彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

minoko

minokoの感想・評価

4.5
見てて幸せな気持ちになった。
りんこさんの優しさとか強さすごいな。
マキオも心が広くて。

家族になれたらいいのに、って思ったけど、現実は難しいんだなと、切ない気持ちだけど、温かい話だった。
この作品の概略はある程度前情報を得ていて興味を抱いていました。今回WOWOWで放映された事を機会に鑑賞しました。

シングルマザーの母親に見捨てられた少女は叔父に引き取られて生活を始める。しかし、その叔父にはトランスジェンダーの女性と同居していた。

周囲の特異な視線に耐えながら三人の同居が始まるが次第に少女はその女性に母親からは得られない温かさを感じるように・・・・

生田斗真クンのトランスジェンダーを演じる姿と桐谷健太クンの台詞の棒読み感が奇妙にマッチして快い温かさを感じました。

トランスジェンダーや引きこもり生活など“普通じゃない”人生への偏見が多く見受けられる社会ですが明るく描くシーンを多用し、一石を投じる作品として歓迎したいと思います。

108の煩悩に対し少女が“それは税込みなんだ”には笑いました。
kenji77760

kenji77760の感想・評価

3.2
切り取ったチン○をそんなふうに使うなんて!
驚いた!トモも驚いた。(^^)
マキオがいいなぁ。ああいう考え方ができる人ってそうはいない。姉のことを責めることもなかった。素晴らしい人物だ。
トモ、がんばれ!
いやぁ面白かった。
生田斗真が本当に女性として美しい
『リリーのすべて』を思い出した
chamama

chamamaの感想・評価

4.0
この映画、とっても良い!どんなにどうしようもない母親でも子供にとってはかけがえのない大切な存在なんだと改めて思った。切ない。でも、優しい映画でした。
yoop

yoopの感想・評価

3.8
2018/06/12
mii

miiの感想・評価

-
【記録】2018.6.11