92歳のパリジェンヌの作品情報・感想・評価・動画配信

「92歳のパリジェンヌ」に投稿された感想・評価

mmn

mmnの感想・評価

3.7
泣きたい気分の時に。
人生とか、死に方について考えさせられる良い機会になっt。
おばあちゃんの気持ちはよくわかるけど、私の家族がそんなこと言い出したらって思うとやっぱり辛いなぁ。

けど自分がどう死にたいかってことは常に考えておきたいなって思うキッカケになった。
yukko

yukkoの感想・評価

2.5
尊厳死、私は賛成派。
この主人公の思いがよく分かる。
ただ、残される家族に数ヶ月前に伝えるのは良くない。
そしてこのストーリー、年齢設定おかしくない?母92才、娘45才位?普通は祖母の年齢では?
ガリ

ガリの感想・評価

3.7
【尊厳死を求めて】
人はいつまでも老いることはないのだと改めて感じた。衰えはするが、老いはしない。
老後うつは分泌物のバランスによる病気だと位置付けられている。では今回のケースはどうだろうか。後期高齢者の発言を、年寄りの妄言とみてないだろうかと省みる。母親が同じ立場になったらどうしようか。意見を尊重できるだろうか。
ただ、個人の意見としては安楽死、尊厳死にはあまり肯定的ではない。人は生きてる限り、とりわけ脳みそが動く限り何かができるはずだし、発信ができるはずだ。
特にマドレーヌはボケてはなかった。むしろ誰よりも経験があり、知見に変えることができる頭脳もあった。だからこそ何か新しいこと、死ぬ以外の選択肢を努力して見つけて欲しかった。
✓2
2020 44本目
やっぱり見送る側の気持ちで観てしまうけど、見送られる側に立つ時に観たらどんな思いになるのかしら。
リリ

リリの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

スイスに存在するような
末期の病や障がいなどの苦しみから解放される為の安楽死とは少し違って

『老い』に対する尊厳死が
法律で認められるのは難しいだろうなとは思う。

でも理想的。
最後の時を自分で決める自由と権利。


活動家だったマドレーヌは
身を呈して尊厳死の実現を訴えたとも考えられる。
でも今後もそれが認められない世の中だとしたら
彼女の子どもたちや孫たちも
いずれ年老いて長生きした場合
自死するべきと言ってることになる?

助産師としてずっと『生』に関わってきたマドレーヌが『死』の自由を肯定する所は説得力あるし、
出産と自死が描かれた映画って不思議な感じがした


【気になったところ】
●最後の電話でディアーヌに「やり遂げる勇気をくれてありがとう」と言ってしまうところ→言われた側はモヤモヤしない?

【お気に入りシーン】
●マドレーヌが置物とかの持ち物を
大切に紙で包んでメッセージ貼るところ
●インテリアがお洒落
●猫が可愛い
kisui

kisuiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

私のひいおばあちゃんを思い出してボロ泣きしてしまった。101歳でした

私も年取ってきたらきっと同じことをしたいと思うんだろうけど、でもまだ18年しか生きてないから許してね、私は耐えられない。
好きに生きる権利があるなら死ぬ権利も、とは思うけど

やっぱり遺される側の視点でみちゃう。
自分の命や尊厳なんかを手当り次第に使って娘を脅して「病院で死ねばいいんでしょ」。知らせて悩ませて引き止めさせて罪悪感抱かせて、自分のことばっかり!って思っちゃう。最後に勇気をくれた とかいってたけどさ、私が娘だったら「結局私が最後まで反対してたらお母さんは生きようと思ったのかな」って思うよ
>|