彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

そんなかわいいやつを燃やしちゃうのか
ぴな

ぴなの感想・評価

4.0
早々にノックアウト。
CMBYNもだけど、一番身近にいる人が受け入れて理解して支えてくれるのって、当たり前ようでいて、とても素晴らしいことだよね。家族が味方になってくれるだけで、どれだけ救われることか。

恵まれているとも言えるリンコの環境と、ネグレクトされているトモの環境との両面で泣かされる。
愛情を持って気遣いから差し出されるおにぎりと、義務的に冷たく置いておかれるおにぎり。そこに大きな隔たりがあることを、思い知らされて吐いてしまうトモ…。

願わくば3人で暮らして欲しいと思ったけれど、どんなに自分勝手でも"母親"の存在って大きいんだなぁ。

何しろ生田斗真が演じるリンコが素晴らしすぎて、生田斗真を初めて凄いと思った。
女性らしいしなやかさも併せて、リンコという人間を細やかに表現出来ていたと思う。
グラスの持ち方や食事する仕草、立ったり座ったりする一挙一動でリンコを表していたし、上品な佇まいが滲み出ていて感嘆。

最後まで結構泣き通し。
素敵な作品だった!
海辺で3人揃ってサングラスをかけながら編み物をしているシーンはいかにも荻上監督らしくて大好きだ。
生田斗真が途中から女性にしか見えない問題。

母親ってなんだろう、家族ってなんだろうという話。
たけい

たけいの感想・評価

4.2
観てよかった
付箋

付箋の感想・評価

4.0
記録

観ておかないと損をすることと思います。
さーや

さーやの感想・評価

4.0
良かった。
家族とは。
母とは。
女とは。
人とは。
考えさせられる作品。

なんともない穏やかな空気の
地に足のついた生活感の中で、
でも各々の悩みや苦しみや葛藤が、
喜びや愛情が、
そっと描かれている。

その人の生き方・在り方は
その人が選んで決めるもの。
その上で、喜びや悲しみがあって
愛を交わせる人がいるのだから
いい巡り会いで良かったなぁと
優しい気持ちで終わる。

表現が結構笑えるけど!
それがでもリアル感を増させるのかも。

鑑賞後には、
よしながふみさんの
「愛すべき娘たち」を読みたくなった。

あとリンコさんの
一挙一動の女性らしさと美しさには
脱帽しかない…すごい。
ぺこ

ぺこの感想・評価

4.0
自信がない病、というタイトルで
朝日新聞に書かれていた文面のコピーです

「男性も女性も、もっと自然に生きたい。
不必要に萎縮することも、肩ひじはることもなく、普通に自信を持って、前向きに。言いたいことはきちんと言って。
本当に自信のある人は力を見せつけようなどとしないし、優しい。他人を尊敬し、そして強くて堂々としている。」

桐谷健太さんと生田斗真さん演じる2人を見ていてこの文章を思い出しました

登場した小学生の2人にもこの言葉を送りたい
生田斗真が生田斗真じゃないんです
ちゃんとりんこさんなんです

優しくて
悔しくて
悲しくて
嬉しくて

すてきな映画でした
>|