彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

そんなかわいいやつを燃やしちゃうのか
最初はごついなあって思ってた生田斗真が、女にしか見えなくなる
ゆったりと優しい時間が過ぎました。
リンコさん(生田斗真)が素敵すぎる。
優しさと包容力半端ない、トモちゃんがリンコさんに段々心を開いていく過程がめちゃ好き
WOWOWで録画した物を半年以上、偏見と期待をしてなかった(奇抜な題名とか、この監督の過去作があまり自分に合わないとか、流行りに乗ったLGBT物?とか、等々…)のもあって、眠らせたままでいた自分を恥じた。

生田斗真の名演が光った。
最近、何かと遡上に上がり、話題にもなっている、正直躊躇いを感じたLGBTの役どころであるが、最初は「ん?早送り案件か?」と違和感を覚えて仕方がなかった。
しかし、もうひとりの主人公、実母の育児放棄で転がり込んだパートナーの姪の小学生との触れ合いが進むにつれて、だんだんとしっくりしてくるから不思議だった。

とにかく、いい。
能書きはいらない。
見ることをおすすめする。
たけみ

たけみの感想・評価

5.0
すごく良かった

( ・ )( ・ )
煩悩は消費税付きで108
Pico

Picoの感想・評価

4.0
リンコさんが素敵で可愛い。
優しくて真摯なマキオ。
大人ぶっていても子供らしいトモ。

たった2組の家族の話なのに、LGBTとネグレクトと認知症との複雑な問題をするすると優しく描かれた3人の素敵な物語。

ラストのお土産で、これは喜劇だったのかとほっこりする。
ゆりか

ゆりかの感想・評価

3.7
前々から気になってたけどいいお話でした😢😢
それぞれ大切にする方法や普通の基準は違うってわかってても、いざそういう場面にぶち当たった時に自分はどう動けるかなぁ

生田斗真や子役の演技もよかった〜!
>|