彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

YukoKotani

YukoKotaniの感想・評価

4.7
これほんっとによかった。また観たい。

ただただ綺麗なものだけじゃない、人の優しさと愛情をどしっと感じさせてもらえた。
人を大事にすることの切なさとかもあって、ほんとによかった。
生田斗真くんがおしとやかなトランスジェンダーの女性を演じたことでも話題になった映画。
女性よりも女性らしい生田くん演じるリンコさん。そんなリンコさんに魅力を感じて真剣な気持ちで同棲しているマキオくん(桐谷健太さん)の差別的要素を全く感じさせない2人のキャラクター感に、真の女らしさ、男らしさを感じる映画でした。
そんな2人が、ある女のコと生活する中で編み続けるものには、彼らのいろんな思いが詰まっていました。
是非見てほしい映画。
花

花の感想・評価

5.0
たくさんたくさん泣きました。人の優しさに泣けた。生田斗真さんがちゃんと女性としてのリンコさんでした。女性よりも女性らしいって何なんでしょうね。すごくいい映画だと思います。
MikaS

MikaSの感想・評価

4.5
テーマはしっかりしているが、身構えずに観れる、暖かくて切なくてキュンとする映画。
荻上監督、こういうのを待っていました。という感じの作品。
taxx

taxxの感想・評価

3.6
LGBTテーマ。ただ、普通より一歩進んだ感じ。当人が多くを確立した所からスタートというか。理解有る無しが極端ではあったが、分かりやすく。家族や親子といった部分まで波及して色々詰まっていた。
土曜日の昼下がりに観たい。
そんな優しい映画。
Chikako

Chikakoの感想・評価

4.0
とにかく泣いた。
温かくも重い。
愛に溢れた作品でした。
2人の関係が綺麗で、心情も丁寧に描かれていた。
あり

ありの感想・評価

-
😢😢😢
桃歌

桃歌の感想・評価

-
生田斗真が素晴らしい
歩き方とか、ひとつひとつの動作が完全に女性だった