エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

共感性とか感情移入とかぶん投げてる初めての体験になった映画だった。
イザベル・ユペールがとにかくすげぇ。演技も脱ぎっぷりもとても還暦越えとは思えない。


サスペンスに見せかけたコメディと高らかな女性賛歌「エル ELLE」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/08/123000
キャッチコピー通りだ・・・
冒頭から主人公のイザベルユペールが
襲われてしまう。

犯人は一体誰なのか?

「今回は被害者なんだから。」
「今回もよ!!」

という会話から、
過去にどんな事件があったのか。

そんな映画なんですが、
被害者であるはずの主人公に対して、
同情や共感がもてず。
行動が不可解なのです。
周りの人々も曲者揃いなので、
その違和感が面白さでもあり。
嫌悪感でもあるのです。
フランス語で「彼女」を意味する。『氷の微笑』で有名なポール・バーホーベン監督、主演はイザベル・ユペールが務め、アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた。

キャッチフレーズの「犯人よりも危険なのは彼女だった」…ドラマがサスペンスとして進んでいくなか、一番怖いのは観客も彼女ということに気づく…。幼少の頃体験した過酷なトラウマが悲しい。 
堀江

堀江の感想・評価

4.5
エロババアと糞男博覧会〜ブラックジョークを添えて〜といった感じでしょうか。

フランス映画の生臭さを感じた作品。こんな変態映画はおフランスでしか無理なのかもしれない。

私の中の感情を全部詰めて人間にしたら、ミシェルになるのでは?って思った。
何この映画登場人物全員キモいって感じる人は多いと思うけど、女性の中にはミシェルに共感する人も絶対いるはず(性癖のことではなく)
4

4の感想・評価

3.2
すけべパラダイス
出てくる女がそれぞれ色々怖い
猫かわいー
aZusA

aZusAの感想・評価

3.0
思ってたのと違った!

変人だらけだった…
なんかすごいもの見せられた感…
法月

法月の感想・評価

3.9
ポール・ヴァーホーヴェン監督、なんでこんな映画ばっか撮るんだよ!!??

「氷の微笑」とか「ショーガール」とか「ブラックブック」とか、強い女はいっぱい見せつけられてきたけれど、このミッシェルも相当なもんだ。
不幸のてんこ盛りなのに、憐憫の情など欠片もわかない。当のミッシェルがそんなもの、きっぱりと拒否してるんだからしょうがない。

善とか悪とか、この監督はどっちも信用してないんだな。
自身の欲望に正直な人間たち。それをそのまま描いてる。

胸クソな内容ながら不思議と嫌悪感がないのは、作り手が全ての登場人物を等しく乾いた眼で見つめているから、ですね。
もじか

もじかの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なかなかに前評判がよいので観てみたけど、シリアスなサスペンスを期待してしまっていたせいで、ちょっと肩透かしを喰らった。

が!内容は面白かった。形としてはよくあるサスペンスもののふりをしながら、主人公ミシェル含め登場人物が全員めちゃくちゃヘン。ド変態だったり超バカだったり行動がおかしかったりと、常軌を逸した奴らの頭数が多すぎて笑う。そんなだから、ラスト付近のクリスチャン隣人妻の告白には驚き。

結果的に、いわゆる『普通』の人はひとりも出てこない!やった!唯一変態性が描かれなかったのは、一瞬出てきた警部と鍵師ぐらい?・・・いや、そういえばあいつらもどことなく変態っぽかったかな・・・?

見終わったいま、思えば思い返すほどにやにやが止まらない。ぜひ別作品も観てみたいなー。
>|