彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

あ〜この映画を作った人にノーベル賞をあげたい。
同じ週に2回目見てもホロリときました。
りん子のお弁当を、子どもが噛み締めて喜んでるところ、かわいすぎて食べれなかった…こんな嬉しい理由で食べれなくてよかった。私もどこぞの誰かにお弁当を作る日が来たら、絶対一つは可愛らしいものをいれてあげる。
コンビニのおにぎりがトラウマになってしまってて…それも見たとき悲しかった…でもお母さんの方に行ってしまうんだもんね…血って怖い。
お母さん、わかるよ、女だもん、一人の人間だもんね……でも、りん子が言うように一人の大人として子供を守るべきと思うけど、実際問題自分が幸せに生きたいを最優先してしまうんだろうな。
小池栄子の偏見は、今の世間一般の目…変わってゆけばいい、早くみんな生きづらさがなくなる時が来ればいい。
"ちんこ"がこんなにもセリフとして出てくる映画、映像はないと思う。笑いもあった。
口癖が似てくるのは他人の目でしかわからないとおもうんだけど、それって幸せの証やと思うなぁ〜。それだけ長くいるってこと。似てくるって幸せなことなんだな。
別れが悲しくなるから口喧嘩するのも分かる。湿っぽいと余計悲しくなっちゃうし…。
3人が並んで"ちんこ"を編むシーンはジーン。でも"スゲー"のエコーにもクスッ。
りん子の母もめちゃくちゃいい人だった。
全てのシーンに意味がある。
のきこ

のきこの感想・評価

4.3
ずっと観たいと思っていた作品。
生田斗真がとても女性らしくて、可愛かった。
色んな人がいるのが当然の世の中なのに、小池栄子が演じた人みたいに、正常でありなさいとか、常識とかそういうことをくどくど言われると、無理………ってなる。常識ってなんだ、普通ってなんだ うるせぇー!ってなりながら観ました。
倫子さんのお母さんが、すごいなあと思いました。あんなに寛大に受け入れられるのはすごい。倫子さんをちゃんと女として、娘として受け入れてて、トモもびっくりしていたのが印象的でした。私も寛容でありたいと思うけれど、もしも子供が出来た時に同じ状況になってもここまで寛大にはなれない気がするので、見習いたいなぁという気持ち。
とても素敵な作品でした。色々なことを考えさせられました。
生田斗真、凄い!!
3人の生活をもっと見ていたかった。
泣いた。。。人に自分に優しくしようって思う
行き場のない気持ちを分かってくれる人がいるのは素敵だね
生田斗真の所作が美しい。人に優しくすることのお手本が詰まってるので、私の中で殿堂入りDVDとして購入。
ミミ

ミミの感想・評価

3.7
とっても良かった!
生田斗真さんの女性が本当に女性らしく、女装してますっていう感じでなかった。
神様の間違えで外見が男性として生まれてしまった。

家族、親になることの難しさ。

もっとギャグっている映画かと思っていたけれどなんとも素敵なえいがでした。
ちか

ちかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こういう子供が出てくる作品に弱い、、

現代のシーンもいいところばかりだけど、
リンコの学生時代の回想シーンが凄く印象に残った。
リンコのお母さんが素敵すぎる。
いつか自分に子供ができた時、たとえ周りと違っても、受け入れて愛情を注いであげたいと思う。
nana

nanaの感想・評価

3.0
ちゃんと真剣に見れるかなと思ったけどびっくりするぐらい真剣に見ちゃった。感動した。。生田斗真すごい
ひなた

ひなたの感想・評価

4.2
いい映画だった。
観る前はもっと教育映画っぽいイメージだったけど、出演者の会話とかからメッセージが伝わってくる感じ。


かといって母親としての小池栄子の気持ちが分からない訳ではないからこれまた難しい、、
>|