彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

riona

rionaの感想・評価

4.1
すげー すげー すげー
f

fの感想・評価

4.4
わたしも、ビールを発明した人は天才だと思います。
yui

yuiの感想・評価

5.0
煩悩は108個あるんですって🧤🧣
私も編み物を始めたいと思ったし、私はママになったらリンコさんの母親のように全てを受け止めることが出来るのか色々と考えちゃう。リンコさんの母親が素敵で涙しました。
モリ屋

モリ屋の感想・評価

4.2
トランスジェンダーのリンコさんと同居をすることで愛と性を学ぶ少女の話
砂浜で編み物をするシーンは荻上直子イズム満載
R

Rの感想・評価

4.2
彼らが本気で編むときには、そこには血の繋がりもましてや性の壁もなく、愛が生まれる

ともちゃんが悔しい気持ちを押し殺して編み物を黙って鼻をすすりながらするシーン、きたあ(;_;)。。。。
怒ったとき、人に洗剤まきちらかすのでなく、悔しく苦しい怒りをこめて一編み一編み編み進めてゆく。そしたら怒りの気持ちがなくなっている。(みたいなこと言ってるシーン)
今までともちゃんが経験したことのないくらい悔しく辛い経験をしてきたリンコのこの教えを、ともちゃんもならってやってみる。
それは親にこうしなさいああしなさいと教育されるのとは違って、
信頼する人の言葉を幼い頭と心で自分なりにしょうかして、やってみるっていう。。。
学校でも悔しいさみしい気持ちを一編み一編み。

なんか素敵だったな〜。ほんとに。

なんだか映画天国がLGBT月間だったこともあり、結構無意識に選んでた一本。
前から観たいなって思ってたものの
やっぱり観てよかった!
かなえ

かなえの感想・評価

3.3
うーん、良くも悪くも普通?かな?
生田斗真の裏声には無理があるように感じたけど、体格とかそういう消せない男の部分があるのもリアルなのかなぁ、と。
SHINTARO

SHINTAROの感想・評価

3.5
少し世界が広がる映画の良さがあります、的な。人生は理解者が数人いればそれで良い、的な。あり。
ぴな

ぴなの感想・評価

4.0
早々にノックアウト。
CMBYNもだけど、一番身近にいる人が受け入れて理解して支えてくれるのって、当たり前ようでいて、とても素晴らしいことだよね。家族が味方になってくれるだけで、どれだけ救われることか。

恵まれているとも言えるリンコの環境と、ネグレクトされているトモの環境との両面で泣かされる。
愛情を持って気遣いから差し出されるおにぎりと、義務的に冷たく置いておかれるおにぎり。そこに大きな隔たりがあることを、思い知らされて吐いてしまうトモ…。

願わくば3人で暮らして欲しいと思ったけれど、どんなに自分勝手でも"母親"の存在って大きいんだなぁ。

何しろ生田斗真が演じるリンコが素晴らしすぎて、生田斗真を初めて凄いと思った。
女性らしいしなやかさも併せて、リンコという人間を細やかに表現出来ていたと思う。
グラスの持ち方や食事する仕草、立ったり座ったりする一挙一動でリンコを表していたし、上品な佇まいが滲み出ていて感嘆。

最後まで結構泣き通し。
素敵な作品だった!
海辺で3人揃ってサングラスをかけながら編み物をしているシーンはいかにも荻上監督らしくて大好きだ。
>|