彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

sayaka

sayakaの感想・評価

3.7
優しい。優しいな。
諸事情により途切れつつ観たからかちょっと入り込めなかったけど。
ともちゃんがとってもよかったです。
エル

エルの感想・評価

4.8
まず、トモちゃん。ドラマや映画であんまりお見かけしたことなかった子役さんだったけど、素晴らしいと思った。カイくんのお見舞いのシーンとか、冒頭のコンビニのおにぎり食べてるシーンとか。
そして何より、生田斗真。素晴らしい!!!!!女装した男ではなく、本当に女性がそこにいた。仕草のひとつひとつとか、ちょっとした首の傾げ方、目の伏せ方、そういうものが間違いなく女性だった。すごく驚いた。
LGBTは、知識としては広く知られるようになったけれど、まだ世間的には浸透していないし、実際は、小池栄子さんのような反応がどうしても一般的になるんだと思う。それはとても悲しい。けれどやはり、自分もそういう反応をしてしまうんだろうと思う。
けれど、カイくんの「普通って何?」この台詞に全てが詰まっていると思う。
リンコさんは普通ではない。どう抗っても、「元男性」という経歴は普通にはなれない。それでも、リンコさんとマキオの元で暮らしたトモちゃんは愛を知った。そこはとても暖かい空間だった。一方、まぎれもない「普通」の家庭で育ったカイくんは、その「普通」に押しつぶされた。
とても考えさせられる映画であり、見ていてとても暖かい心地になる映画であった。
マキオやリンコのママもとても良かったし、個人的にはリンコのママがすごく好き。「自分の娘が一番可愛いんだもの!」という彼女の言葉が胸にしみる。
出番は少なかったけれど、ミムラさんもよかった。自分の母親の枕元で小さく歌うシーンは、何かを語る場面ではなかったけれど、とてもグッときた。
本当に、素晴らしい映画!!子供にも見てほしいなあ。
chieko

chiekoの感想・評価

4.2
素晴らしかった。
ある意味衝撃的だったけど、でも現実にあることだし、特別な話ではないんだと思った。
りんこさん本当に素敵な人で、尊敬、、
生田斗真は女装じゃなくて完全に女性だった。
生田斗真が女装をして出ている作品。

生田斗真ファンなので鑑賞。

女装をしていても綺麗でした。

複雑な内容の作品なので、理解ある人でないと見るのは飽きてしまうかもしれません。
メリ

メリの感想・評価

4.2
「母親」ってなんだろう、と思った。
子どもにとって、良くも悪くも「生みの親」は特別な存在なのだろう。
子どもは、実は強い。

編み物をする自分を否定的に見ていたけど、そんなに悪くないと思えた。
考え方次第。
棒針やりたくなった。
綾田

綾田の感想・評価

-
かもめ食堂を見るほんわかした気持ちで見に行ったら、心を少しずつ削られるような静かな衝撃に包まれた。家族ってなんなんだろうね。
mas

masの感想・評価

4.0
つらいけど、やさしい。現実はもっと厳しかったりするんだろうな。多くの人にみて、少しでも、受け入れられる社会に近づくといいな。編んでいるのがアレを象徴したものなのはびっくり、おもしろかった。
生田斗真と桐谷健太が優しい雰囲気を出してて、、、
LGBTのことが何かと話題だし、こういう人たちも珍しくないんだろうな。
KAKI

KAKIの感想・評価

3.7
ドラマ映画でもちゃんと観てると涙が出ちゃう。子役の涙ってすんごい。