彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:127分
    監督
    荻上直子
    脚本
    荻上直子
    キャスト
    生田斗真
    桐谷健太
    柿原りんか
    ミムラ
    小池栄子
    門脇麦
    りりィ
    田中美佐子
    柏原収史
    高橋楓翔
    品川徹
    江口のりこ
    込江海翔
    あらすじ
    優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

    「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

    そんなかわいいやつを燃やしちゃうのか
    りんこさんの母親の愛
    少年がバイオリンを奏でる間、以前好きだった同性の人を想い浮かべた。
    斗真がむちゃくちゃ美人。
    かもめ食堂も素晴らしかったがそれを超える良さがあった。

    悔しい時は、ぐっと我慢をして編み物をして忘れる。
    運命を受け入れてそれでも強く生きようとする姿に感動した。

    圧倒的なマイノリティーを理解する為には、常識の本質を理解するべきな気がした。
    いつまでも自由で柔軟な考えを持っていたい。その為に努力したい。
    生田斗真の演技がただただ良い。メチャクチャ泣いた。
    難しいテーマを笑いも交えて重くなり過ぎないように描く。小学校低学年からのジェンダー教育に良さそう
    生田斗真って本当にすごいなあ

    トランスジェンダーの話はリリーのすべてのエディレッドメインで初めて見て美しすぎて驚嘆したけど、生田斗真のは見た目よりも中身から溢れるものが女の人でとても良かった。
    >|