追憶の作品情報・感想・評価

追憶2017年製作の映画)

上映日:2017年05月06日

製作国:

上映時間:99分

3.4

あらすじ

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(…

25年の時を経て交錯する7人の愛の行方とはー 富山県の漁港で殺人事件が起きた。 事件によって、かつて親友だった3人は、 刑事、容疑者、被害者として再会することになった。 刑事、四方篤(岡田准一)——— 妻(長澤まさみ)へ自分の心をうまく伝えられず、すれ違いの日々を送る。 なぜ、愛する人にも心を開くことが出来ないのか。 容疑者、田所啓太(小栗旬)——— 会社の好転、妻(木村文乃)の妊娠、新居の建築と幸せの絶頂の中、 なぜ、事件の真相を語ろうとしないのか。 被害者、川端悟(柄本佑)——— 倒産寸前の会社と家族のため、金策に奔走していた。 なぜ、殺されなければならなかったのか。 25年前、親に捨てられた3人は、 涼子(安藤サクラ)が営む、喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていた。 常連客の光男(吉岡秀隆)とともに5人はまるで家族のような間柄になった。 だが、ある事件を機に、その幸せは終わった。 無実を信じる四方の問いかけにも、田所は口をつぐむ。 一体、何を守ろうとしているのか。 3人の過去に何があったのか。 複雑に絡みあった壮大な人生のドラマは、 25年の時を経て、再び運命の歯車を回し始める。

「追憶」に投稿された感想・評価

megさん

megさんの感想・評価

2.7
邦画は 洋画に比べて何となく内容を薄く感じるのであまりみない。
たまたま飛行機で見ることにした。
日本の若手の俳優さんたちの演技に思いがけず感心した。
でもそれぞれの関係の掘り下げが足らないので 深みがないことが残念だった。
守るべきものとは何か
日本映画らしさが出ていてよかった
キャストは豪華だったので少し期待しすぎた部分もある
吉岡秀隆さんの演技は泣ける
和威

和威の感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

キャスティング、ストーリー、舞台、悪いところはないんだけど、なんだか薄い気がする。
啓太の気持ちがわかりづらかったし(悟の死を知って動揺しなかったとか)もう少し各人の心の動きなど描けばよかったかも。

岡田准一、小栗旬、柄本佑、安藤サクラ、吉岡秀隆、長澤まさみ、木村文乃、西田尚美、りりィ、安田顕
すっきりはしない
苦虫を噛み潰したような岡田くんの顔、見飽きたな。どの出演映画観てもだいたいこの顔してる。ワンパターンだよ。

小栗旬に持っていかれたね。
キャストと演技は素晴らしいけど、いまいち話は薄いものだった。98分という時間も、映画というより2時間ドラマ枠かなあ。
テレビでの放映を待つのがベター!
真島

真島の感想・評価

1.5
キャストが豪華なのに何故…
>|