彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

か

かの感想・評価

3.9
泣いた。。。
いちいち泣ける。

生田斗真の演技素晴らしい。
周りの人の愛が素敵。

どんなことがあっても
やっぱり自分のママが1番なんだなぁ。
DJりん

DJりんの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

とてもいい映画だったと思う。
私は普段は映画やドラマを見て泣くタイプではないのだが、この映画には4回も泣かされてしまった。
特にこの映画では子役の柿原りんかがとてもいい味を出していた。
最初の頃のともちゃん(柿原りんか)は家庭環境のせいで心が荒んでしまっているシーンが描かれているが、りんこ(生田斗真)の実の母親より母親らしい優しさに触れたことで少しずつ心が解けていく様子がとても印象に残った。
りんこと最初に出会った時は結構嫌悪感をあらわにした感じであったが、りんこの優しさに触れる内に自分にとってりんこが大切な存在だと認識し守ろうとしたシーンに心を打たれた。
そして親からもらった愛情は自分の子に受け継がれていくものだとつくずく実感させられた。
りんこがともちゃんとの別れ際に昔男だったら頃にりんこが母親から貰ったのと同じように、胸の発達が遅いともちゃんへ毛編みのおっぱいを渡すところに深い愛を感じた。
この映画の全体としてのテーマは決して軽いものではないが、所々にふふっと笑えるシーンが織り交ぜられておりそれもまた映画の良さを際立たせているのだと感じる。
もし今この映画を気になっている方がいたなら胸を張ってオススメできる作品だ。
oyasu

oyasuの感想・評価

3.8
生田斗真演じるリンコさん?素敵だった。
田中美佐子演じるリンコさんのお母さんも素敵だった。
リンコさんを愛する桐谷健太も素敵だった。
もちこ

もちこの感想・評価

4.2
とっっっても良かった
生田斗真のリンコさんが内面から溢れる美しさみたいなのが出てた、素晴らしい俳優さんだなと思った!
日本版のチョコレートドーナツみたいな感じかな
どんなダメな母親でも子どもにとっては一番なんだなあと、
しんじ

しんじの感想・評価

4.3
感動した!☺️
トランスジェンダーとネグレクトを題材にしたヒューマンドラマ。
重い題材だけど、兎に角主役の3人の芝居が染みて、辛いけどすごく愛情に溢れていて心温まる作品だった。
生田斗真がどんな女性よりも魅力的にみえてビックリする。ストレスの発散の仕方が勉強になった。明日を生きる勇気を貰える傑作。ニット、編めるようになりたい(笑)
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

4.1
荻上監督が、自分の第2章とおっしゃった作品第1弾。生田くんのリンコさん、本当に素敵な女性だった。家族のあり方、性との向き合い、世間の冷たい眼差しとの向き合いなど、描くのも伝えるのも難しいし、なかなか見てもらえない内容を、この監督のタッチだからこそ、こうして優しく繊細に丁寧に描けたんだと思う。女の子も、すごいオーデションの末に見つけてきた子というだけあって、本当に表情や見せ方が上手い。
生田斗真の演技が最高
本当に女性に見えた。
tsukikage

tsukikageの感想・評価

3.8
じわっとくる、温かみのある話。家族っていうテーマがリアルに迫ってくる感じはある。
janney

janneyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり料理って、人の心を惹きつける!穏やかな温かい光のある生活って、素敵♪自分の思う通りに生きるんだ!

映画全体の空気感が良かったです。
日常の延長、みたいな。