彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

ひいろ

ひいろの感想・評価

4.0
昔のフランス映画を観てるようだった。切なくて美しくて現実的でウイットに富んだセリフ。
Shiho

Shihoの感想・評価

3.9
とっても良かった。
生田斗真すごい。全然違和感が無かった。期待してなかったけど、観て良かったと思う。
可愛いくて、幸せな気持ちになるけど、切ない映画だった。
男根投げのシーンなんとも可愛かった。
編み物がしたくなる。
Chinami

Chinamiの感想・評価

-
すげえほっこり映画
ラスト一本
nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

3.7
良いね。みんなの演技力が素晴らしい。どんどん引き込まれた。内容も良い。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.7
育児放棄か?と思われる小学生の女の子とその叔父…そしてその恋人との「疑似家族」の物語…とても柔らかな優しい時間が流れ…りんかちゃんの成長物語としてとても面白く観ました。

トランスジェンダーの「彼女」を好演した生田斗真くんが公開当時…その美しさからマスコミから一種好奇の目が向けられるという映画のテーマとは真逆の取り上げられ方をしていて違和感を感じたのを覚えています。

LGBTをテーマに絡ませる映画って最近よく見るし面白い映画が多いけれど…中には(タイトルは上げないが)LGBTを肯定するつもりが逆差別になってしまっているような映画もよく見ます。

本当はLGBTなんて当たり前の事過ぎて映画のテーマにすらならないような世の中が本当なんだと思います。

この映画における小池栄子…実にうまい…自分の息子がそうかもしれないのに絶対に認めず生田斗真を異常者扱いし、あげくに児童相談所にチクる…見事な悪役ですが…こんな人いる?

映画を面白くするために作られた人格じゃねえの?ってひねくれてるおれは思ってしまう。

いや、いるんでしょう…やっといくつかの役所がパートナー制度など始めているのに国は相変わらず知らんぷり…「生産性」などと言ってしまう人もいて世の中…まだそんなもんなんでしょうね。

今こそ過渡期…映画はそれを描き観客は本物と偽物を見分ける眼を養ってゆくのかもしれません。

あまりの口当たりの良さに少し疑いを持ったおれを結局素直にりんかちゃんの成長物語として受け入れさせてくれたのは、生田斗真と桐谷健太の説得力のあるカップルぶりなのでした😁💦

「これは私の煩悩…だから108個編むのよ」
「108個?消費税込みなの?」
ビール作った人にノーベル賞あげたい。
泣きはしないけど、ずーっと泣く準備をしてしまう映画。みんなこんなもんよって感じがして、なんか良かった。
淡々と良い映画。
美味しそうなご飯と、○んこが印象的。
あの少年はどうなってしまったんだろうか…
いらは

いらはの感想・評価

4.0
日曜日の夜、みたくなる映画
いろいろ思う所はあるけれど。考えさせられました
>|