風来坊

追憶の風来坊のレビュー・感想・評価

追憶(2017年製作の映画)
2.5
昭和の映画と見紛うオープニングクレジット。雪が舞う荒涼した海の映像に「ああ…これから重いお話しが始まるんだな」という心構えが出来るので良い。本格ミステリー、サスペンスとして期待して観たのが間違いでした。実際は過去の事件や現在の殺人事件を下敷きにしたヒューマンドラマでした。

真犯人は降って湧いたような形で判明するし、結局は過去に縛られた刑事の思い込みと空回りだったように思う。まあそれでそれぞれが過去の呪縛がほんの少しだけ解けたならいいのかも知れません。ここの刑事は好きになれない…メンマが嫌いなら頼む時に抜いてくれって言えばいいのにな…食べ物粗末にしちゃイカン。幼い頃の恵まれない設定がこれによって説得力が無くなります。

降旗康男&木村大作のゴールデンコンビだけに風景の映像などこだわりを感じられ綺麗です。丁寧な心理描写と懐かしさを感じる演出と切ない物語で魅せる映画でした。しかし、自分の好みの映画ではありませんでした。