬱展開。
「チア☆ダン」はサクセスストーリーなのだが、こちらは主人公がソロパートをちゃんと吹けるようになるまでというハードルの低さ。というかそんなレベルなのか!?と今更ながら驚くのだけど、自分はまったく出来ないのにどうして吹奏楽部を作ろうとするのかまったくわからない。それなのに結構オラオラのキャラなところも同情できないポイント。

したがって恋愛も盛り上がらずコンテストも大したこと無くずっとローテンションのまま終わる。これ映画にする必要あったんですかねぇ。

唯一、まだ太る前の橋本環奈が出てきたのはよかった。
>|