ハルチカ(2017年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:118分
    監督
    市井昌秀
    脚本
    市井昌秀
    原作
    初野晴
    キャスト
    佐藤勝利
    橋本環奈
    恒松祐里
    清水尋也
    前田航基
    平岡拓真
    上白石萌歌
    志賀廣太郎
    小出恵介
    あらすじ
    恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ。 音楽を通して重なり合う、二人のまっすぐな想い。 ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。 入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった!大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに奔走し、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進む。そんなチカの姿を見て、ただの幼なじみだったハルタのチカを想う気持ちに、少しずつ変化が生まれ始める。それに合わせて二人の関係も動き始め……?

    「ハルチカ」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2017/03/14
    1.0
    これでハルチカを名乗るな。一本の映画としても齟齬をきたしてるが、看板をそもそもハルチカにする必要性が全くなかった。
    思わず(ブログ)再開するほど嘆き悲しみ怒った件
    http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/03/15/130000
    tak
    takの感想・レビュー
    12時間
    2.7
    橋本環奈かわいい!今年度観た中で一番クレイジーな作品でした。
    トマ姫
    トマ姫の感想・レビュー
    1日
    3.0
    音楽映画は大好きだから期待してたんだけど、眠くなる一方で。部員集めに尺 取りすぎじゃなかなぁ。肝心の演奏シーンが少なくて音楽を楽しむことができなかった。

    ハルタで表現されていた独特の間は嫌いじゃないな。勝利、演技うまくなってた。固さはハルタとしてなのか経験不足から来るものなのか?何はともあれ、Blu-rayが出たら彼の演技にフォーカスしてもう一度観たい。

    かなり耳に残るあのフレーズは、上映後どこかの子供がさっそく口ずさんでたよ(笑)
    磯野マグロ
    磯野マグロの感想・レビュー
    2017/04/17
    3.0
    前半は、脚本も演出も雑すぎ。
    吹部になったあとは多少見てられる。
    主演ふたりはひたすら顔面偏差値が高く、
    とりあえず眼福なのは間違いなし。
    Yuina
    Yuinaの感想・レビュー
    2017/04/16
    2.6
    記録
    myknmc
    myknmcの感想・レビュー
    2017/04/16
    3.0
    テーマ曲がけっこう好き
    なんか聞いていたくなる
    り
    の感想・レビュー
    2017/04/15
    -
    しょりたん、かんなちゃんの美しさを楽しむ映画。
    ストーリーはあって無いような感じで若干冷めつつ見てたけど、「出来たー!」の笑顔で涙腺崩壊してしまった…
    かんなちゃんの演技、光ってました。
    みんながケンカになるシーンもめちゃくちゃ長回しで、舞台見てるみたいだった。あのシーンは自分も部員の一人になったみたいで、楽しかった。
    あと気持ちいいくらいの当て振りなので音楽が素晴らしく、笑、感動させられた。
    あそこで木星を流されると、吹奏楽経験者としては心にビシビシキました
    はるな
    はるなの感想・レビュー
    2017/04/15
    3.7
    印象的な曲やフレーズがあって、観賞後に曲を聴くだけで体の奥から何かが湧きあがるような感覚になりました。
    劇場でみてよかったな、と思う作品でした。
    少しご都合主義な展開かもしれないですが、フィクションで、しかも主役はまだ若くて輝く未来を想像している高校生たちなんだから、こんな展開でもいいんじゃないかな、と私は思いました。
    コリ
    コリの感想・レビュー
    2017/04/13
    3.0
    高校で再会した幼なじみのハルタとチカが、弱小吹奏楽部のメンバーを集めコンクール出場を目指す。

    原作は青春ミステリー小説とのことですが、ミステリーな展開は感じらなかったです。
    映画「ちはやふる」のような青春スポコン映画!
    吹奏楽の演奏シーンとクライマックスは感動しました。
    >|