彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

そんなかわいいやつを燃やしちゃうのか
ゆずる

ゆずるの感想・評価

4.3
記録
鑑賞後に様々な気持ちを引き摺れる良作 柔らかな雰囲気に包まれたままマジョリティとマイノリティの垣根を超えた母性愛によって全てを受容される
あらゆるシーンでぼろぼろ泣いた。至る所で琴線に触れてくるのはどうしてだろう。「優しい」のは、彼らの住むアパートの一室だけ。それでも彼らの愛しい生活は、傍観するこちらまでをも幸福にしてくれます。
egm

egmの感想・評価

-
すごくよかった 🐣
nanako

nanakoの感想・評価

5.0
難しい題材ですが、流石でした。凄く良くって、久しぶりに涙をぽろぽろ流しながら見ました。いちいち琴線に触れてくる…。笑いもあり、心地いい、暖かい涙でした。マキオくん好き。リンコさんも流石。
くぅー

くぅーの感想・評価

4.1
my映画館2017#16>設定が設定だけに構えて見に行ったが、かなりの良作の余韻にはなっていた。
エピソードをいろいろと詰め込み過ぎな感もあるけど、実に優しくいい感じに消化させてたし、新しい魅力を見せた荻上監督にニンマリ。
そして、やはり見事に成り切った生田斗真と、子役の柿原りんかに拍手で、在りし日のりりぃに頷く。
agesan

agesanの感想・評価

3.6
色々考えさせられる作品です。実際に自分の身近でこういうことがあればどう思うか。一言で答えが出ないというのが正直な気持ちです。
kyoco

kyocoの感想・評価

3.7
同級生の男の子、どう戦っていくのか…
手だけは変えられないってことにこの映画のおかげで気付かされたのは大きい。
COW

COWの感想・評価

4.8
泣いて泣いて泣いた。
鑑賞前はこんなに泣くとは思っていなかった。

泣けるからいい映画。という訳ではないけれど、
胸を打つシーンがたくさんあったように思う。

母から愛情をもらえないという事はどういうことか。
トランスジェンダーの人が直面する問題。
家族の形。


生田斗真演じるリンコさんが
謎の編み物をつくる真意も
なるほどなー、と。面白かった。


リンコさんがトモをかわいいと思う気持ちが
映画を見ているこちら側にもすごく伝わってきて、
なんて健気な子なんだろう。と思う度に
涙が出てしまった。


役が役なので
生田斗真にすごく期待して見に行ったけど、
期待以上に良かった。

桐谷健太も「今回は真面目役?」と
見る前はどうかなーと思っていたけれど、
いい空気を出していた。

全体的に俳優陣の演技が良いと感じられた作品。
>|