エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.6

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

共感性とか感情移入とかぶん投げてる初めての体験になった映画だった。
イザベル・ユペールがとにかくすげぇ。演技も脱ぎっぷりもとても還暦越えとは思えない。


サスペンスに見せかけたコメディと高らかな女性賛歌「エル ELLE」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/08/123000
mononcle

mononcleの感想・評価

4.0
巷の評判から察するに、どんなヘンタイシネマかとおもいきや、それほど驚く内容ではなかった。犯人が意外なところと共感すべき登場人物が見事にいないのが、かえって清々しい。主演のイザベル・ユペールは御年64才。日本人をおもわせる貧弱な躯で汚れ役をがんばっている。彼女が短い脚を伸ばして、お目当ての隣人に施す秘技は見物である。同じ世代の日本女優で、このように躯を張れる女優はいないだろう。監督も同様、P.ヴァーホーベン79才にして枯れてないところがよろしい。山田洋次なら逆立ちしても撮れない題材である。
TICTAC

TICTACの感想・評価

-
『ピアニスト』のような胸糞悪さはなく

後味は異様にさっぱりしたものだった(笑)

性的倒錯を描く似たようなジャンルかと思いきや

監督によってここまで価値観の違う作品になるものなのか

ヴァーホーヴェンのこれまで観た映画では一番好きかな

衝撃度としてはラースフォントリアーの『ニンフォマニアック』とかハネケの『ピアニスト』の方が断然 上

だがこの映画の方が好きかな

ミシェールは自分を核にして男女問わず人間関係をかき乱してく

その中でも揺らぐことのない凜とした姿勢

映画という作り物の中でこそ再現し生きることのできる「エル」の人間性ですよね

この話をブラックなギャグとして描いてしまうヴァーホーヴェンがハリウッドで映画作れなくなるのも納得

「ポクワ?」って(笑)
ずん

ずんの感想・評価

3.7
この人のこと9割は嫌悪感で1割は同情心だなと思いながら鑑賞

彼女がこうなるまで構築してきた物がポロポロ見えてきて覗きたいような覗きたくないような心境に
終始苦笑いなフレンチムービーでした
イザベルユペール様を堪能できました ご馳走様でした
KikoHaku

KikoHakuの感想・評価

4.2
ユペール様が美しすぎて心の中で何回ユペール様〜て叫んだことか。笑
気品、色気、狂気の三拍子揃っていて、ほんとに最高です。
親友との関係性が◎。そしてラストシーンがスカッとしていて良かった。面白い。
ss

ssの感想・評価

-
価値観、共感の度合いで面白い・面白くないを判断するわけではないけれど、受け入れられそうにない狂気。

特に男どもがみんな嫌なやつだった。

ただね、ミシェルのバリキャリのファッションはとても素敵。
色遣いがとても素敵。
スリップ姿も還暦を超えたと思えない色気。彼女のみが醸し出せる雰囲気なんだろうなぁ。映画中そんなことばかり考えて、彼女の一挙一動に魅了されてた。

2017/9/3
jyarizizou

jyarizizouの感想・評価

5.0
イザベル・ユペールという奇々怪々なる女優演技の一部始終。上幕するないなやのレイプ。混沌とする犯人探し。猜疑心が行き場を失うほどの選択肢。あなたの行き着く先は。
4genji

4genjiの感想・評価

3.3
衝撃。話の展開は凄く楽しんだけど、最後まで主人公の気持ちはわからず。。

久々に眠くならない映画体験でした。
レイプ!セックス!手コキ!飛び散る精液と血!どこまでも自律的で合理的な女とどこまでも間抜けな男たち!と挑発してくる相変わらずのヴァーホーヴェン素敵です!

嘘をつくのをやめる、という選択をしているミシェルと、嘘をつくことも必要と考えている(ことが分かる)レベッカの最後の会話はとんでもなくショッキングでした。だからこそ、ラストシーンのミシェルとアンナは嘘をつかなくてもよくなった2人に見えて、(それまでの経緯からしたらありえないかもしれないが、そう見えるという)いい終わりだと思います。
どういうスタンスで生きてんだ、このババア。
やたらと味付けのきめ細やかな灰汁を飲まされてる感覚。ストーリー自体は本当に各人が持つペルソナのどす黒いグラデーションを描いており生でいただくにはちょっと胃もたれするレベルのキツさなんだけど、演出やテンポが技巧に富んでおりわりとスッと喉を通る。ただ、如何せんやっぱり後からズシンと利いてくる。いい意味で、見なきゃよかった作品。
>|