彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

生田斗真がほんとに女性らしい。
しぐさも話し方もキレイ。
お弁当もかわいいし料理も上手。
リンコさんの母が立派。なかなか自分の子の味方になるのは出来ないのかも。
編んでるものもそれだったんかーいとなったり楽しかった
cnm

cnmの感想・評価

4.5
幼い子供の視点からの描写が新鮮。
母親の愛に飢えたクールな雰囲気の子供という印象のトモが、子供らしく感情的になるシーンは感慨深かった。
これはもう生田斗真に尽きる。本当いい俳優さんだと思う。
母子家庭で育ってきたトモ、時々母親がいなくなる。母親の弟のマキオのアパートに転がり込むが、そこにはトランスジェンダーのリンコ(生田斗真)がいた。
日本版『チョコレート ドーナッツ』。



それといつも思うんだけど、こういう人たちは女子力あるいは男子力が高いと思う。言葉遣い、仕草、考え方をいつも研究してるんでしょうか。私も負けずに自分磨きをしたいです。
ひかる

ひかるの感想・評価

3.8
生田斗真の所作が美しくて凛としていて見惚れる
Ayahana

Ayahanaの感想・評価

4.0
何が普通か。そんな事を考えた。
人を好きになる気持ちは、色々なことの本質をちゃんと見ることが出来るようにしてくれるのかな?
Shiori

Shioriの感想・評価

4.0
LGBTというよりも、家族愛を描いた作品。
もし自分の息子がトランスジェンダーだったらリンコの母親のようでありたいし、もし自分が甥っ子や姪っ子を育てる立場になったらリンコのようでありたいと思わせてくれる。
ハルカ

ハルカの感想・評価

4.5
私も絶対に燃やしたいな。と思った。何をとは言わないけど。
一緒に暮らすことだけが幸せじゃないもんね。それだけが家族じゃないもんね。
たくさん泣いて、笑った、よい映画でした。
サ

サの感想・評価

-
生田斗真すごい
りりこ

りりこの感想・評価

4.7
子供にとっての母親の存在の大きさ。繊細な色にひにつけられました。りんこさんが本当に心の綺麗な人で、単純ですが心が洗われました。こいのぼりソーセージにポイント。