彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:127分
    監督
    荻上直子
    脚本
    荻上直子
    キャスト
    生田斗真
    桐谷健太
    柿原りんか
    ミムラ
    小池栄子
    門脇麦
    りりィ
    田中美佐子
    柏原収史
    高橋楓翔
    品川徹
    江口のりこ
    込江海翔
    あらすじ
    優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

    「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/03/06
    -
    そんなかわいいやつを燃やしちゃうのか
    花心
    花心の感想・レビュー
    1日
    4.0
    まったりとした映画だけどストーリーは重い。 
    生田斗真のトランスジェンダー役が興味深い。
    いろ
    いろの感想・レビュー
    3日
    4.3
    ちょいちょい下ネタをいれてくるけど、素敵な映画だったw
    生田斗真がめっちゃキレイ!!一瞬誰なんだろうと気付かなかったくらい。

    人それぞれだし、偏見もあるだろう…
    どれがいいとか、どれが間違ってるとかは、個々の考え方次第。だけど、こういう人もいるんだってことを理解するにはいい映画だと思う。
    自分では止められない気持ちとか、偏見も含めて、いろいろ考えさせるような感じでもあった。
    うぇすと
    うぇすとの感想・レビュー
    3日
    3.9
    生田斗真くん目当てで見に行ったのですが、想像以上に良い作品でした。
    斗真くん演じるリンコさんの話し方や仕草がとても女性らしく、驚きました。
    また、子役の女の子の演技がとても自然で、まるでドキュメンタリーでも見ているかのような現実味がありました。
    トランスジェンダーに対してあまり興味のない方も、あたたかな春の日差しのように、ゆったりと流れる空気を纏った今作にぜひ触れてほしいです。
    けい
    けいの感想・レビュー
    3日
    4.7
    生田斗真が演じる、トランスジェンダー。
    理解してもらおうとして作られているわけではない作品だとよく分かる。
    とても日常的で、共感する部分がとても多いからこそ自分は最初の方から涙目。
    しかし、シリアスな場面だけではなく笑いも随所に盛り込まれているから精神的苦痛はない。
    なんといっても、キャストの方全員が良い演技。とてつもなく引き込まれるし、個性がすっごい光っていた。子役の子も超うまい。
    邦画の中だったらNo.1の作品だと思う。
    トランスジェンダー。っていう事で見ない人は本当に勿体無い。
    calinkolinca
    calinkolincaの感想・レビュー
    4日
    4.6
    今日は「彼らが本気で編むときは、」を観ました。
    私はこの映画、とても好き。
    生田斗真さん演じるトランスジェンダーのリンコさんの横顔や所作がほんとに美しくて、うっとりするほど。
    自分の大きな手に悩んだり、身体の線がでないようふんわりしたフォルムの洋服を来ているリンコさんがいじらしくて、彼女が母親にはじめてのブラジャーを買ってもらう回想シーンでは涙が出た。
    やっぱりこの映画の小池栄子のように彼女のような存在を認めない人はいるだろうし、トモの母親も結局変わらないかもしれない。でも、リンコさんとマキオとの暮らしの中でトモの内側では何かが確実に変わった。
    冷たくしていたカイにリンコさんがくれたしあわせの50円玉をあげるトモが頼もしく、とても嬉しかった。
    そこに監督の強いメッセージを感じた。
    最後、リンコさんがトモにあれをあげたのは「もっとお母さんに甘えていいんだよ」とか「自分を忘れないで」って意味が込められてるのかなって想像したら、胸がきゅっとなった。
    人と違う人を見るとやっぱ色眼鏡装着しちゃうけど、映画のように内面がわかってくると普通にリンコさんが女性に見えてきたから、その時はそんな風に装着した色眼鏡もぱっとはずせるようになりたい。
    わからないから、怖い。
    だからせめてわかろうとする人間でいたい。
    そんなことを思いました。
    asachiyohime
    asachiyohimeの感想・レビュー
    4日
    3.8

    リンコとまきおのカップルがとても素敵。
    そこにトモが入ってきて、家族のような愛に満ち溢れた時間が過ぎていき…

    悲しいけど、現実味のあるお話。「チョコレートドーナッツ」を彷彿とさせる作品でしたが、まだ周囲のあたりが優しいというか、救いがあるかな〜と思いながら鑑賞しました。

    生田斗真…本当に女性に見えてくるから不思議、母性をしっかり感じました。
    てぃらみす
    てぃらみすの感想・レビュー
    4日
    4.3

    予告編やチラシを見て楽しみにしていたものの、まさかここまで良いとは…
    現時点で今年1番好きな映画です。年間通しても多分ベスト3には入るはず。

    去年、やはりトランスジェンダーの男性をテーマにした「リリーのすべて」で、エディ・レッドメインの圧倒的な“女優パワー”を見てしまったので、生田斗真はどんなもんかな〜と思ってたのですが、期待を裏切らない素晴らしい演技でした。
    登場シーンは正直ぎょっとしてしまったのですが、ストーリーが進むにつれて、彼が演じるリンコさんがどんどん好きになっていきました。
    あまり感情的にはならず、いつもにこにこしているけど、時折寂しそうな表情を見せるので、なんとも放っておけない脆さを感じました。

    また「トランスジェンダー」を主題にするのではなく、あくまでも映画の要素の1つとして取り入れてるところも良かったです。
    どちらかというと、「家族のかたち」だったり「母と娘のかたち」を考えさせられる映画でした。

    愛があれば、かたちは後から合わせればいい。
    そんな世界がいつか来るといいな〜とこの映画を見て思いました。
    tak
    takの感想・レビュー
    4日
    3.8
    物語の主軸は性同一性障害についてなんですが、映画の中ではなかなか乱暴な表現かなと思う場面がありました。けど、実態を目の当たりにしないだけでマイノリティの人への差別は実際はもっと残酷なのかな。理解と許容は違うのね。

    他にも色々盛り込まれてたんですが、ちょっと詰め込みすぎ感はありました。盛り上がりどこのシーンは少し変な感じがしました。子役の柿原りんかちゃんが良かったです。主演の二人についてはこういうテーマの映画に知名度ある二人が演じるのが意味あることなのかなと。けど、やっぱ違和感はある。
    HitomiVo
    HitomiVoの感想・レビュー
    4日
    4.2
    良い映画。生田斗真がトランスジェンダーの役と聞いてどうなんだろうと思っていたけれど、結局すんなり受け入れて見ることができたのは、桐谷健太が生田斗真を恋人として想っている事に、なんの違和感も感じなかったから。演技に説得力があったからなのか、キャラクターに説得力があったのか、とにかく生田斗真が演じるりんこさんが素敵です。体格がしっかり男なので、女性には見えないのだけれど、桐谷健太が「りんこさんの様な心の人に惚れてしまったら、後の色々なことはどうでもよくなっちゃうんだよ」っていうセリフが見ててすごくしっくりきた。それに尽きるね。
    結末はやっぱりそうなっちゃうのね、という感じだったけれど、チョコレートドーナッツよりはだいぶ救いのある話なので、これはこれでハッピーエンドなのかもしれない。
    そう言えば先日、大阪で男性同士のカップルが里親に認定されたというニュースがあった。日本で初めての事だそうで。
    素晴らしい変化の兆しだと思います。
    この映画も世の中の目を変える良いきっかけになり得るんじゃないかと思います。
    >|