追憶の作品情報・感想・評価

追憶2017年製作の映画)

上映日:2017年05月06日

製作国:

上映時間:99分

3.3

あらすじ

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(…

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(木村文乃)の妊娠、新居の建築と幸せの絶頂の中、 なぜ、事件の真相を語ろうとしないのか。 被害者、川端悟(柄本佑)——— 倒産寸前の会社と家族のため、金策に奔走していた。 なぜ、殺されなければならなかったのか。 25年前、親に捨てられた3人は、 涼子(安藤サクラ)が営む、喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていた。 常連客の光男(吉岡秀隆)とともに5人はまるで家族のような間柄になった。 だが、ある事件を機に、その幸せは終わった。 無実を信じる四方の問いかけにも、田所は口をつぐむ。 一体、何を守ろうとしているのか。 3人の過去に何があったのか。 複雑に絡みあった壮大な人生のドラマは、 25年の時を経て、再び運命の歯車を回し始める。

「追憶」に投稿された感想・評価

ひいろ

ひいろの感想・評価

4.0
日本海を見て育ったからかな、オープニングの映像が荒波から天使の梯子に移り変わる様だけで泣けました笑

サスペンス色はスパイス的な感じ。あの頃少年達が渇望していた愛情を与えていたのは、あの人で。無償の愛って血の繋がりが全てではないんだな、親子ってなんだろうなって、希望と絶望が綯い交ぜになる切なさで。
愛に飢えて愛を求めて、寂しさを知る。気付いてなかった愛に気付いて。
エンディングが終わってからの方が涙が込み上げてたまらんかった。
かか

かかの感想・評価

3.3
岡田くんのアクションは見られず残念。私はてっきり、小栗くんが、、、。スッキリしない気持ちを抱えたまま見続けラスト、えっ?そうなの?
予告映像から思い描いていたのとは違っていたなぁ。
Hanae

Hanaeの感想・評価

3.9
この重苦しい感じの映画好みです!

ただただもう少しお話しに、あともう一つ何かあればもっとよかったのに...豪華俳優陣使ってるし...

岡田くん険しい表情と暗い(というか不安?冷たい)バイオリンのBGM...音楽の使い方も好きでした...

個人的に安藤さくらさんの演技やはり光ってましたね、、キレイなお姉さんと数年後の車椅子姿の女性...演技力すごい!

あと安田さんの役もすごくいいよね...うん上司は少し嫌な感じがしたけど...
役者が豪華な、良い映画風の映画。
himaco

himacoの感想・評価

3.4
昭和の匂いのする、暗く重ための作品。
キャストは割と好き。

岡田准一の終始思い詰めたような表情が重苦しく、柄本佑の妙な明るさも危うさを感じる。
そして小栗旬の覚悟。

重たくこちらも感情を抑えてる中に少し気になるところがちらほら。
小栗旬の妻の木村文乃のテンション。
後半、妻の長澤まさみとの会話に頑なな岡田准一。
妻の出産真っ只中の小栗旬。
キャストが豪華で脇役ですらみんな有名人。でも内容はなんとなくもの足りませんでした。
Y

Yの感想・評価

3.1
ストーリー 6
映像 6
音楽 6
演技 7
感動 6

だいぶ前に見てレビュー忘れ💦
だいぶ前すぎてもうあんまり内容覚えてない…(´-ω-`)
とりあえず、出演者が豪華だったのに、なんとなく物足りなさ。
見終わった後のやりきれない感。
>|