彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

そんなかわいいやつを燃やしちゃうのか
斗真のセリフ第一声で、「あ、この映画面白いかも」と思った。
LGBTに対する偏見や差別は徐々に減っているのかもしれないけど、ノーマルな人がわざと自分はゲイだとかネタにしてるの見ると、それって受け入れてるのとは別で、やっぱり嘲笑ってるんじゃないかな?と感じることがあって、なんだか複雑な気持ちになる。(ゴールデンボンバーのライブの演劇ではかならずメンバー同士がカップルになる)
心は女性と言いながら、突然低い声で脅すようなこと言ったり、男性の部分を利用してる場面を見ると違和感を感じたり…。
ゲイとオカマは別だったり、LGBTの世界は非常に奥が深いです。

リンコママすごい!
自分の娘が一番可愛いんだも〜ん♪

トモの母親だってあれはあれできっとトモのこと愛してるんだよね、きっと。
これからのそれぞれの人生が幸せであるように、と願うばかりです。
akqny

akqnyの感想・評価

4.0
家族とは何か、性とは何か。

世の中色んな線引きがあって定義があって、それを当然とか常識みたいな言葉で片付けてしまいがち。リアルとバーチャル、男と女、住む場所、働く場所、ニーズや価値観、そういう線引きが薄れてきている今こそそれら本当の意味、在り方みたいなことを自分のあたまで考えなければ。

ダイバーシティダイバーシティ言われてるが本質は人と人。お互いのその場所を認め合い向き合って立っていける、そんな世の中になればなあと思う。

LGBTの知識理解がない人にこそ見て欲しい考えて欲しいし、それこそ自分が子供を持ち10歳くらいになった時、見せたい映画だと思えた。
suzuki

suzukiの感想・評価

4.3
編んだ煩悩を投げあって遊ぶところ最高に面白かった!
あんな母親でも、トモにとってはたった一人の母親なんだっていう事実がリンコさんを思うと切ない。
生田斗真が完全に女性だったのが本当にすごい
み

みの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

とても良い😭最高😭😭😭
もしかしたら今まで見た映画で一番ってくらい好きなキャラ。リンコさん。ラブ。

煩悩を火葬して男性性と決別した後に
母性の象徴として乳房を編んで、
トモにあげたって解釈したけどどうでしょう。
Qwcyc131

Qwcyc131の感想・評価

4.0
生田斗真すげーな。
桐谷健太もいい役。
デリケートな題材、理解するのは難しいが、どうしようもない問題として悩んでいる人たちが多くいることはわかる。新婚旅行で行ったサンフランシスコのあの一角を思い出してしまった。
しかし、男根の火葬やオッパイのプレゼントは要らない。
題名も他になかったのか?編み物である必要があったのか?
けいこ

けいこの感想・評価

4.0
生田斗真の演技がとても良かった。何の躊躇もなく、チンコとが言うあたりはリアリティがある 笑 どうしようもない母親でも、子供にとったら一番という切ない現実にリンコの心を想ったらすごく切なくなった。
味方になってくれる人がいるって素敵ですね
Ku

Kuの感想・評価

4.3
見応えあった。スローペースなのに飽きさせない。いつのまにか親身になってる自分がいる…
>|