追憶の作品情報・感想・評価

追憶2017年製作の映画)

上映日:2017年05月06日

製作国:

上映時間:99分

3.4

あらすじ

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(…

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(木村文乃)の妊娠、新居の建築と幸せの絶頂の中、 なぜ、事件の真相を語ろうとしないのか。 被害者、川端悟(柄本佑)——— 倒産寸前の会社と家族のため、金策に奔走していた。 なぜ、殺されなければならなかったのか。 25年前、親に捨てられた3人は、 涼子(安藤サクラ)が営む、喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていた。 常連客の光男(吉岡秀隆)とともに5人はまるで家族のような間柄になった。 だが、ある事件を機に、その幸せは終わった。 無実を信じる四方の問いかけにも、田所は口をつぐむ。 一体、何を守ろうとしているのか。 3人の過去に何があったのか。 複雑に絡みあった壮大な人生のドラマは、 25年の時を経て、再び運命の歯車を回し始める。

「追憶」に投稿された感想・評価

YukoKodama

YukoKodamaの感想・評価

3.8
最後の展開が良かった。
夕陽が印象に残る映画。安藤サクラ好き。
炒飯

炒飯の感想・評価

4.0
小栗旬、岡田くん、ヤスケン見たさに

かんっけいないと言っているだろぅ!!

何度も最近の邦画DVDの予告で聞いたセリフを直に聞けました笑

柄本佑の演技が最近好きになり始めている。タスクって、すげー名前
ヤスケン、グッジョブ
小栗旬が最後の方大泉洋に見えたのはなぜ笑

富山を舞台にしてましたが、CGが荒くて、そこが残念

後半の展開好き
M

Mの感想・評価

-
あっさり。悔しいと思った。
BND

BNDの感想・評価

2.0
雰囲気と音楽と三人の男とその男二人の女ってだけ。
そうじ

そうじの感想・評価

3.2
ザ、ヒューマンドラマ邦画!
古き良き時代の映画、鉄道員や北の国からのような独特な哀愁漂う雰囲気はとてもノスタルジックでした。小栗好きで借りたのですが、エンドロール見たら降旗監督だったのでびっくりしました。
そりゃあこの雰囲気になるわ!と一人で納得しました(笑)
冬の夜に一人でしんみりと、熱燗とさきイカで見たい映画でした。
yukinko

yukinkoの感想・評価

3.8
守りたいものは人それぞれ。いい作品でした。
しむら

しむらの感想・評価

3.9
一日の終わりに「今日も無事終わりました。ありがとうございました。」て呟く人の気持ちを考えた






私はいつも寝る前に今日あった良かったこと、嬉しかったこと、いい事したなってこと思い浮かべてるけどね
そうすると夢見がいい気がする!
キャストで観よ思たけど。。なんだろかこれ
>|