追憶の作品情報・感想・評価

追憶2017年製作の映画)

上映日:2017年05月06日

製作国:

上映時間:99分

3.3

あらすじ

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(…

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(木村文乃)の妊娠、新居の建築と幸せの絶頂の中、 なぜ、事件の真相を語ろうとしないのか。 被害者、川端悟(柄本佑)——— 倒産寸前の会社と家族のため、金策に奔走していた。 なぜ、殺されなければならなかったのか。 25年前、親に捨てられた3人は、 涼子(安藤サクラ)が営む、喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていた。 常連客の光男(吉岡秀隆)とともに5人はまるで家族のような間柄になった。 だが、ある事件を機に、その幸せは終わった。 無実を信じる四方の問いかけにも、田所は口をつぐむ。 一体、何を守ろうとしているのか。 3人の過去に何があったのか。 複雑に絡みあった壮大な人生のドラマは、 25年の時を経て、再び運命の歯車を回し始める。

「追憶」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2017.05.24鑑賞。
邦画界を代表する30代の役者が勢ぞろいし、オリジナルストーリーを降旗監督が撮る。実に贅沢な作品。しかし、その試みは成功とは言い難い。
上映時間が100分とこの手の作品にしては非常にコンパクト。おそらくかなりの分量を編集でカットしたのではないか。そのため、お話自体はサクサクと進み、観やすいのだが、その分、感情移入がしづらくなっている。安藤サクラは逮捕されたのかどうか、3人の少年たちはその後、どういう境遇を辿ったのかはもう少し丁寧に描いていた方が良かったと思う。
また、小栗旬が黙秘していた理由が、論理的に飛躍というか、あまりにも最悪の事態を想定しすぎという印象が残る。
また、日本海に沈む夕日の画は美しいのだが、あまりにもそればっかりで、ありがたみが無いというか、ここぞというときに使ってほしいと思う。合成バレバレだし。
Mちゃん

Mちゃんの感想・評価

2.3
キャストは豪華だけど、
結局何を伝えたい映画なのか
イマイチよくわからず…。
KRSK

KRSKの感想・評価

3.2
淡々としておもしろかった。

キャストがとても豪華。

映像が綺麗で町の雰囲気や気候、においなどが、ありありと立ち昇ってくるようでした。
キャストがとても豪華揃い
思ってたより良かった
scarface

scarfaceの感想・評価

3.3
木村大作さんの入れてくる風景ショットがやっぱり雄弁ですなぁ。
k155

k155の感想・評価

3.5
おもしろい
まゆぴ

まゆぴの感想・評価

2.8
普通の人間ドラマって感じ、音楽はめっちゃきれい
>|