ドラゴン・タトゥーの女の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ドラゴン・タトゥーの女2011年製作の映画)

The Girl with the Dragon Tattoo

上映日:2012年02月10日

製作国:

上映時間:158分

3.7

あらすじ

「ドラゴン・タトゥーの女」に投稿された感想・評価

始めに何も説明がない上に一族の人数が多くてついていくのに必死だったから難しく思った。難しく思ったからか観終わって考えてやっとよさに気づけたし、そんな映画は初めてだった。事件の捜査もそうだけどラストがすごくいい。でもリスベットなんでドア閉めたんだろう。変装したとき可愛すぎて驚いた。
微睡

微睡の感想・評価

3.5
派手にハッキングして唸らせるやつかと思いきや、古典ミステリーのようなストーリー。ルーニーマーラにどんどん惹かれていく。

このレビューはネタバレを含みます

がっつりミステリーかと思いつつ
エンディングへと進むにつれ
ミカエルとリスベットの恋愛
さらに 女性の権利主張が
裏の そして真のテーマだったのだと
気付かされました
リスベットの容姿 ピアスやタトゥーにも
ちゃんと意味があったと 合点がいきます

フィンチャー監督作品ということで
いつも通り 身構えて視聴
オープニングは毎度のことですが流石でした
ティムミラー渾身の映像
音楽もいいですね サントラ聴きたくなります

一家の陰謀を暴くストーリーです
スタートで いきなりたくさん人が出てきて
わけわからなくなりますが
誰かのセリフ通り ちゃんと追えば
最後にはしっかり理解できます。
原作から かなり削ったそうなので
長いけど テンポの悪さは感じません
2人が組み始めてからの急展開は見ものです
犯罪はほとんどレイプで
気分が悪くなります

女性の代表 リスベットが
マーティンを殺すシーンは
女性が男に屈しず
打ち勝つことの象徴です
リスベットを演じた ルーニーマーラの
体の張り様は 凄すぎます あっぱれです
Nholly

Nhollyの感想・評価

3.8
元ネタよりガバガバな部分は多いが、スタイリッシュさという点では流石のフィンチャー作品。
はちこ

はちこの感想・評価

3.0
よくわかんなかった
はるか

はるかの感想・評価

3.0
好きそうな話やのに、なぜかあんまりはまらなかった。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.6
レイプ復讐シーンはスウェーデン版と同じくらい。ラストシーンはさっぱりしていてカッコいい。