追憶の作品情報・感想・評価

追憶2017年製作の映画)

上映日:2017年05月06日

製作国:

上映時間:99分

3.4

あらすじ

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(…

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(木村文乃)の妊娠、新居の建築と幸せの絶頂の中、 なぜ、事件の真相を語ろうとしないのか。 被害者、川端悟(柄本佑)——— 倒産寸前の会社と家族のため、金策に奔走していた。 なぜ、殺されなければならなかったのか。 25年前、親に捨てられた3人は、 涼子(安藤サクラ)が営む、喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていた。 常連客の光男(吉岡秀隆)とともに5人はまるで家族のような間柄になった。 だが、ある事件を機に、その幸せは終わった。 無実を信じる四方の問いかけにも、田所は口をつぐむ。 一体、何を守ろうとしているのか。 3人の過去に何があったのか。 複雑に絡みあった壮大な人生のドラマは、 25年の時を経て、再び運命の歯車を回し始める。

「追憶」に投稿された感想・評価

クロ

クロの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

親じゃない女の元で育った三人の少年!
大人になりお金を借りに行った後に殺される!
犯人は奥さんと従業員!
小栗旬の嫁は子供の頃育ててくれた女の子供で嫁はその事を知らない!
25年前…友人だった3人はある事をきっかけに交わることのない人生を送る
…はずだったが、一つの事件をきっかけに容疑者、被害者、刑事として関わることになる。

もう若手と呼ぶには無理があるがベテランではない主要キャストをシブめのベテラン達が脇を固める。

ストーリーに目新しさはなく、可もなく不可もなくだが、カットやコマ割が良い。
岡田准一を後ろから肩を組むようにして、友人として言葉をかける江本祐(夫)
岡田准一に長年の苦労を聖母のように包む安藤サクラ(妻)
普段馴染みのあるのが太平洋だから、日本海の荒々しさが絵になる事を知った。
そしてラストの夕日からの月

これが木村大作なのか。
岡田准一がカメラマンした事でも話題になった本作。しっかり「カメラマン」でもキャストされてました。

「まだメンマが嫌いだってよって」
これがきっかけとなって泣けました。
久々にこういう染みる邦画観た😌
脚本もキャストも音楽も、いい作品だと思わせてくれる要素が揃っていて観る前から安心だったけど、本当にいい作品だった。

冒頭からあの音楽。静かなどこか哀しいこの映画のテーマ曲のあと、不穏な音楽で物語が始まる。
開始5分であの安藤サクラの演技はやばい。やばいとしか言いようがない。

キャストが豪華すぎて何回か悶絶笑

犯人がまさかのまさかだったし、そこ繋がってるんか!っていうのが面白かった。
一歩先の感情を読み取るのは難しいなぁ。

あ、3人の顔と名前(子供時代特に)を一致させておかないと途中で分からなくなるかも笑
顔的には絶対小栗旬と小林喜日やけどな〜演技力は流石やし、篤役になったんだろうな🤔
すず

すずの感想・評価

4.7
小栗旬が犯人と思ってたからビックリした。
悲しい話。
柄本佑の演技はすごい。
2018.01.17
合成?の違和感
キャストが豪華なとこが映画。

けど…合成映像とか、模型とか、なんか…出来栄えが火曜サスペンスみたいで…ごめんなさい、笑ってしまった。

ストーリーはよかった。
役者さんたちも豪華なだけあって演技は見応えあった。
nankyoku

nankyokuの感想・評価

2.8
出来事の受け入れ方って
いろいろあるんだなって
思った

誠実な生き方も
ひとつじゃない

だから、
いろいろな生き方を否定しない。
そうしようって思った。
>|