ドラゴン・タトゥーの女の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴン・タトゥーの女2011年製作の映画)

The Girl with the Dragon Tattoo

上映日:2012年02月10日

製作国:

上映時間:158分

3.7

あらすじ

「ドラゴン・タトゥーの女」に投稿された感想・評価

ellie

ellieの感想・評価

4.0
本国の映画は未見、原作も未読ながら、見終わってすぐ原作は全て読み、スティーグ・ラーソンにどはまりして何度も読み返した。

あれだけの世界観をもつ近年北欧で最強といってもいい作品を、見事に焼き直したデヴィット・フィンチャーはほんとに凄い。突出してスタイリッシュな導入、北欧の家々、青白く不気味な雪の映像、ダニエル・クレイグのかっこよさと正義感、あとは何と言ってもリスベット役のルーニー・マーラ。孤独で凄惨な過去を生き抜いてきた、天才で偏屈で繊細で強靭、そして誰よりも真っ直ぐなヒロインを見事に体現している。

悲惨な目を背けたくなるシーンは多々あり、途中何度も息が詰まった。だが女性や弱者への性犯罪を憎悪しジャーナリストとして命を賭けて闘い続けたスティーグ・ラーソンの強いメッセージと、リスベットの「私は決して屈しない」という孤高の姿勢が、クールな映像とともに本作に深くリンクしている秀作だ。

このレビューはネタバレを含みます

なんか思ったよりサラッとしてたね。
ふげん

ふげんの感想・評価

3.8
そもそもダニエルが好きやわ
XXXXX

XXXXXの感想・評価

3.4
『mank/マンク』の予習として!!
デヴィッド・フィンチャー監督のサスペンスドラマ。

富豪の娘が失踪した事件を、記者のミカエルと天才ハッカーのリスベットが追うって物語。

とりあえずオープニングは、MV感覚でものすごいカッコいいんだけど、物語としては意外とこじんまりした感じかな。

ダニエル・クレイグはさすがの存在感だし、タイトルのドラゴンタトゥーの女こと、ルーニー・マーラーのパンキッシュな出立ちはカッコいいけど、ア○ルファックのシーンとか、痛々しくて見てられないし、作品を通してバイオレンス炸裂で、かなり目を覆いたくなるシーンも多かった。

勿論、『セブン』の衝撃を超える事は出来ず、物語としてもとにかく分かりづらい上に、大したハナシではなかったりするし、映像はスタイリッシュではあるんだけど、物語が浅いせいか、フィンチャーファンの方には大変申し訳無いけど、フィンチャー作品としては、どちらかと言うとイマイチな作品かも...。

とは言え、フィンチャー最新作にはかなり期待しているので、Netflixで配信される前に、フィンチャー作品を復習しようかなと思う今日この頃です。笑

雑談:いやー日本シリーズ酷かったですね。我が巨人軍が、あそこまでコテンパンにされるとは思いませんでした。もうセリーグとパリーグの格差が酷すぎて、1リーグ制にして、日本シリーズ廃止にした方がいいんじゃないかな。笑 
それは冗談として、ジャイアンツ来年こそは9年ぶりの日本一と、打倒ソフトバンクを合言葉に頑張ってもらいたいところです!
過去鑑賞。OP ツェッペリンの移民の歌カバーが超絶かっこいい。

原作小説とは結構違うけど映画は映画。
サスペンスやミステリーとしても楽しめるんだけど、現代社会における女性蔑視もテーマの一つとして考えさせられる内容。

モザイク処理されまくりの濡れ場シーンは結構気まずかったなぁ…
御用

御用の感想・評価

4.3
極寒の地、閉鎖的な島、一族の争い、全ての世界観が良い。全体的に長めで不要に思える描写もあったけど、中だるみするタイミングが無くて個人的には良作。
k

kの感想・評価

-
やっとみた
金眉毛いいな、、はなぴいいな
口びるのピアスも最高だなとみてました。
かっこいいきれいだったな、

物語が大きく動くまでマジで途中でやめようか悩んだ
柳ぱん

柳ぱんの感想・評価

4.5
戦う女性はかっこいいに尽きる。健気さもたまらない。
>|